JBCクラシック2021(金沢競馬場)_勝ち馬予想と考察

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「JBCクラシック」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察を行っています。

JBCクラシックは、11月3日(水)に金沢競馬場行われ、ダートの祭典と呼ばれています。本レースはJBCシリーズのメインとなっており、頂上決戦にふさわしいメンバーが集結しています。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JBCクラシック2021(金沢競馬場)_勝ち馬予想と考察:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りなりました。

 

 

勝ち馬予想と考察

◎(本命):チュウワウィザード

〇(対抗):オメガパフューム

▲(単穴):テーオーケインズ

本命予想の考察

国内や海外のビッグレースで実績を積み上げています。前走の帝王賞はレース後に骨折が判明したように度外視のレースでいいと思います。幸い骨折は軽いものだったようで、休養を挟み、その後はしっかりと乗り込めています。右回りの小回りでの実績もありますが、決して得意という舞台ではありませんので、これに対応できるかがポイントとなりそうです。しかしながら、19年には3コーナーから早めに先頭に立って、攻略していることを考えると今年再現があっても不思議ではありません。

対抗予想の考察

このレースでは3年連続2着に入っていますが、結果だけみると歯がゆい内容だと思います。帝王賞はズブさを見せて5着に敗れ、交流重賞では初めての馬券圏外という結果でした。今回は坂路での調整をしており、前回よりもピリっとした面が出てきているようで、馬体も想定通りの体つきになってきています。あとは走る方向に気持ちが向けば能力は間違いありません。条件面も問題ないのですが、良馬場で時計がかかるような条件だとなお良いでしょう。

単穴予想の考察

帝王賞では並みいる強豪を破り勝ち馬となりました。4歳になって急激に成長してきており、ここでも好勝負ができると思います。最近は、落ち着きもでてきていますが、レースまでにはしっかり仕上がりそうです。ただ、少し力む面があるので、小回りコースを2週走るのがポイントになりそう。力まず走れれば十分チャンスはあるはずです。

 

 

スポンサーリンク

JBCクラシック2021(金沢競馬場)_勝ち馬予想と考察:出走予定馬一覧

今年は以下12頭が出走予定です。馬名、性別・年齢、斤量、騎乗予定騎手、所属の順で記載しています。

 

チュウワウィザード 牡6 57.0 戸崎圭太 栗東

グリードパルフェ 牡5 57.0 林謙佑 高知

オメガパフューム 牡6 57.0 M.デム 栗東

テーオーケインズ 牡4 57.0 松山弘平 栗東

ダノンファラオ 牡4 57.0 横山武史 栗東

トップロイヤル 牡4 57.0 池田敦 金沢

ミューチャリー 牡5 57.0 吉原寛人 船橋

ケイティブレイブ 牡8 57.0 内田博幸 美浦

カジノフォンテン 牡5 57.0 張田昂 船橋

シゲノブ 牡6 57.0 小林凌 岩手

テーオーエナジー 牡6 57.0 田中学 兵庫

マイネルパイオニア 牡4 57.0 松戸政也 金沢

 

 

スポンサーリンク

JBCクラシック2021(金沢競馬場)_勝ち馬予想と考察:まとめ

上記3頭以外にも注目馬がいますので、少し紹介しておきます。

カジノフォンテン

帝王賞は10着に敗れましたが、Jpn1を2勝している実績は軽視できません。休養前は夏バテしている兆候があったようですが、今はそれも解消されており、かしわ記念に近い状態だということです。展開次第にはなりそうですが、差し馬を意識するようなレースになれば一発あると思います。

ケイティブレイブ

前走は輸送の影響で走る姿がこれまでとは違いました。金沢の小回りは対応できそうですし、ゆったりと走れる距離もいいと思います。ここで復活があっても。

ダノンファラオ

前走後は疲れをいやすことが最優先でした。今回は在厩での調整でしたので、馬体に太め感もありません。10月20日にはコントレイルと併せており、状態も上がってきています。理解しているジョッキーも一度乗って確かめているのは大きいと思います。

 

個人的に気なる注目馬を紹介してきましたが、ダートの祭典にふさわしいメンバーが揃いました。どの馬が勝っても不思議ではありませんね!

レースは11月3日(水)、16時20分に発走予定です。

 

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった場合は、フォローしていただけるとモチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました