埼玉新聞栄冠賞2021_勝ち馬予想と考察

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「埼玉新聞栄冠賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察を行っています。

埼玉新聞栄冠賞は、10月20日に浦和競馬場行われるS3、ダート2000mのレースです。今年は幅広い年代の実力馬が集結しており、熱いレースが繰り広げられそうです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

妙味のある馬が本命の菊花賞はコチラからどうぞ↓

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「菊花賞」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 菊花賞は、10月24日(日)阪神競馬場で行われるG1・芝3000mのレースです。例年は京都競馬場での開催となりますが、今年は阪神競馬場での開催となります。阪神3000mと言えば、阪神大賞典(G2)と同じ距離とコースを使用しますので、特徴などもお伝えできればと思います。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

固めの決着が予想される富士ステークスの予想はこちらからどうぞ!↓

富士ステークス2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「富士ステークス」勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 富士ステークスは、10月23日(土)東京競馬場で行われるG2・芝1600mのレースです。2014年からこのレースの勝ち馬には、11月に行われるマイルチャンピオンシップへの優先出走権が与えられます。 皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

埼玉新聞栄冠賞2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想と考察:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りなりました。

勝ち馬予想と考察

◎(本命):エメリミット

〇(対抗):タービランス

▲(単穴):マンガン

本命予想の考察

本命はエメリミットです。

こちらは昨年の東京ダービー馬です。一時は成績落ち込みましたが、今年の6月の準重賞を勝ってから調子が上向き、前走の東京記念でクビ差の2着に入り、不振は払拭されました。実際に、5月の川崎マイラーズを抽選漏れになってから、雰囲気がガラッと変わりました。浦和は初になりますが、前めで競馬ができるので小回りは歓迎材料でしょう。

対抗予想の考察

対抗はタービランスです。

こちらは昨年の勝ち馬です。今年の川崎記念で4着に食い込むなど力は交流重賞のレベルがあります。5月の大井記念以来のレースとはいえ、昨年も同じローテーションで勝っており、久々は苦にしないタイプです。上がりが速い競馬は合わなさそうなので、直線は短いほうがよく、小回りも歓迎だと感じます。

単穴予想の考察

単穴はマンガンです。

鋭い末脚を武器にして、重賞2勝を勝ち取りました。特に金盃を9馬身差で勝ったように、南関トップクラスの実力を持ち合わせていると思います。休み明けを使って雰囲気がよくなっていますし、コース実績もあるので、この馬らしい競馬ができれば面白そうです。

 

スポンサーリンク

埼玉新聞栄冠賞2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想と考察:出走予定馬一覧

今年は以下12頭が出走予定です。馬名、性別・年齢、斤量、騎乗予定騎手、所属の順で記載しています。

 

ストライクイーグル 牡8 58.0 真島 大井

トランセンデス 牡3 58.0 森 浦和

フィアットルクス 牡6 58.0 本橋 大井

キングガンズラング 牡7 58.0 和田譲 船橋

トーセンブル 牡6 58.0 石崎 船橋

マンガン  牡4 58.0 御神訓 川崎

リッカルド セ10 58.0 矢野 船橋

ノーブルサターン 牡7 58.0 町田 大井

エメリミット 牡4 58.0 山口 船橋

タービランス 牡8 58.0 笹川 浦和

ハイランドピーク 牡7 58.0 本田翼 浦和

チェスナットコート 牡7 58.0 内田利 浦和

 

スポンサーリンク

埼玉新聞栄冠賞2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

ここでの勝ち馬は、南関東中距離路線の王者と言っても過言ではないと思います。また、同じコースで実施される浦和記念への優先出走権が与えられますので、年末の東京大賞典にむけて、なんとしても結果を残しておきたいところでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました