ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2021_勝ち馬予想と考察

海外競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ブリーダーズカップフィリー&メアターフ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察を行っています。

ブリーダーズカップの中では比較的新しい時期に創設されたG1レースです。当レースの距離は、持ち回りで開催されるアメリカの競馬場によって異なるという珍しい設定です。今年は、デルマー競馬場、芝2200mでの開催となります。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2021_勝ち馬予想と考察:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りなりました。

 

 

勝ち馬予想と考察

◎(本命):ウォーライクゴッデス

〇(対抗):ラヴズオンリーユー

▲(単穴):ゴーイングトゥベガス

本命予想の考察

デビュー3戦目の1900m戦では5着と遅れを取りましたが、今年春のオーキッドSからビウィッチSのG3を立て続けに勝利しました。続くG2のグレンズフォールズS、そしてG1のフラワーボウルSも1番人気に応えました。これまで7戦していますが、2000m以上では負け無しという実績です。さらに現在は4連勝中という勢いもありますので、休み明けでも走れることからここでも勝ち負けは必至でしょう。

対抗予想の考察

春のドバイシーマクラシックでは、欧州トップクラスの牡馬ミシュリフと半馬身差の接戦となりました。このメンバーでも能力は上位だと感じます。またコースを問わず活躍できる印象もありますし、力を発揮できれば海外G1の2勝目もありえるでしょう。

単穴予想の考察

3歳のときにはアメリカンオークス2着の実績を残しています。4歳になってからは、G1〜G3までをそれぞれ1勝ずつしており、現在は3連勝中です。今年に入って6戦目、前走からは1ヶ月という間隔から疲れが心配ですが、問題なく走れる状態にあれば好勝負になると思います。

 

 

スポンサーリンク

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2021_勝ち馬予想と考察:出走予定馬一覧

今年は以下12頭が出走予定です。馬名、性別・年齢、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

ゴーイングトゥベガス(USA) 牝4 56kg U.リスポリ

ポケットスクエア(GB) 牝4 56kg I.オルティスJr.

アカネラ(GB) 牝3 54.5kg C.キーン

ルジール(FR) 牝3 54.5kg M.ギュイヨン

クイーンスプリーム(IRE) 牝5 56kg J.ドイル

ラブ(IRE) 牝4 56kg R.ムーア

ウォーライクゴッデス(USA) 牝4 56kg J.ルパルー

ラヴズオンリーユー(JPN) 牝5 56kg 川田 将雅

マイシスターナット(FR) 牝6 56kg J.オルティス

オーシャンロード(IRE) 牝3 54.5kg O.マーフィー

ドッグタグ(USA) 牝5 56kg F.プラ

アウダーリャ(FR)牝5 56kg W.ビュイック

 

 

スポンサーリンク

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2021_勝ち馬予想と考察:まとめ

今年は日本からラブズオンリーユーが参戦します。川田騎手もアメリカまで付き添うので、継続騎乗は良いと見ています。あとは、世界の壁の中でどれだけやれるかです。馬自体は、ドバイや香港でも結果を残しているので、川田騎手の手腕に期待したいところです。他には、アウダーリャ、ラブ、ルジールなどにも要注目です!

レースは日本時間で11月7日(日)、5時59分に発走予定です。

 

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった場合は、シェアやフォローしていただけるとモチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました