メイクデビュー東京2021(10月31日)_注目馬の血統、追い切り情報

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では、2021年10月31日の「メイクデビュー東京」に出走を予定している注目馬の血統や、追い切りの様子を紹介しています。

皆さまの考察の参考になれば幸いです。

 

天皇賞(秋)2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「天皇賞(秋)」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 菊花賞は、10月31日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2000mのレースです。秋の天皇賞は今年で164回目を迎える伝統のあるG1です。現在G1馬が4頭登録されており、そのほかにもG1級と言える実力の登録馬もいます。このまま全頭が出走となれば大激戦必至の内容になることは間違いありません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月31日)_注目馬の血統、追い切り情報:注目馬一覧

この記事で紹介する注目馬を一覧で記しています。興味のある新馬がいましたら、ぜひ下記の記事内容もご覧ください。

 

5R出走予定: サトノレギオン

5R出走予定: アスクヴィヴァユー

5R出走予定: アレグロモデラート

5R出走予定: ダノンアリエス

 

 

スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月31日)_注目馬の血統、追い切り情報:各馬の追い切り情報

ここでは、注目馬の血統や追い切りの様子、調教師のコメントをお伝えします。

 

サトノレギオン

美浦トレセン:萩原厩舎所属の牡馬

父:ハーツクライ

母:キャッチザカクテル

母父:キャッチャーインザライ

母はダート2000mの亜G1ラプラタオークスの勝ち馬で、現3歳の全姉サトノアイは芝1400〜1600mで3勝している血統です。20日は芝コースで追われ、5ハロン67秒4、ラスト1ハロン11秒6のタイムをマークしました。

「順調に乗っています。あとは実践に行き、どんな競馬をしてくれるかでしょう。」と調教師は話しています。

31日の芝1800mを横山武騎手で出走予定です。

 

アスクヴィヴァユー

美浦トレセン:藤原厩舎所属の牡馬

父:ディープインパクト

母:バディーラ

母父:アンブライドルズソング

全兄ダノンプラチナは朝日杯FSの勝ち馬で、14年のJRA最優秀2歳牡馬という血統です。20日はCWコースで5ハロン64秒6、ラスト1ハロン11秒8を計時して、2歳新馬のヴァレーデラルナと併入しました。

「しっかり負荷をかけて動けていたし、やるごとに素軽くなってきた。初戦から楽しみです。」と調教師は話しています。

馬体重は500キロ前後。31日の芝1800mを、福永騎手で出走予定です。

 

アレグロモデラート

美浦トレセン:武井厩舎所属の牝馬

父:ハーツクライ

母:ナスノシベリウス

母父:アンブライドルズソング

母と全姉のナスノシンフォニーがJRAを3勝、現役の半姉ナスノフォルテ、アイリッシュムーンはそれぞれ2勝をあげており、母系は堅実な血統です。

「いい動きをしますね。スピードも体力もあるし、コントロールも利く。初戦からやれる。」と調教師は話しています。

馬体重は460〜470キロ。31日の芝1800mを松山騎手で出走予定です。

 

ダノンアリエス

美浦トレセン:尾関厩舎所属の牡馬

父:キングカメハメハ

母:プントバンコ

母父:フジキセキ

昨年のセレクトセールに上場され、5200万で落札されました。21日には、Wコースで6ハロン85秒2、ラスト1ハロン11秒5をマークしました。

「せりで見たときから格好が気に入った一頭。馬体の成長に伴い、気持ちの面も前向きさがでてきた。芝、ダート問わずに走れそう。」と調教師は話しています。

馬体重は460キロ前後。31日の芝1800mを川田騎手で出走予定です。

 

 

スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月31日)_注目馬追い切り情報:まとめ

31日東京の注目馬はすべて5レースに固まってしまいました。もちろん注目馬になるので、上位独占の可能性もありますが、点数も多くなるので、やはりこの中から軸を決めて組み合わせていきたいですね。

 

皆さまの予想や結果に少しでも役立てたなどの内容がありましたら、フォローしていただけると嬉しいです。

次回へのモチベーションにつながりますので、何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました