ターコイズステークス2021_勝ち馬予想

G3
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ターコイズステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ターコイズステークスは、12月18日に中山競馬場で行われるG3・芝1600m、3歳以上のオープンハンデレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ターコイズステークス2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

勝ち馬予想

◎(本命):マルターズディオサ

〇(対抗):アンドラステ

▲(単穴):スマイルカナ

△(連下):スマートリアン

本命はマルターズディオサです。本質的な脚質は差しですが、戦法に幅があるのも魅力です。前走の府中牝馬Sや前々走の京成杯AHでも外から長くいい脚を使えていました。ここに来るまでは阪神カップへの出走可能性もありましたが、馬場状態なども考え、牝馬限定戦を選んできました。中山では実績があり、どちらかというと早いペースの方が合うイメージもあります。中間の状況も良さそうなので、スタート後に流れに乗れればチャンスは十分でしょう。

対抗はアンドラステです。今年の中京記念で初の重賞制覇となりました。1800mにも対応できたことで、より一層距離の幅が広がったと言えそうです。前走は府中牝馬Sでしたが、決め手勝負の展開に一歩及ばずという内容でした。立ち回り次第にはなりますが、流れに乗れればより好勝負ができると思います。

単穴はスマイルカナです。昨年の勝ち馬でもあります。前走は前半ハイラップの影響で大敗、前々走でも枠順に恵まれず大敗となりました。この舞台では6戦して重賞2勝を含む3勝していますし、適性自体はベストな条件です。リズムよく先行できれば連覇もあると思います。近走の結果からもオッズは美味しそうな感じになりそうなので、中穴狙いの場合は狙ってみてもいいと思います。

連下はスマートリアンです。この中間は全体的な硬さもなく、スムーズな反応を見せていました。僚馬にも3馬身の差をつけて先着するなど、充実ぶりを見せています。動きもしなやかに見えますので、ここでも好勝負ができると感じています。前走は距離も合わなかった印象ですが、今回はより適性に近くなりそうです。

 

 

スポンサーリンク

ターコイズステークス2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の25頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アイラブテーラー 55.0 騎乗予定:未定

アクアミラビリス 54.0 騎乗予定:浜中

アンドラステ 56.5 騎乗予定:岩田望

イベリス 56.0 騎乗予定:酒井

ウインアグライア 52.0 騎乗予定:未定

ギルデッドミラー 54.0 騎乗予定:戸崎

クリノプレミアム 53.0 騎乗予定:菅原

サトノダムゼル 54.0 騎乗予定:石橋

サンクテュエール 55.0 騎乗予定:北村宏

ジュランビル 53.0  騎乗予定:横山和

スマイルカナ 56.0 騎乗予定:柴田大

スマートリアン 54.0 騎乗予定:池添

ドナアトラエンテ 55.0 騎乗予定:ルメール

ドナウデルタ 56.0 騎乗予定:鮫島

ファーストフォリオ 54.0 騎乗予定:未定

フェアリーポルカ 56.0 騎乗予定:三浦

ホウオウピースフル 54.0 騎乗予定:未定

ホウオウラスカーズ 51.0 騎乗予定:永野

マルターズディオサ 56.0 騎乗予定:田辺

ミスニューヨーク 53.0  騎乗予定:Mデムーロ

ムーンチャイム 53.0 騎乗予定:大野

メジェールスー 52.0 騎乗予定:石川

レッドフラヴィア 53.0 騎乗予定:津村

ロフティフレーズ 52.0 騎乗予定:武藤

ローザノワール 53.0 騎乗予定:田中

 

 

スポンサーリンク

ターコイズステークス2021_勝ち馬予想:まとめ

中山のマイル戦はペースや馬場コンディションに左右されることが多いです。外を回るとかなりの距離をロスしてしまうので、枠順やコース取りなどにも注目したいところですね。

レースの発走は、日本時間の12月18日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました