メイクデビュー東京2021(10月30日)_注目馬追い切り情報

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では、2021年10月30日の「メイクデビュー東京」に出走を予定している注目馬の追い切りや入厩時の調教の様子を紹介しています。

皆さまの考察の参考になれば幸いです。

 

天皇賞(秋)2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「天皇賞(秋)」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 菊花賞は、10月31日(日)東京競馬場で行われるG1・芝2000mのレースです。秋の天皇賞は今年で164回目を迎える伝統のあるG1です。現在G1馬が4頭登録されており、そのほかにもG1級と言える実力の登録馬もいます。このまま全頭が出走となれば大激戦必至の内容になることは間違いありません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月30日)_注目馬追い切り情報:注目馬一覧

この記事で紹介する注目馬を一覧で記しています。興味のある新馬がいましたら、ぜひ下記の記事内容もご覧ください。

 

5R出走予定: バイオアート

5R出走予定: ヘレンキムゼー

4R出走予定: ラッキークローバー

4R出走予定: ルージュヴィーヴル

4R出走予定: ゼアル

6R出走予定: モンスマルティス

6R出走予定: リュタン

 

スワンステークス2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「スワンステークス」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 スワンステークスは、10月30日(土)阪神競馬場で行われるG2・芝1400mのレースです。例年、京都競馬場と行われる本レースですが、改修工事のため今年は阪神競馬場の開催となります。このレースの勝ち馬にはマイルチャンピオンシップへの優先出走権が付与されます。

 

 

スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月30日)_注目馬追い切り情報:各馬の追い切り・入厩情報

ここでは、注目馬の追い切りの様子や調教師のコメントをお伝えします。

 

バイオアート

美浦トレセン:黒岩厩舎所属の牝馬

父:ロードカナロア

母:ジュリエットソング

母父:ディープインパクト

叔母にアルテミスS、チューリップ賞と重賞を2勝し、阪神JFでも3着に好走してココロノアイがいる血統です。21日にはWコースで5ハロン67秒8をマークしています。

「いい雰囲気ですね。調教を積んでも体が減らず、体力がどんどんついています。いい前向きさもありますよ。」と調教師は話しています。

馬体重は460〜470キロ前後で、30日の芝1600mを戸崎騎手で出走予定です。

 

ヘレンキムゼー

美浦トレセン:鹿戸厩舎所属の牡馬

父:イスラボニータ

母:シークレットジプシー

母父:シーオブシークレッツ

現4歳の半兄に端午Sを勝っているサトノラファールがいる血統です。20日は芝コースで5ハロン70秒4、ラスト1ハロン11秒6をマークしました。

「入厩、退厩を繰り返したけど今は順調に乗れている。ジワジワとバテずに走るようなタイプだと思う。」と調教師は話しています。

馬体重は、460~470キロ。30日の芝1600mを、三浦騎手で出走予定です。

 

ラッキークローバー

美浦トレセン:田村厩舎所属の牝馬

父:エピファネイア

母:クロイゼリンチャン

母父:ブラックタイド

母は芝1600mで2勝しています。伯父に小倉2歳Sを2着に入ったシゲルキョクチョウがいる血統です。21日にはWコースで6ハロン84秒3、ラスト1ハロン11秒9をマークしました。

「牝馬らしく小気味いい走りをするし、動きもいい。今のところ気性的にも落ち着いている。初戦から力を出せそうです。」と調教師は話しています。

馬体重は440キロ前後。30日の芝1400mの牝馬限定戦を三浦騎手で出走予定です。

 

ルージュヴィーヴル

美浦トレセン:田中厩舎所属の牝馬

父:ディープブリランテ

母:ビリーヴミー

母父:インザウイングス

母は仏G1サンタラリ賞の2着馬で、3歳上の半兄に同厩舎で現3勝クラスのエクリリストワールがいる血統です。

「兄とはタイプが違う。軽い走りでスピードがありそうだし、気持ちも強い。まだ心身ともに幼さを見せているけど、センスが良さそうな感じです。」と調教師は話しています。

馬体重は470〜480キロ。30日の芝1400m牝馬限定戦を戸崎騎手で出走予定です。

 

ゼアル

美浦トレセン:斎藤厩舎所属の牝馬

父:アドマイヤムーン

母:グリーンアイズⅡ

母父:グリーンデザート

近親に英G3メイヒルSを勝ち、仏G1マルセルブーサック賞2着のカラスタ、英G2のドンカスターCの勝ちのカスタリといった、海外重賞で活躍した馬がいる血統です。20日の1週前追い切りでは、坂路で4ハロン55秒9、ラスト1ハロン12秒7をマークしました。

「追い切るごとによくなっていますね。」と調教師は話しています。

馬体重は420〜430キロ。30日の芝1400m牝馬限定戦を吉田隼騎手で出走予定です。

 

モンスマルティス

美浦トレセン:池上厩舎所属の牡馬

父:イフラージ

母:サクレクール

母父:コンプトンブレイズ

父は英G2を3勝、英G1ジュライC2着。代表産駒にはジャックマロワ賞など仏英マイルG1を4勝した実績がある血統です。

「十分に乗り込み、ひと追いごとにりょうかしている。動きは水準以上。ダートの1400mぐらいが合いそう。」と調教師は話しています。

馬体重は510キロ前後。30日のダート1400mをルメール騎手で出走予定です。

 

リュタン

美浦トレセン:武藤厩舎所属の牡馬

父:ヘニーヒューズ

母:セラフィックロンプ

母父:マンハッタンカフェ

母は2008年と2010年の愛知杯の勝ち馬です。近親にはスプリングSを制したアズマイーストがいる血統です。13日にはWコースで抜群の動きを見せ、20日のWコースでは5ハロン69秒8、ラスト1ハロン12秒8をマークしました。

「あか抜けた馬体で動きも悪くない。」と調教師は話しています。

馬体重は490〜500キロ。31日のダート1600mを柴田大騎手で出走予定です。

 

アルテミスステークス2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「アルテミスステークス」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 アルテミスステークスは、10月30日(土)東京競馬場で行われるG3・芝1600mのレースです。2012年に新設された2歳牝馬限定の重賞になります。本レースは、関東地区における阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として位置付けされています。

 

スポンサーリンク

メイクデビュー東京2021(10月30日)_注目馬追い切り情報:まとめ

30日の東京はうまい具合に注目馬が振りバラけていますので、組み合わせ数も落ち着きそうでホッとしています(笑)

皆さんの予想に幸運がありますように。

 

皆さまの予想や結果に少しでも役立てたなどの内容がありましたら、フォローしていただけると嬉しいです。

次回へのモチベーションにつながりますので、何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました