ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察

G1
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ジャパンカップ」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。

ジャパンカップは、11月28日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2400mの国際招待レースです。今年は外国馬3頭の登録があります。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察
    1. 勝ち馬予想と考察
      1. 勝ち馬予想
      2. 本命予想の考察
      3. 対抗予想の考察
      4. 単穴予想の考察
      5. 連下予想の考察
  2. ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧
  3. ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察
    1. アリストテレス 57.0 騎乗予定:横山武
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    2. ウインドジャマー 57.0 騎乗予定:大野
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    3. オーソリティ 57.0 騎乗予定:ルメール
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    4. カレンブーケドール 55.0 騎乗予定:松山 ※回避
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    5. キセキ 57.0 騎乗予定:和田竜
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    6. グランドグローリー 55.0 騎乗予定:Cデムーロ
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    7. コントレイル 57.0 騎乗予定:福永
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    8. ゴーフォザサミット 57.0 騎乗予定:北村宏
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    9. サンレイポケット 57.0 騎乗予定:鮫島
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    10. シャドウディーヴァ 55.0 騎乗予定:横山典
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    11. ジャパン 57.0 騎乗予定:武
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    12. シャフリヤール 55.0  騎乗予定:川田
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    13. トラストケンシン 57.0 騎乗予定:酒井
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    14. ブルーム 57.0 騎乗予定:ムーア
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    15. マカヒキ 57.0 騎乗予定:藤岡康
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    16. ムイトオブリガード 57.0 騎乗予定:柴田善
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    17. モズベッロ 57.0 騎乗予定:池添
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    18. ユーキャンスマイル 57.0 騎乗予定:藤岡佑
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    19. ユーバーレーベン 53.0 騎乗予定:Mデムーロ
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    20. ロードマイウェイ 57.0 騎乗予定:三浦
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
    21. ワグネリアン 57.0  騎乗予定:戸崎
      1. 状態の考察
      2. 追い切りの考察
  4. ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りなりました。各出走予定馬や考察、評価点数はこの後に記載しています。

 

 

 

勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想

◎(本命):コントレイル

〇(対抗):オーソリティ

▲(単穴):ユーバーレーベン

△(連下):シャフリヤール

 

本命予想の考察

前走の天皇賞(秋)では1馬身差の2着でした。完璧な競馬をしたエフフォーリアに対して、まだレース内容に改善の余地があると感じます。想定よりも後ろの位置取りからの競馬だったことも着順の差にでたと思います。調教では抜群の動きを見せていましたが、直線では内側にもたれ気味になっていたので、休み明けの影響もあったはずです。そんな状態でも2着に入れるのですから、さすがの3冠馬というところでしょう。中間でも意欲的に攻め込んでおり、状態もキープできていますので、グランアレグリアに続いて、引退に華を添えられると思います。

対抗予想の考察

府中の左回りはパフォーマンスが段違いだと思います。これはアルゼンチン共和国杯を連破していることからも明らかだと感じます。トップハンデを背負いながら直線ではいい反応でしたし、しっかりと抜けてきました。道中は遅い流れでしたが、リラックスして走れていたと思います。18日の追いきりでは、ウッドコースで時計も優秀でした。前走は骨折明けでの出走でしたが、走ったあとでも反動はありません。むしろ、気配はより上向いているように感じます。

単穴予想の考察

前走は急仕上げ感がありました。そのため、行きっぷりがが悪く、3~4コーナーでも反応が悪く、チグハグなレース内容でした。この影響は今も少し残っており、1週前の追い切りでもまだギアが入っていない感じもしました。当週でどれだけあがるかですが、オークス1着という実績から東京コースには合うと思いますし、3歳牝馬で斤量も軽く、有利な条件をいかせれば一発あると思います。

連下予想の考察

前走の神戸新聞杯は休み明け+馬場の影響もあり、本来の実力が発揮できていなかったと思います。今回はダービーと同じ東京コースになりますので、巻き返しは十分あると思います。騎手の乗り替わりは多少影響すると思いますが、川田騎手が毎日杯で騎乗敷いたことがきっかけでダービーの動きが替わった印象もあります。追えば追うほど伸びる印象がありますので、ダービーと同じようなキレを発揮できるようなら十分面白い戦いになると感じます。

 

 

スポンサーリンク

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧

今年は外国馬3頭を含む、21頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

アリストテレス 57.0 騎乗予定:横山武

ウインドジャマー 57.0 騎乗予定:大野

オーソリティ 57.0 騎乗予定:ルメール

カレンブーケドール 55.0 騎乗予定:松山 ※回避

キセキ 57.0 騎乗予定:和田竜

グランドグローリー 55.0 騎乗予定:Cデムーロ

コントレイル 57.0 騎乗予定:福永

ゴーフォザサミット 57.0 騎乗予定:北村宏

サンレイポケット 57.0 騎乗予定:鮫島

シャドウディーヴァ 55.0 騎乗予定:横山典

ジャパン 57.0 騎乗予定:武

シャフリヤール 55.0 騎乗予定:川田

トラストケンシン 57.0 騎乗予定:酒井

ブルーム 57.0 騎乗予定:ムーア

マカヒキ 57.0 騎乗予定:藤岡康

ムイトオブリガード 57.0 騎乗予定:柴田善

モズベッロ 57.0 騎乗予定:池添

ユーキャンスマイル 57.0 騎乗予定:藤岡佑

ユーバーレーベン 53.0 騎乗予定:Mデムーロ

ロードマイウェイ 57.0 騎乗予定:三浦

ワグネリアン 57.0 騎乗予定:戸崎

 

 

スポンサーリンク

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察

ここでは出走予定している注目馬について考察していきます。各登録馬の考察と評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

 

アリストテレス 57.0 騎乗予定:横山武

2.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

春の疲れが取れている感じです。夏を越してよくなっていますし、馬体からもその成長を感じられます。京都大賞典も良く走れていましたし、中間調教の状態も良いです。併せた相手は動かなかったので、それほどかもしれませんが、同じ左回りの中京で結果も出しているので、東京コースも合うと感じます。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、53.3ー12.7、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、80.9ー12.6、一杯に追う

最終追い切り
栗東・CW・良 6F 80.9-64.8-50.1-37.1-11.9(馬なり)
インフィナイト(一杯)の外0.3秒先行・0.3秒先着

2歳馬相手に余裕の動き、素早く引き離していました。坂路でも順調に乗り込んでおり、いい態勢が整いつつあると思います。

 

 

 

ウインドジャマー 57.0 騎乗予定:大野

0点/10点

【考察内容】

状態の考察

このメンバーだと厳しいでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:ウッド6ハロン、85.8ー11.7、馬なり

1週前追い切り:ウッド5ハロン、73.5ー11.9、馬なり

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 86.7-69.7-53.8-38.7-11.7(馬なり)
レイエンダ(馬なり)の外0.5秒先行・同入

軽い感じで追い切りは消化できています。現状の力は十分だせそうです。

 

 

 

オーソリティ 57.0 騎乗予定:ルメール

8.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

骨折明けの前走は昨年よりもハンデを背負っていましたが、同じような内容で連覇したのでかなりの成長を感じます。前走後も特にダメージはなく、中身も外見も元気の良さが目立ちます。

追い切りの考察

2週前追い切り:なし

1週前追い切り:ウッド7ハロン、99.7ー12.5、馬なり

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 84.6-67.8-52.4-38.1-11.6(馬なり)
リアグラシア(馬なり)の外0.2秒先行・同入

走りが非常に小気味よく、最後まで余裕のある走りでした。休み明けで激しいレースの反動は心配ない印象を持ちました。18日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

カレンブーケドール 55.0 騎乗予定:松山 ※回避

3点/10点

【考察内容】

状態の考察

前走は負け過ぎな感じがありました。横綱相撲が慣れていないのか、どっしり構えて走るのは向いてないような気がします。中間の雰囲気は良く、ともに2着の実績があるオークスやジャパンカップですし、舞台に不安はないでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、55.6ー13.1、馬なり

1週前追い切り:坂路4ハロン、51.8ー12.5、G前仕掛け

脚元の不安でジャパンカップは回避となりました。

 

 

 

キセキ 57.0 騎乗予定:和田竜

3点/10点

【考察内容】

状態の考察

休み明け使って状態は明らかに良くなっています。動きに軽さがでて、迫力も出てきています。前走は休み明けで過去1番ぐらい影響も大きかったので、上積みはあると思います。あとはスタートを決めて、リズムよくいけるかでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:ウッド6ハロン、82.5ー12.1、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、79.6ー12.1、馬なり

最終追い切り
栗東・CW・良 6F 87.6-70.4-55.0-41.0-12.3(馬なり)

前走後でもすぐに乗り込みを開始していました。かなり入念な仕上げのように感じました。17日は和田竜騎手が乗り、追うごとにストライドを伸ばし、ぐんぐん加速していました。息はピッタリのように見えました。17日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

グランドグローリー 55.0 騎乗予定:Cデムーロ

2点/10点

【考察内容】

状態の考察

日本に到着後は少し疲れがでていたようです。馬房に入ってからはリラックスしており、馬の様子を見つつ調整しています。カイバ食いが少なく、馬体は少し硬めなようですが、体調面自体の問題はなさそうです。レースに向けて徐々にいつもの調整に戻していく予定です。

追い切りの考察

2週前追い切り:なし

1週前追い切り:キャンター

最終追い切り
白井・ダート・稍重 5F 72.0-56.1-39.8-11.9(馬なり)

1週前はキャンターで軽めの調整でした。

 

 

 

コントレイル 57.0 騎乗予定:福永

8点/10点

【考察内容】

状態の考察

11日は馬場が荒れた中での追い切りでしたが、坂路の時計は想定通り。無理をさせない内容でした。前走後は回復も早かったですし、今は満足のいく調整ができているようです。この中間ではプールにも行っているようで、心肺機能の強化と操縦性がより増しそうです。1回使っているので、息の入りも良く、前走でもかなり仕上がっていましたが、今回は中身も伴っている印象です。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、55.7ー13.0、馬なり

1週前追い切り:ウッド7ハロン、93.6ー12.5、馬なり

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 51.0-36.9-23.9-12.0(馬なり)

先行させての併せ馬でした。100mほど後ろから追走する形になりましたが、楽に並んでゴールしていました。かなり攻めた内容でしたし、時計も非常に優秀でした。馬場内でも毛ヅヤがひと際目立っており、ここに向けての意気込みがヒシヒシと感じられます。17日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

ゴーフォザサミット 57.0 騎乗予定:北村宏

0点/10点

【考察内容】

状態の考察

このメンバーでは状態がよくても厳しいと思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:ウッド6ハロン、84.6ー12.2、馬なり

1週前追い切り:坂路4ハロン、57.3ー12.7、馬なり

可もなく不可もなくという感じでした。さすがに出番はないと思います。

 

 

 

サンレイポケット 57.0 騎乗予定:鮫島

1.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

前走後は短期放牧にでています。いい意味でリラックスできていますし、2000mでもしっかり走れたので、2400mは苦しいと思いますが、割とこなせそうに思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、57.1ー12.6、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、83.4ー11.3、一杯に追う

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 53.9-39.1-25.1-12.2(一杯)
パーティナシティ(馬なり)を0.4秒追走・同入

追走していた馬にいったん抜かれるシーンがありました。しかし、追われるとグイグイ伸びて追い抜きました。実戦を意識したような調教内容で、負荷もしっかりかけることができていました。18日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

シャドウディーヴァ 55.0 騎乗予定:横山典

1.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

中間調教は、1週間だけノーザンファームしがらきにメンテナンスを行い帰厩しています。乗り替わりではありますが、横山典騎手とは当週に感触を使う予定です。騎手からの申し出で叶ったコンビですが、厩舎は手も合いそう、距離もこなせそうという印象でした。前走は長くいい脚を使えていましたし、ここにきてここまでの成長分が覚醒した印象です。馬体面と精神面がしっかりかみ合っている感じがしますし、左回りの方が走りやすいようにも見えます。状態は非常にいいと感じます。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、55.5ー13.0、馬なり

1週前追い切り:坂路4ハロン、51.9ー12.1、馬なり

最終追い切り
美浦・坂路・良 800m 53.2-38.9-25.4-12.6(馬なり)
アリエノール(馬なり)を0.2秒追走・同入

1週前の追い切りは持ったままで、余裕の追走先着でした。前進気勢があり、前走以上の雰囲気ももっています。万全の態勢で臨めそうです。18日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

ジャパン 57.0 騎乗予定:武

1.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

自国を出る段階からコンディションは良く、競馬学校に到着してからも引き続き良好な状態を維持できています。キャンターなどの軽い運動で調整し、レースに備えていく予定です。体調、食欲はしっかりしています。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、52.9ー12.7、馬なり

1週前追い切り:キャンター

最終追い切り
白井・ダート・稍重 6F 86.6-70.3-55.4-41.6-13.7(馬なり)
ブルーム(馬なり)の外0.2秒追走・同入

1週前はキャンターで軽めの調整でした。

 

 

 

シャフリヤール 55.0  騎乗予定:川田

6.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

10日の動きは良かったです。見た目も随分良くなっているように感じました。前走は馬場状態予想以上でかなり応えた様子でした。その後のケアが少し難しかったようですが、動きや体力面で使った効果が走りにもでているように感じました。あとはメンタル面が良い方向にでればでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:ウッド6ハロン、80.5ー12.2、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、83.3ー11.7、G前仕掛け

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 53.8-39.0-25.1-12.2(馬なり)
トーセンスカイ(馬なり)を0.3秒追走・同入

1秒程度先行する相手を追走する形でした。直線でしっかり前をとらえると、優勢の手ごたえで交わしていました。2週続けて長めを追われており、気配は上々に感じます。前走からの上積みは大きいと思います。1週前、2週前の追い切りが好タイムでした。

 

 

 

トラストケンシン 57.0 騎乗予定:酒井

0点/10点

【考察内容】

状態の考察

ここでは状態が良くてもさすがに厳しいでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、60.4ー13.9、馬なり

1週前追い切り:坂路4ハロン、60.2ー13.8、馬なり

物足りない内容が続いています。ここでの買いはないと思います。

 

 

 

ブルーム 57.0 騎乗予定:ムーア

1.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

こちらも自国を出る段階からいいコンディションを保っています。体調面、食欲面も万全で、軽めのキャンターから調整を始めています。ここからは段階を踏んで負荷をかけていく調整に移っていく予定です。

追い切りの考察

2週前追い切り:なし

1週前追い切り:キャンター

最終追い切り
白井・ダート・稍重 6F 86.8-70.5-55.6-41.8-13.9(馬なり)
ジャパン(馬なり)の内0.2秒先行・同入

1週前はキャンターで軽めの調整でした。

 

 

 

 

マカヒキ 57.0 騎乗予定:藤岡康

1.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

馬体には張りがあって順調そうです。前走よりも上向いている感じですし、東京の2400mはこの馬にとって1番合う条件だと思います。在厩で調整されていますが、前回より体調は良さそうです。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、52.3ー12.7、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、81.4ー12.2、馬なり

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 53.5-39.4-25.6-12.6(馬なり)

2歳馬を先にゴールさせるよウに見えましたが、そのあとはしっかり気合をつけられていました。しっかりと乗られており、前走で発揮できなかった力も出せそうな感じです。

 

 

 

ムイトオブリガード 57.0 騎乗予定:柴田善

0点/10点

【考察内容】

状態の考察

前走はブリンカーをつけてゲートで集中でき、行きっぷりも良くなっていました。左回りの東京は合うと思いますし、距離が伸びるのは歓迎材料です。パンパンの良馬場で走らせたいところでしょう。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、58.7ー14.2、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、81.1ー11.7、一杯に追う

最終追い切り
栗東・CW・良 6F 81.7-65.8-51.2-37.9-12.1(一杯)
シックザイン(一杯)の内0.3秒追走・0.7秒先着

3頭併せでした。先頭からは少し離れてしまいましたが、2番手で入線しました。しかし、1秒ほど追走しており、時計的にも合格点でした。体調は良いと思います。18日の1週前追い切りで好タイムがありました。

 

 

 

モズベッロ 57.0 騎乗予定:池添

0.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

この中間は入念にフラットワークを行いました。この影響で、坂路でも行きっぷりが良くなっています。2400mの距離はいいと思いますし、馬体の迫力が戻ってくればいいパフォーマンスがだせると思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:なし

1週前追い切り:坂路4ハロン、54.0ー12.8、一杯に追う

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 52.9-38.3-25.2-12.9(一杯)

併走馬を大きく追走して、わずかに先着しました。まだ物足りない印象はあるものの、反応はよかったですが、いい頃にはまだ遠い印象はあります。

 

 

 

ユーキャンスマイル 57.0 騎乗予定:藤岡佑

2.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

1週前の追い切りはしっかりやれていました。併走馬には遅れましたが、追走した分もあったと思います。それでもこの馬にしてはしっかり動けた内容だったと思います。調教の動きと競馬内容が一致するタイプですし、具合も良く、左回りの東京は合うと思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、60.9ー16.0、馬なり

1週前追い切り:ウッド6ハロン、81.8ー11.7、一杯に追う

最終追い切り
栗東・芝・稍重 6F 80.8-64.2-49.8-36.4-11.6(馬なり)
ウーリリ(馬なり)の内1.1秒追走・同入

1馬身程度離れてしまいましたが、追走分はしっかりあります。1ハロンを11秒台でまとめており、2走目の上積みが見込める状態です。

 

 

 

ユーバーレーベン 53.0 騎乗予定:Mデムーロ

3点/10点

【考察内容】

状態の考察

前走は休み明けだった分、急仕上げ気味でした。一度使った分良くなっていますし、10日の追い切りでも動きはしっかりしていました。脚元も特に気にならない様子なので、充実ぶりを感じられます。阪神の内回りは合わない感じですし、東京や距離が2400mに変わるのは歓迎材料でしょう。あとは初の古馬対戦になりますので、世代トップクラスの牝馬が、通用するかだと思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:ウッド6ハロン、83.1ー11 .7、馬なり

1週前追い切り:ウッド、計測不能、一杯に追う

最終追い切り
美浦・南W・稍重 5F 68.0-52.7-38.1-11.9(馬なり)
ムスコローソ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

前走後も順調に乗り込まれています。1週前の追いきりでは物足りない感じで終わってしまいました。当週でどこまっで戻せるかでしょう。1週前追い切りは計測ができていまでした。

 

 

 

ロードマイウェイ 57.0 騎乗予定:三浦

0.5点/10点

【考察内容】

状態の考察

前走はペースも合いませんでしたし、悪い面が出ていた印象です。不完全燃焼でした。レース後のダメージはなく、スローペースの瞬発力勝負よりも、2400mでタフな展開になればこの馬の良さがでそうです。

追い切りの考察

2週前追い切り:なし

1週前追い切り:坂路4ハロン、57.4ー13.2、馬なり

最終追い切り
栗東・坂路・良 800m 53.2-38.8-25.2-12.5(末強め)

追い切り内容はまだ物足りない感じです。当週の上向きがあるかどうかでしょう。

 

 

 

ワグネリアン 57.0  騎乗予定:戸崎

2点/10点

【考察内容】

状態の考察

最近は最後にダラっとしてしまう面があったので、刺激を与える意味でも前走は初めてのマイル戦を使っていたようです。実際いい刺激になったと思います。10日の追い切りは坂路の馬場が重たかったのでまだまだでしたが、息の入りは良かったと思います。

追い切りの考察

2週前追い切り:坂路4ハロン、53.2ー13.1、馬なり

1週前追い切り:ポリ6ハロン、81.5ー11.6、強め

最終追い切り
栗東・CW・良 6F 83.5-66.6-51.4-37.7-12.4(一杯)
デルマヤクシ(馬なり)の内1.0秒追走・クビ遅れ

14日の1週前追い切りで好タイムがありました。しっかり負荷もかけられており、長めのも追われていたので、かなり上向いた印象です。当週でどこまっで仕上がるかでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ジャパンカップ2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

昨年は3強対決となり、アーモンドアイが勝ち馬となりました。今年は昨年2着のコントレイルが人気の中心になりそうです。コントレイルはジャパンカップで現役引退になりますので、古馬で結果を出せていないため、なんとか華を添えたいところでしょう。

ちなみに、ジャパンカップの賞金は国内G1最大の3億円ですが、来年は4億円に増額されることが決まっています。これにより、国内レースの充実と外国馬の招待や参加がさらに進むとさらに盛り上がりそうですね!

皆さまの予想、的中報告や少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNS等でご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました