福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察

G3
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「福島記念」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。

福島記念は、11月14日(日)福島競馬場で行われるG3・芝2000mのレースです。当レースはハンデ戦ながら、勝ち馬の傾向は割と偏っています。そのあたりもご紹介できればと思います。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察
    1. 勝ち馬予想と考察
      1. 本命予想の考察
      2. 対抗予想の考察
      3. 単穴予想の考察
      4. 連下予想の考察
  2. 福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧
  3. 福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察
    1. アトミックフォース 55.0 騎乗予定:未定 ※除外
      1. 追い切りの考察
    2. アラタ 56.0 騎乗予定:大野
      1. 追い切りの考察
    3. ヴァンケドミンゴ 56.0 騎乗予定:酒井
      1. 追い切りの考察
    4. ウインアグライア 51.0 騎乗予定:未定 ※除外
      1. 追い切りの考察
    5. エフェクトオン 53.0 騎乗予定:亀田
      1. 追い切りの考察
    6. ココロノトウダイ 55.0 騎乗予定:丸山
      1. 追い切りの考察
    7. コスモカレンドゥラ 54.0 騎乗予定:未定 ※除外
      1. 追い切りの考察
    8. コントラチェック 55.5 騎乗予定:北村宏
      1. 追い切りの考察
    9. ゴールドギア 55.0 騎乗予定:永野
      1. 追い切りの考察
    10. サトノエルドール 56.0 騎乗予定:横山和
      1. 追い切りの考察
    11. ステイフーリッシュ 57.5 騎乗予定:坂井
      1. 追い切りの考察
    12. ディアンドル 55.0 騎乗予定:菅原
      1. 追い切りの考察
    13. ニシノデイジー 54.0 騎乗予定:勝浦 ※回避
      1. 追い切りの考察
    14. バイオスパーク 57.0 騎乗予定:泉谷
      1. 追い切りの考察
    15. パンサラッサ 56.0 騎乗予定:菱田
      1. 追い切りの考察
    16. ヒュミドール 55.0 騎乗予定:吉田豊
      1. 追い切りの考察
    17. フェアリーポルカ 55.0 騎乗予定:三浦
      1. 追い切りの考察
    18. ブラヴァス 57.0 騎乗予定:岩田康
      1. 追い切りの考察
    19. マイネルファンロン 56.0 騎乗予定:松岡
      1. 追い切りの考察
    20. ムイトオブリガード 56.0 騎乗予定:未定 ※回避
      1. 追い切りの考察
    21. モズナガレボシ 55.0 騎乗予定:西村
      1. 追い切りの考察
  4. 福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りなりました。各出走予定馬や考察、評価点数はこの後に記載しています。

 

 

 

勝ち馬予想と考察

◎(本命):ココロノトウダイ

〇(対抗):コントラチェック

▲(単穴):アラタ

△(連下):フェアリーポルカ

本命予想の考察

福島での実績は4戦して【3100】という実績です。このうち2000mでは2戦2勝です。前走は東京の2000mで前付けしましたが、伸びあぐねた感じです。骨折明けで約9ヶ月ぶりの実戦と思えば、次につながる内容だったと思います。ひと叩きされているので、今回は息もちの具合も違ってくるでしょう。年明けの中山金杯ではクビ差の2着です。勝ち馬のヒシイグアスが次走の中山記念を連勝し、秋の天皇賞でも好成績を残していることから、G3のハンデ戦、得意の舞台なら十分通用すると感じます。

対抗予想の考察

1200mから1600mに距離を伸ばして臨んだAH京成杯ではクビ差の2着でした。正直よく逃げて粘れたと思いました。意外と楽に先頭をとれたことで、うまく自分のペースに持ち込めたのが良かったのでしょう。1200m、1600m、1800mの距離で重賞3勝している実力馬ですので、リズムよく先行できれば粘り込みもあると思います。

単穴予想の考察

春の1勝クラスに勝ってから4連勝と乗りに乗っています。近走はレース運びが上手くなり、前走では玄人向きの競馬で見事に競り勝ちました。持久力勝負ほ望むところで、連勝の勢いそのままに勝ちきっても不思議ではありません。

連下予想の考察

昨年の福島牝馬ステークスを勝っており、内々をロスなく進めれば出番はあるかもしれません。ココロノトウダイの半姉という血統からも福島は合うイメージです。

 

 

スポンサーリンク

福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧

今年は21頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

アトミックフォース 55.0 騎乗予定:未定 ※除外

アラタ 56.0 騎乗予定:大野

ヴァンケドミンゴ 56.0 騎乗予定:酒井

ウインアグライア 51.0 騎乗予定:未定 ※除外

エフェクトオン 53.0 騎乗予定:亀田

ココロノトウダイ 55.0 騎乗予定:丸山

コスモカレンドゥラ 54.0 騎乗予定:未定 ※除外

コントラチェック 55.5 騎乗予定:北村宏

ゴールドギア 55.0 騎乗予定:永野

サトノエルドール 56.0 騎乗予定:横山和

ステイフーリッシュ 57.5 騎乗予定:坂井

ディアンドル 55.0 騎乗予定:菅原

ニシノデイジー 54.0 騎乗予定:勝浦 ※回避

バイオスパーク 57.0 騎乗予定:泉谷

パンサラッサ 56.0 騎乗予定:菱田

ヒュミドール 55.0 騎乗予定:吉田豊

フェアリーポルカ 55.0 騎乗予定:三浦

ブラヴァス 57.0 騎乗予定:岩田康

マイネルファンロン 56.0 騎乗予定:松岡

ムイトオブリガード 56.0 騎乗予定:未定 ※回避

モズナガレボシ 55.0 騎乗予定:西村

 

 

スポンサーリンク

福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察

ここでは出走予定している注目馬について考察していきます。各登録馬の考察と評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

アトミックフォース 55.0 騎乗予定:未定 ※除外

1点/10点

追い切りの考察

前走から間もないため、しまい重点の内容が目立ちました。力強さは残っていましたので、当週でどこまで変わるかでしょう。

 

 

アラタ 56.0 騎乗予定:大野

6点/10点

追い切りの考察

重賞ウィナーのメイショウムラクモと互角の脚を見せていました。気合乗りも十分で、調教本数も豊富ですので、文句なしの体勢です。5日のウッド6ハロンで好タイム(84.3ー11.9、G前仕掛け)での追い切りが1本ありました。最終は軽めの調整でした。それでも動けていましたし、仕上がりは良いと思います。ハンデは見込み分もあると思います。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 82.8-66.6-52.2-38.1-11.8(直強め)
セイウンダイモス(古馬1勝)馬なりの外1.7秒先行同入

 

 

ヴァンケドミンゴ 56.0 騎乗予定:酒井

5点/10点

追い切りの考察

間隔が詰まるのは予定通りのようなので、軽めの調整でしたが、体は一層締まってくるでしょう。使って上向いていますし、得意の福島コースでならやれそうです。最終追い切りも軽めの調整でした。抜け出しはいい感じでしたが、少しふわっとする部分がありました。

最終追い切り
栗東・CW・稍重 6F 83.1-65.3-50.7-37.4-12.1(直一杯)
エバーマノ(一杯)の内0.6秒追走・0.5秒先着

 

 

ウインアグライア 51.0 騎乗予定:未定 ※除外

0.5点/10点

追い切りの考察

少し太め感がありました。2歳馬相手に劣勢だったので、もう少し絞れないと厳しいでしょう。調教では動かないとはいえ、不安の残る内容でした。

 

 

エフェクトオン 53.0 騎乗予定:亀田

1点/10点

追い切りの考察

4週連続でラスト1ハロンが11秒台という内容です。走る姿は重心が低く、キレがあり目立ちます。調教過程も良く、仕上がっている印象です。27日のウッド5ハロン併せ馬で好タイム(68.2ー11.8、馬なり)が1本ありました。最終はバランスのとれた内容でした。馬なりでしたが、反応も良かったです。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 83.0-66.8-52.3-37.9-11.8(馬なり)
サンダーブリッツ(強め)の外1.9秒先行・0.2秒先着

 

 

ココロノトウダイ 55.0 騎乗予定:丸山

6点/10点

追い切りの考察

折り合い重視の内容でした。余力も残していましたが、それでも楽に先着できています。休み明けをひと叩きされた効果は十分です。最終でも上積みは感じられ、動き自体も前走以上の出来であることは間違いないと思います。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 85.7-69.2-53.7-38.6-11.5(G前仕掛け)

 

 

コスモカレンドゥラ 54.0 騎乗予定:未定 ※除外

0点/10点

追い切りの考察

特に目立つないようはありません。ここから変わってくるかでしょう。

 

 

コントラチェック 55.5 騎乗予定:北村宏

2.5点/10点

追い切りの考察

余力を残して、5ハロン65秒4をマークしました。ムキになったり、ゆとりがある走りではなく、良い集中を保てています。俊敏さも健在です。前週の坂路4ハロンで好タイム(53.3ー12.4、馬なり)がありました。最終でもいい意味で動きや雰囲気に大きく変化はありません。一度使っているので、調整も楽なできているように感じました。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 81.3-66.2-51.9-37.6-11.7(馬なり)
フォッサマグナ(末強め)の内1.3秒追走・同入

 

 

ゴールドギア 55.0 騎乗予定:永野

2.5点/10点

追い切りの考察

調教ではそれほど動きませんが、それでも反応面は鈍さがありました。素軽くなっているかがポイントでしょう。その最終でも動きにあまり変化は見られませんでした。なかなか厳しい展開になりそうです。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 5F 68.0-53.1-38.9-12.7(G前仕掛け)
シンヨモギネス(一杯)の外0.1秒先行・0.2秒先着

 

 

サトノエルドール 56.0 騎乗予定:横山和

0点/10点

追い切りの考察

大敗の影響は感じませんでした。質の高い3頭併せで、行きっぷりは上々。ストライドも大きく、状態に不安はなさそうです。前週と3日の併せ馬で好タイムがありました。前週:ウッド5ハロン67.6ー12.1馬なり、3日:ウッド5ハロン66.1ー11.8馬なり。最終でも状態は良かったです。馬なりで走れてこの状態なら評価以上の結果もあると思います。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 6F 82.2-65.4-51.1-37.1-11.9(馬なり)
サトノフォーチュン(馬なり)の内0.7秒追走・同入

 

 

ステイフーリッシュ 57.5 騎乗予定:坂井

5.5点/10点

追い切りの考察

コースで追われ、心肺機能を高めていました。最後まで楽にスピードに乗ることができており、出来は高いレベルで安定していそうです。最終でも負荷をかけられていました。先着することはできませんでしたが、中間の息入れからこの1本で変わってきそうな感じです。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 52.2-38.0-24.7-12.4(一杯)
ステイブルアスク(馬なり)を0.7秒追走・0.1秒遅れ

 

 

ディアンドル 55.0 騎乗予定:菅原

1点/10点

追い切りの考察

馬なり中心で、柔らかめの仕上げでした。程よく前進気勢もあり、雰囲気も良好です。28日の坂路4ハロンで好タイム(54.1ー12.2馬なり)がありました。最終では必要以上に負荷をかけない目的のため、軽めの調整です。先週から動ける状態だったことも大きいでしょう。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 53.5-37.5-24.3-12.5(馬なり)
ターゲサンブルック(馬なり)と同入

 

 

ニシノデイジー 54.0 騎乗予定:勝浦 ※回避

0.5点/10点

追い切りの考察

軽めの調整でした。可もなく不可もなくという感じですので、ここからの変化があるようなら。3日の併せ馬、ウッド5ハロンで好タイム(66.6ー11.9馬なり)がありました。

 

 

バイオスパーク 57.0 騎乗予定:泉谷

4点/10点

追い切りの考察

格下馬に煽られ気味の内容でした。それでも、ラスト1ハロンは11秒6で、時計的には上々でした。このひと追いで仕上がりも進むでしょう。最終は軽めの調整でしたが、少し反応が鈍い感じもしました。前走の影響はなく順調ということですが、どうでしょうか。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 55.5-41.4-27.0-13.4(馬なり)
エルツィオーネ(末強め)を0.1秒追走・同入

 

 

パンサラッサ 56.0 騎乗予定:菱田

3点/10点

追い切りの考察

負荷をかけられて調整されたていますが、今ひとつピリっとしてきません。変化が欲しいです。最終では前回から変化が見られました。前回負荷をかけられた影響だと思います。それなりにはやれそうな状態です。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 52.9-38.2-24.7-12.2(馬なり)

 

 

ヒュミドール 55.0 騎乗予定:吉田豊

3.5点/10点

追い切りの考察

意欲的な3頭合わせでした。動きは力強く、調子が落ちている感じもしませんでした。順調そうです。最終では無理なく走って、好タイムでした。かなり仕上がっている印象です。前走は輸送の影響もありましたが、今回はよりいい状態で臨めそうです。福島も向くでしょう。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 5F 67.6-52.5-37.5-11.3(馬なり)

 

 

フェアリーポルカ 55.0 騎乗予定:三浦

3.5点/10点

追い切りの考察

もともと調教で動くタイプですが、6ハロン79秒5をマークしました。強い負荷がかけられていましたし、仕上がりは万全でしょう。3日の併せ馬C6ハロンで好タイム(79.5ー12.3一杯に追う)がありました。最終は、前回しっかりやっており、輸送もあるので軽めの調整でした。引き続き状態は良く、前回からいい意味で変わりません。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 55.8-39.6-25.4-12.6(末強め)

 

 

ブラヴァス 57.0 騎乗予定:岩田康

0.5点/10点

追い切りの考察

コース追いをしっかり重ねて行っていました。少しズブさがあり加速は平凡でしたが、メニューはこなせていました。前週のポリウッド6ハロンで好タイム(79.8ー11.4馬なり)がありました。最終は単走でサラっと調整でした。夏前の疲れも感じられず好調だと思います。初めて取り入れた障害練習が功を奏したのでしょうか。

最終追い切り
栗東・ポリ・良 5F 67.2-52.0-38.3-11.7(馬なり)

 

 

マイネルファンロン 56.0 騎乗予定:松岡

0.5点/10点

追い切りの考察

ウインマリリンを相手に先行して、先着をしました。ハミをしっかりとって集中力もありました。馬体のハリも良く、上々の仕上がりです。3日の併せ馬、ウッド5ハロンで好タイム(79.8ー11.4馬なり)がありました。最終は軽めの調整です。気難しい面がどうでるかですが、折り合いがつけばそれなりやれそうです。

最終追い切り
美浦・南W・稍重 5F 67.5-52.2-38.0-12.0(馬なり)

 

 

ムイトオブリガード 56.0 騎乗予定:未定 ※回避

0点/10点

追い切りの考察

中1週のため、軽めの調整です。調子は前走並みですので、ここではないかと感じます。

 

 

モズナガレボシ 55.0 騎乗予定:西村

5.5点/10点

追い切りの考察

少し間隔をあけて、心身ともにリフレッシュした効果がでていました。活発な動きが印象的です。最終はは軽めの調整でした、使った方がいいタイプですが、休養明けの分がどうでるかでしょう。

最終追い切り
栗東・坂路・稍重 800m 53.8-39.2-25.4-12.8(馬なり)

 

 

スポンサーリンク

福島記念2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

福島記念は最終コーナーを3番手以内で通過した馬で決まることが多いです。昨年のバイオスパークも内々をロス泣く立ち回っていました。ロングスパート戦にもなりやすく、勝負どころで前にいなければ厳しくなるでしょう。そのため、器用さやテンへの回転力、コース適性にも注目したいですね!

 

皆さまの予想、的中報告や少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、ブログやツイッターをフォローしていただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました