立雲峡ステークス2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「立雲峡ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

立雲峡ステークスは、11月28日に阪神競馬場行われる芝1600m、3歳3勝クラス、ハンデ戦のWIN5対象レースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

立雲峡ステークス2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 ジャパンカップは、11月27日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

 

 

勝ち馬予想

◎(本命):トウケイミラ

〇(対抗):ケルティックソード

▲(単穴):ボンオムトゥック

△(連下):セウラサーリ、ノルカソルカ

過去5年のレース結果を参考にしますと、追い込み馬が最多で4勝のという実績です。しかもこの追い込み馬は爆発的な末脚を持っていたことがほとんどです。昇級馬も善戦している一方で、前走の現クラスで2着や3着に来ている馬はほぼ通用していません。さらに、血統的はディープインパクト産駒もあまり信頼できない結果となっています。頭数にもよりますが、枠順も1枠と8枠は極端に成績が悪いので、できれば軽視していきたいところです。

また、1番人気、2番人気は連対率50%超えというデータがあり、人気馬は好走する確率が高いです。しかし、2着には一桁後半人気の姿も割とありますので、相手は手広くいきたいところです。世代別では3歳、4歳の連対率が良く、5歳以上は軽視でいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

立雲峡ステークス2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の8頭が出走予定です。出走馬は馬名、性別・馬齢、斤量、騎乗予定騎手の順で記載となります。

 

ケルティックソード 牡8 53.0 亀田 温心

イーサンパンサー 牡5 54.0 古川 吉洋

ボンオムトゥック 牝4 52.0 菱田 裕二

テーオーラフィット 牝3 52.0 幸 英明

キャッチミーアップ 牝6 51.0 富田 暁

ウイングレイテスト 牡4 55.0 松岡 正海

ラストヌードル  牡5 54.0 斎藤 新

ラヴユーライヴ 牝4 53.0 坂井 瑠星

セウラサーリ 牝4 53.0 吉田 隼人

ノルカソルカ 牡4 56.0 岩田 望来

トウケイミラ 牝4 53.0 鮫島 良太

 

 

スポンサーリンク

立雲峡ステークス2021_勝ち馬予想:まとめ

レースの発走は、11月28日(日)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました