兵庫ジュニアグランプリ2021(園田競馬場)_勝ち馬予想

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「兵庫ジュニアグランプリ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

兵庫ジュニアグランプリは、11月25日に園田競馬場行われるダート1400m、JpnⅡのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

兵庫ジュニアグランプリ2021(園田競馬場)_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 ジャパンカップは、11月27日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

 

勝ち馬予想

◎(本命):コンバスチョン

〇(対抗):ヒストリックノヴァ

▲(単穴):プライルード

本命はコンバスチョンです。デビュー戦、2歳1勝クラスのヤマボウシ賞を勝ち、2連勝中です。まだ馬体には緩さも残っていますが、いいスピードがあります。これだけ緩さが残っている中でこれだけ動けるのであれば将来的にも楽しみは大きいです。さらに、勝負根性も兼ね備えており、素質の高いはまず間違いないと感じます。

対抗はヒストリックノヴァです。芝ではそうでもありませんでしたが、ダートに向いてから潜在能力が開花してきている印象です。エーデルワイス賞ではゴール直前まで先頭に立っていましたが、惜しくも差され2着となりました。それでも内容としては十分見せ場のあるレースでした。この外回りの粘りは価値があると思いますし、小回りの1400mならさらにいきてきそうです。

単穴はプライルードです。前走のイノセントカップでは惜しくも2着でした。ここでの勝ち馬は重賞でも勝ち切るほどの力を持っているので、前走の負けは割り切ってもいいと思います。また、前走は3カ月ぶりのレースということもありましたし、今回は叩かれた上積みもあると思います。

 

 

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 ジャパンカップは、11月27日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

 

 

スポンサーリンク

兵庫ジュニアグランプリ2021(園田競馬場)_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の12頭が出走予定です。出走馬は馬名、性別・馬齢、斤量、騎乗予定騎手の順で記載となります。

 

ネフィリム 牡2 55.0 濱中俊

イネッサ 牝2 54.0 大山龍太

エンリル 牡2 55.0 桑村真明

イチローイチロー 牡2 55.0 岩田康誠

コンバスチョン 牡2 55.0 三浦皇成

ヒストリックノヴァ 牝2 54.0 矢野貴之

トモノボーイ 牡2 55.0 菅原明良

プライルード 牡2 55.0 吉村智洋

バウチェイサー 牡2 55.0 笹田知宏

セキフウ 牡2 55.0 デムーロ

ドームサウナ 牝2 54.0 杉浦健太

ワイドオープン 牡2 55.0 竹村達也

 

 

スポンサーリンク

兵庫ジュニアグランプリ2021(園田競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

レースの発走は、11月25日(木)15:40の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました