ブリーダーズカップマイル2021_勝ち馬予想と考察

海外競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ブリーダーズカップマイル」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察を行っています。

当レースはデルマー競馬場、芝1600mで開催となります。当レースは、BC創設当初からある7つのレースのうちの1つです。過去に日本から出走した馬はいませんが、今年は日本からヴァンドギャルドが出走予定となっています。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリーダーズカップマイル2021_勝ち馬予想と考察:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りなりました。

 

 

勝ち馬予想と考察

◎(本命):モーフォーザ

〇(対抗):スペースブルース

▲(単穴):マスターオブザシーズ

本命予想の考察

未勝利戦や条件戦以降、いわゆる一般戦以上で8戦していますが、敗けたのはG1であるペガサスワールドカップタープだけです。他7戦のうちG2が6勝、G1が1勝という実績です。デルマー競馬場でもハンデ戦を含むマイル戦を2勝しており、コース適性や実力はメンバー中でも上位といってもいいと思います。

対抗予想の考察

昨年夏の2ヶ月で4連勝を達成しました。この中にはG1のモーリスドゲスト賞の勝ちも含まれます。半年の休養を挟んだ年明け2月の重賞でも勝利し、5連勝と記録を伸ばしました。その後は出走レースの距離に戸惑い2敗しましたが、距離を戻し、調子も上向いてきています。現在はフォア賞勝ちを含む2連勝中です。今回でマイル戦は初になりますが、走りを見る限りはこなせると思います。

単穴予想の考察

前走のクイーンエリザベス2世Sは7着に敗れています。この影響で人気を落とす形になりましたが、前走は柔らかい馬場が合わなかった印象です。今年の英2000ギニーアタマ差の2着になっていることからは地力は間違いないと感じます。メイダンで左回りを経験しているのも強みになると思います。

 

 

スポンサーリンク

ブリーダーズカップマイル2021_勝ち馬予想と考察:出走予定馬一覧

今年は以下14頭が出走予定です。馬名、性別・年齢、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

マスターオブザシーズ(IRE) 牡 3 56kg J.ドイル

スムーズライクストレイト(USA) 牡4 57kg U.リスポリ

スペースブルース(IRE) 牡5 57kg W.ビュイック

レイジングブル(FR) 牡6 57kg I.オルティスJr.

ヴァンドギャルド(JPN) 牡5 57kg 福永 祐一

モーフォーザ(USA) 牡5 57kg F.プラ

インラブ(BRZ) せん5 57kg A.アシャール

ヒットザロード(USA) 牡4 57kg J.ヴェラスケス

マザーアース(IRE) 牝3 54.5kg R.ムーア

ブロウアウト(GB) 牝5 56kg J.ロザリオ

ガットストーミー(USA) 牝6 56kg T.ガファリオン

パールズガロアー(FR) 牝4 56kg W.リー

カサクリード(USA) 牡5 57kg J.アルバラード

アイヴァー(BRZ) 牡5 57kg J.タラモ

 

 

スポンサーリンク

ブリーダーズカップマイル2021_勝ち馬予想と考察:まとめ

これまで日本馬からは出走実績はありませんでした。しかし、今年は日本からヴァンドギャルドが福永騎手とともに出走予定になっています。日本にはコーナー4つの芝マイルは盛岡競馬場にしかありませんので、この忙しい展開に対応できるかが大きなポイントになるでしょう。

また、アイヴァー、ブロウアウト、インラブも注目度が高い能力は持っていると感じます!

レースは日本時間で11月7日(日)、7時20分に発走予定です。

 

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった場合は、シェアやフォローしていただけるとモチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました