浦和記念2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「浦和記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

浦和記念は、11月23日に浦和競馬場行われるダート2000m、JpnⅡのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浦和記念2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 ジャパンカップは、11月27日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

 

勝ち馬予想

◎(本命):メイショウカズサ

〇(対抗):ウェスタールンド

▲(単穴):タービランス

△(連下):ヴェルテックス、メイショウダジン

本命のメイショウカズサはプロキオンSと白山大賞典をレコード勝ちしています。前走では、JBCクラシックの勝ち馬であるミューチャリーを子ども扱いするような内容でした。非常に強い勝ち方だったと感じます。体調も変わらず順調にきていますので、スムーズに前で競馬ができれば、まず勝ち負けになるでしょう。ただ、気分屋なところだけが不安材料です。

対抗のウェスタールンドは、年齢を重ねていくたびに充実している気がします。いつもの放牧明けよりも状態は良さそうですし、状態も安定しています。蹄も今のところ問題なさそうなので十分力は出せる状態でしょう。左回りも問題ないと思いますが、コーナーがきついのでスピードの乗った状態でしっかり回ってこれるかは少し心配です。それでも末脚はいまだ健在で威力も十分だと思います。

単穴のタービランスは、昨年4着でした。しかし、タイム差は0.1秒ということもあり、軽視できない存在でしょう。前走は休み明けでしたが、3馬身差をつけました。しかし、道中は少し遊ぶような一面もありましたが、リードしていた分有利だったという感じです。集中して走れば昨年のリベンジは可能な実力は備えています。

連下候補はヴェルテックスとメイショウダジンです。ヴェルテックスはオープンクラスに昇級してから着実に力をつけている印象です。馬群の中で競馬ができるようになっていますし、距離があるタフな競馬場はこの馬向きでしょう。時計はかかる方がより条件は良くなると思います。メイショウダジンは昇級戦だった日本テレビ盃で3着に食い込んできました。前走は11着と大敗をしていますが、中央か地方に舞台を戻し、小回りコースで器用さを生かせる展開で巻き返しを図りたいところでしょう。

 

 

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 ジャパンカップは、11月27日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

 

 

スポンサーリンク

浦和記念2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の16頭が出走予定です。出走馬は馬名、性別・馬齢、斤量、騎乗予定騎手の順で記載となります。

 

メイショウカズサ 牡4 川田将雅 56.0

メイショウダジン 牡4 幸英明 56.0

ヒロブレイブ 牡8 矢野貴之 56.0

ヴェルテックス 牡4 横山武史 56.0

ウェスタールンド セ9 藤岡佑介 56.0

チェスナットコート 牡7 内田利雄 56.0

タービランス 牡8 笹川翼 56.0

メイショウタイホウ 牡7 福原杏 56.0

ナラ 牝5 阪上忠匡 54.0

アメリカンフェイス 牡4 森泰斗 56.0

 

 

スポンサーリンク

浦和記念2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

レースの発走は、11月23日(火)15:25の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました