東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数

G2
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「東京ハイジャンプ」の勝ち馬予想と出走予定馬の評価点数について記載しています。

東京ハイジャンプは、10月17日(日)東京競馬場で行われるJ・G2、芝3110mの障害レースです。このレースは通常の競走とは異なる高さの障害が使用されますので、直近の実績だけでは予想が難しいと思います。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

最後の牝馬1冠がかかる秋華賞の本命は、ソダシでもファインルージュでもない!馬券の妙味もあるあの馬が本命候補!!予想記事はこちらから↓

秋華賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「秋華賞」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 秋華賞は、10月17日(日)阪神競馬場で行われるG1・芝2000mのレースです。今年は阪神競馬場での開催となります。阪神2000mと言えば、大阪杯と同じ距離ですので共通点などをお伝えできればと思います。 皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

府中牝馬ステークスはあの馬の復活舞台!東京1800mなら3戦3勝、このうち2戦の上り3ハロンはメンバー最速の末脚をマーク!!気になる予想記事はこちら↓

府中牝馬ステークス2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「府中牝馬ステークス」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 府中牝馬ステークスは、競馬番組表では「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」と表記されます。本レースは10月16日(土)東京競馬場で行われるG2・芝1800mのレースです。 先週の毎日王冠と同じ距離・コースを使用します。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りになりました。各出走予定馬の評価点数はこの後に記載しています。

勝ち馬予想

◎(本命):オジュウチョウサン

〇(対抗):アサクサゲンキ

▲(単穴):コウユーヌレエフ

△(連下):ホッコーメヴィウス

 

スポンサーリンク

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:出走予定馬一覧

今年の東京ハイジャンプは12頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

アサクサゲンキ 60.0 騎乗予定:熊沢

アースドラゴン 60.0 騎乗予定:大江

オジュウチョウサン 62.0 騎乗予定:石神

キタノテイオウ 60.0 騎乗予定:未定

クラウンディバイダ 60.0 騎乗予定:伴

コウユーヌレエフ 60.0 騎乗予定:森

シンキングダンサー 60.0 騎乗予定:平沢

ハルキストン 60.0 騎乗予定:中村

ヒロシゲセブン 60.0 騎乗予定:白浜

ホッコーメヴィウス 60.0 騎乗予定:黒岩

マイティウェイ 60.0 騎乗予定:上野

ラヴアンドポップ 60.0 騎乗予定:五十嵐

 

スポンサーリンク

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:出走予定馬の評価点数一覧

ここでは出走予定馬について評価点数をつけています。各馬の評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

アサクサゲンキ 60.0 騎乗予定:熊沢 7点/10点

アースドラゴン 60.0 騎乗予定:大江 0点/10点

オジュウチョウサン 62.0 騎乗予定:石神 10点/10点

キタノテイオウ 60.0 騎乗予定:未定 0点/10点

クラウンディバイダ 60.0 騎乗予定:伴 0点/10点

コウユーヌレエフ 60.0 騎乗予定:森 3.5点/10点

シンキングダンサー 60.0 騎乗予定:平沢 3.5点/10点

ハルキストン 60.0 騎乗予定:中村 0点/10点

ヒロシゲセブン 60.0 騎乗予定:白浜 5点/10点

ホッコーメヴィウス 60.0 騎乗予定:黒岩 4.5点/10点

マイティウェイ 60.0 騎乗予定:上野 0点/10点

ラヴアンドポップ 60.0 騎乗予定:五十嵐 3点/10点

 

スポンサーリンク

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:注目馬

ここではこのレースに出走する注目馬について紹介します。

 

オジュウチョウサン

前走は6連覇がかかったレースでしたが、5着に敗れ、レース後に左第1指骨の剥離骨折が判明しました。骨片除去の手術を終え、9月7日に帰厩しました。

1週前の追い切りではWコースで、5ハロン68秒9、ラスト1ハロンは11秒8とマークしました。ひと追いごとに態勢が整ってきていると感じます。調教中は徐々にピッチを上げることにより、気合も乗りも顕著増してきています。馬体の張りも目立っており、心身の衰えは感じさせません。また、主戦の石神騎手や和田調教師も次のように話しています。

「石神騎手:しまいの反応を確認しました。週ごとに良くなっているし、障害練習でも上手に飛んでいます。当週は前日にスクーリング(馬場見せ)をして本番を迎える予定です。」

「和田調教師:思った通りの調教ができました。息遣いも良化しているし、仕上がり自体は悪くありません。ピリっとした感じもあるし、競馬に行けばしっかりと走ってくれると思います。」

 

スポンサーリンク

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:コース傾向

ここでは東京ハイジャンプで使われるコースの傾向をお伝えします。

 

東京・芝3110m

2コーナーの出口付近からのスタートになります。

通常の障害競走では高さ130センチの竹柵2基と140センチのいけ垣が使用されます。しかし、このコースでは、竹柵といけ垣の高さが150センチに変更して行われます。また、スタンド前のホームストレッチ半ばに、可動式の障害が設置されることにより、長い直線でも最後まで目が離せない争いとなります。

スタミナはもちろんのこと、この特別な障害の高さへの対応力も求められますが、このレースへの出走(完走)経験も非常に重要な参考材料となります。

 

東京ハイジャンプ2021_勝ち馬予想と出走馬の評価点数:まとめ

オジュウチョウサンが春の中山グランドジャンプ以来、半年ぶりの復帰戦を迎えます。

調教でもしっかり動けていますが、不安がないとはいえません。それでも先週にマカヒキが復活し勝利を収めたように、ここでも復活劇が続くかもしれません。

通常の障害レースとは少し高さも違いますが、どの馬も騎手もケガなくレースを終えて欲しいと思います。みんなで応援しましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました