菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察

G1
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「菊花賞」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。

菊花賞は、10月24日(日)阪神競馬場で行われるG1・芝3000mのレースです。例年は京都競馬場での開催となりますが、今年は阪神競馬場での開催となります。阪神3000mと言えば、阪神大賞典(G2)と同じ距離とコースを使用しますので、下記で特徴などもお伝えできればと思います。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

 

固めの決着が予想される富士ステークスの予想はこちらからどうぞ!↓

富士ステークス2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「富士ステークス」勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。 富士ステークスは、10月23日(土)東京競馬場で行われるG2・芝1600mのレースです。2014年からこのレースの勝ち馬には、11月に行われるマイルチャンピオンシップへの優先出走権が与えられます。 皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察
    1. 勝ち馬予想と考察
      1. 本命はヴァイスメテオール
      2. 対抗はステラヴェローチェ
      3. 単穴はオーソクレース
      4. 連下はアサマノイタズラ
  2. 菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧
  3. 菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察
    1. アサマノイタズラ 57.0 騎乗予定:田辺
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    2. アリーヴォ 57.0 騎乗予定:デムーロ
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    3. ヴァイスメテオール 57.0 騎乗予定:丸山
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    4. ヴィクティファルス 57.0 騎乗予定:池添
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    5. ヴェローチェオロ 57.0 騎乗予定:未定
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    6. エアサージュ 57.0 騎乗予定:藤岡佑
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    7. オーソクレース 57.0 騎乗予定:ルメール
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    8. グラティアス 57.0 騎乗予定:松山
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    9. シュヴァリエローズ 57.0 騎乗予定:未定
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    10. ステラヴェローチェ 57.0 騎乗予定:吉田隼
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    11. セファーラジエル 57.0 騎乗予定:鮫島
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    12. タイトルホルダー 57.0 騎乗予定:横山武
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    13. ディヴァインラヴ 55.0 騎乗予定:福永
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    14. ディープモンスター 57.0 騎乗予定:武豊
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    15. テーオーロイヤル 57.0 騎乗予定:菱田(除外対象)
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    16. トーホウバロン 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    17. ノースザワールド 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    18. ハギノピリナ 55.0 騎乗予定:藤懸(除外対象)
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    19. マカオンドール 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    20. モンテディオ 57.0 騎乗予定:横山和
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    21. レッドジェネシス 57.0 騎乗予定:川田
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    22. ロードトゥフェイム 57.0 騎乗予定:丹内
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    23. ワイドエンペラー 57.0 騎乗予定:未定
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    24. ワールドリバイバル 57.0 騎乗予定:津村
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
  4. 菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:コース傾向
      1. 阪神・芝3000m(内回り)
  5. 菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りなりました。各出走予定馬や考察、評価点数はこの後に記載しています。

勝ち馬予想と考察

◎(本命):ヴァイスメテオール

〇(対抗):ステラヴェローチェ

▲(単穴):オーソクレース

△(連下):アサマノイタズラ

 

本命はヴァイスメテオール

前走のラジオNIKKEI賞は完璧と言える内容だったと感じます。スタート後は中団待機から3コーナー過ぎから徐々に進出し、最終コーナーでは馬群を割るように直線に入りました。直線では並ばれることもなく鋭く伸びて突き抜けました。最後は流すほど余裕のある内容でした。キャリアは少ないものの、レースの度に肉体面の上積みがありますし、操縦性も向上してきたように感じます。菊花賞へはぶっつけ本番になりますが、じっくりと時間をかけて調整されています。中間調教の気配も申し分ないと判断できました。スタミナ面では1勝クラス時に不良馬場で快勝し、スタミナがあることも確認できました。3000mでもリズム良く立ち回り、体力を温存できれば十分勝ち馬になれると思います。また、母父であるキングヘイローの血は、ピクシーナイトやディープボンド、メイショウムラクモでも活躍しており、この馬でも開花していくと感じています。

対抗はステラヴェローチェ

前走の神戸新聞は不良馬場でしたが、豊富なスタミナとパワーを示して勝ち馬となりました。皐月賞やダービーでも3着に好走していますので、この2戦の勝ち馬が不在のレースであれば実力上位は間違いないでしょう。過去に不良馬場のサウジアラビアRCを圧勝していますので、道悪やタフな展開にはトコトン強い血統だと思います。バゴ産駒ということもありますので、条件がさらに悪くなれば信頼度は増すでしょう。高速馬場でも対応できそうですが、不安材料は前で引っ張る競馬がこの距離で持ちかどうかでしょうか。

単穴はオーソクレース

休み明けのレースだったセントライト記念は3着でした。前走時はあまり上積みはなさそうに見えましたが、一度使った効果もあり、この中間調教では前走にはなかった上積みを感じました。2走前のG1は好位で進めていますし、母系の血統からもスタミナは十分あると感じます。パンパンの良馬場でレースができるような条件になれば、この馬の瞬発力がより生きるでしょう。

連下はアサマノイタズラ

これまでは中団で控える形が多かったですが、前走のセントライト記念でこれまでとは違った脚質が見られました。後ろから追い込む脚をこのレースでも引き出すことができれば、本番でも面白い存在になると思います。スプリングSでも2着に好走しているので、実力は備えていると思っておいた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧

今年の菊花賞24頭が登録しています。最初は20頭の登録でしたが、アサマノイタズラ、ディヴァインラヴ、テーオーロイヤル、ハギノピリナの4頭が追加登録となりました。24頭でも20頭でも出走できるのは18頭までとなります。

登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

アサマノイタズラ 57.0 騎乗予定:田辺

アリーヴォ 57.0 騎乗予定:デムーロ

ヴァイスメテオール 57.0 騎乗予定:丸山

ヴィクティファルス 57.0 騎乗予定:池添

ヴェローチェオロ 57.0 騎乗予定:未定

エアサージュ 57.0 騎乗予定:藤岡佑

オーソクレース 57.0 騎乗予定:ルメール

グラティアス 57.0 騎乗予定:松山

シュヴァリエローズ 57.0 騎乗予定:未定

ステラヴェローチェ 57.0 騎乗予定:吉田隼

セファーラジエル 57.0 騎乗予定:鮫島

タイトルホルダー 57.0 騎乗予定:横山

ディヴァインラヴ 55.0 騎乗予定:福永

ディープモンスター 57.0 騎乗予定:武豊

テーオーロイヤル 57.0 騎乗予定:菱田(除外対象)

トーホウバロン 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

ノースザワールド 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

ハギノピリナ 55.0 騎乗予定:藤懸(除外対象)

マカオンドール 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

モンテディオ 57.0 騎乗予定:横山和

レッドジェネシス 57.0 騎乗予定:川田

ロードトゥフェイム 57.0 騎乗予定:丹内

ワイドエンペラー 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

ワールドリバイバル 57.0 騎乗予定:津村

 

スポンサーリンク

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬追い切りの考察

ここでは出走予定している注目馬について考察していきます。各登録馬の考察と評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

アサマノイタズラ 57.0 騎乗予定:田辺

5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.0-52.8-37.8-11.8(馬なり)
ドゥラモンド(強め)の内0.9秒追走・同入

前走

前走はまさか勝ち切るとは思いませんでした。他の馬との位置取り競争に付き合わず、マイペースで走れたのが結果に繋がったと思います。鞍上の合図にも反応が良かったですが、まだ余裕がある感じでの出走にも見えました。

中間調教

1週前追い切りでは、併走するパートナーに手ごたえで見劣ったものの、力感十分のフットワークでラスト1ハロン11秒6をマークしていましたので、順調だと思います。

厩舎情報

【2週前情報】

前走は展開も向いたけどうまく脚を溜める競馬で結果を出してくれた。レース後の疲れは順調に回復してきたし、2週前の追い切りで気持ちも入ってくるでしょう。道中の折り合いはつくけど、さすがに3000mとなると距離が長い気もする。乗り方なども含めいろいろと考えていきたいですね。

【1週前情報】

前を全部とらえるとは…。正直の能力の高さには驚かされた部分があります。確かに展開が向いた部分もあるけど、うまく脚をためる競馬で結果を出してくれた。新たな一面をだしてくれたと思います。使った分、調教の動きは良くなっている。この距離は長い気がするけど、ゲートをでたなりの位置で色気を持たずに乗れば対応してくれそう。混戦の顔ぶれだし、どの馬にもチャンスがあると思います。3000mの距離に関しては、本質的には長い気がする。

思っていた以上に反応が良かった。そこは自身が騎乗した追い切りでは今までで一番と思うぐらい。すごくいい感じです。休み明けの前回は馬体も緩んでいたけど、使ったことで動きが素軽くなった。気相乗りも良くなっている。色々と気を遣うところもあった春とは違い、しっかりと乗れています。

 

アリーヴォ 57.0 騎乗予定:デムーロ

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.1-39.2-24.9-12.3(馬なり)

前走

悪条件の中でリズムよく走れていました。最後まで集中もきれず走り切れたのは非常に良かったと思います。

中間調教

1週前追い切りはCWコースで併せ馬を行いました。デムーロ騎手がまたがったことも好印象です。道中は2馬身ほど追走するハンデがありましたが、労せずあっさりと1馬身先着しました。

好追い切りタイム①:6日・栗東・C・良・6ハロン(80.8ー64.6ー49.3ー36.2ー11.8、一杯に追う)

好追い切りタイム②:13日・栗東・C・良・6ハロン(79.5ー64.1ー49.6ー36.9ー12.2、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

使いつつよくなるタイプ。この距離は未知ですが折り合いには心配がないので大丈夫だと思います。

【1週前情報】

1週前は2週前とより動きが良かったですね。いい追い切りができたし、順調に来ています。本来、雨は良くない馬ですが、前走はジョッキーがしっかり勝たせてくれました。理想は良馬場だと思います。距離はやってみないとわかりませんが、ひっかかる馬ではないですし、折り合いは大丈夫だと思います。

 

ヴァイスメテオール 57.0 騎乗予定:丸山

4.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.4-53.9-38.9-12.0(馬なり)
レッドラルジュ(馬なり)の外0.3秒先行・同入

前走

イメージ通りに乗れたのではないでしょうか。前走以前はゲートをうまく出ていけなかったですが、いいポジションでレースを運べたと思います。行きたがる面も少しありましたが、我慢させたあとはリズムよく運べ、手ごたえも楽な感じでした。

中間調教

1週前追い切りは、G1馬のステルヴィオを相手に長めから消化していました。重心をしっかりと沈めて走る姿は推進力十分の内容でした。

好追い切りタイム①:13日・美浦・南W・稍・7ハロン(98.3ー66.9ー52.2ー37.6ー11.7、G前仕掛け)

厩舎情報

前走は馬場や展開も向いたけど、よく我慢して活発に走ってくれました。その後は夏休みを挟み、帰厩後も順調です。この距離ではジョッキーとのコンタクトが大事になると思いますし、追い切りは丸山騎手に乗ってもらっています。3000mは未知だけど、いい状態で使ってあげたいですね。

 

ヴィクティファルス 57.0 騎乗予定:池添

1点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.5-38.5-24.2-11.9(末強め)

前走

折り合いはついて、内々で我慢の競馬でした。追い出しの合図には良く反応しましたが、追い出したいタイミングで出せなかったこともあり、これが着順の差にも影響したと思います。

中間調教

1週前追い切りは池添騎手がまたがりました。単走でびっしり追われていましたが、やや重心が高い感じがしました。機敏なフットワークは良かったと思います。

好追い切りタイム①:前週・栗東・坂路・良・4ハロン(53.9ー38.4ー12.1、馬なり)

好追い切りタイム②:13日・栗東・C・良・6ハロン(79.8ー64.7ー50.8ー37.7ー12.4、一杯に追う)

厩舎情報

【2週前情報】

前走は展開も向いたし、他の馬ほど稍重の馬場を苦にしなかったので結果を出せました。馬体面では大きな変化がないけど、しっかりとしてきています。ぶっつけ本番の調整過程になるぶん、長い時間をかけて調整することができています。阪神への輸送や3000mの距離は未知数だけど、良い状態で使ってあげたいと思います。

【1週前情報】

前走はスローペースで包まれてしまい、脚を余す形になってしまいましたが、折り合い自体は問題なく、決して悲観する内容ではありませんでした。1週前追い切りは行きっぷりが良く、時計も速かったですね。精神的にドッシリしてきて、動きも良化。前走時よりも明らかに雰囲気がいいですね。

 

ヴェローチェオロ 57.0 騎乗予定:未定

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-38.7-25.3-12.6(馬なり)
ステラヴェローチェ(馬なり)に0.9秒先行・0.2秒先着

前走

スタート後は挟まれて、後ろからの競馬になりました。序盤はじっくりと構え、向こう正面でペースが落ち着いたところで動き出しました。途中で息も入ったので、最後までしっかり走れていました。

中間調教

特になし。

厩舎情報

前走は最後までしっかり動けていたし、長くいい脚を使ってきっちり決めてくれた。中1週になるけど、ダメージはない。スタミナはあるし、心肺能力の高さは父譲りなんでしょう。管理したゴールドシップ産駒だし、頑張ってほしいね。

 

エアサージュ 57.0 騎乗予定:藤岡佑

1.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.9-40.2-25.6-12.2(馬なり)

前走

押し出されるように先頭になりました。1コーナーあたりでリラックスしているように見え、自分のペースで走れているようでした。前走の様子を見る限りはまだ伸びしろもあると思います。

中間調教

1週前追い切りは単走でした。ラストに気合をつけられた程度でしたが、動きが柔らかく、跳びが大きいフットワークを披露していました。

好追い切りタイム①:前週・札幌・ダ・稍・5ハロン(69.9ー54.3ー39.7ー11.7、強め)

厩舎情報

前走は滞在競馬で絞り切れず明らかに太目残りでしたが、その状態で勝ってしまうのですから、やはり能力は高いですね。今回は馬体重が大幅に減るでしょうが、絞れてのことですので全く心配はいりません。動きに気が入っています。跳びが大きいので、窮屈な競馬は避けて、自分のペースで運びたいですね。

 

オーソクレース 57.0 騎乗予定:ルメール

5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 85.2-69.2-53.8-38.7-11.8(馬なり)
グランオフィシエ(馬なり)の内0.9秒追走・同入

前走

休み明けのレースということもあり、反応面が少々鈍かった印象です。それでもレース内容自体は悪くなかったと思います。

中間調教

前走時は気持ちが入り切らなかった印象でしたが、今回の1週前追い切りは1度使われた効果もあり、前進気勢がかなりアップしたように感じます。自らハミをとって力強い走りを見せていました。当週でさらに良くなりそうなイメージです。

好追い切りタイム①:13日・美浦・南W・稍・6ハロン(84.6ー68.5ー53.3ー38.7ー12.5、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

久々の前走はなんとか無事に送り出せれば…という感じでしたが、春の実績馬と走ってまずまずの内容でした。この中間はノーザンファーム天栄に放牧に出して、多少の疲労感があったけど、日を追うごとに回復して7日に帰厩。週末に 15-15で乗って2週前の追い切りに備えたい。上積みもあるでしょうし、春に走れなかったぶん、最後の1冠で頑張ってほしいという気持ちです。

【1週前情報】

前走は長期休養明けで、まずは無事に復帰させるという面もあyって様子を見ながらの調整でしたが、能力を再確認できました。1回使って、今回の方が調整は楽。1週前の追い切りもしっかり走れて、ジョッキーは「いい感じ」と。距離延長は心配していないし、レースも上手。春の分も最後の1冠をとりたいという思いです。

 

グラティアス 57.0 騎乗予定:松山

1点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 84.5-67.5-53.0-38.0-12.2(馬なり)

前走

スタートもよく、道中も折り合いがついていました。しかし、直線ではこの馬の伸びが見られませんでした。明らかな原因はないように思います。

中間調教

1週前追い切りは単走でもテンからラストまで集中できていました。しっかりと折り合いもつき、ラストの脚さばきはリズムも良かったので、確実に良化傾向と言えます。

好追い切りタイム①:6日・美浦・南W・良・6ハロン(83.7ー67.7ー53.5ー38.5ー12.4、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

前走は目つきを見ても、気持ちが入りすぎていました。この中間は在厩で調整。6日は馬の後ろに入れて穏やかに走っていたし、落ち着きが出ている。状態は良いし、レースでも我慢して走れれば。

【1週前情報】

前走は他馬と接触してかかりました、競馬に行くと前向きになりすぎるので、1週前は単走でさらっと。引き続き状態はいいです、心肺機能が優れているので距離は全然気にしていません。中間は前に馬を置いて息を入れる調教もしています。実戦でもそういう走りができれば変わってくると思います。

 

シュヴァリエローズ 57.0 騎乗予定:未定

0点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

スタート後、中団に構えてレースを進めました。少し反応が鈍い感じもしましたが、ゴール前で鋭く伸びていたのはこの馬ならではでしょう。

中間調教

特になし。

厩舎情報

特になし。

 

ステラヴェローチェ 57.0 騎乗予定:吉田隼

9点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.3-38.1-24.7-12.6(馬なり)
ヴェローチェオロ(馬なり)を0.9秒追走・0.2秒遅れ

前走

不良馬場でしたので、最後はバテる一面もありましたが、それでも他よりは手ごたえが良かったです。まだ緩さはあるように感じますが、ゲートなどが良くなればさらに成長しそうです。

中間調教

1週前追い切りは併走馬を追走するハンデがありましたが、直線を向くと一気に突き放していました。ここでもトップクラスの脚力を猛アピールできたと思います。

好追い切りタイム①:前週・栗東・坂路・良・4ハロン(50.2ー36.8ー12.0、1F追う)

好追い切りタイム②:14日・栗東・C・良・6ハロン(82.2ー65.5ー51.1ー37.2ー11.8、一杯に追う)

厩舎情報

【2週前情報】

7日の時計はあんなもので良い。3000mの長丁場だから、精神的な部分を優先して挑戦していきたい。調子の方は何の問題もありません。

【1週前情報】

前走は他馬と同じで重い馬場に苦しんだけど、血統的に道悪が上手だったということでしょう。その中で差し切ってくれて力のあるところを見せてくれました。ポテンシャルは高いし、成長力はあるし、理想的な筋肉もついてきた。今回は少し体が減って仕上がってくると思うし、ちょうどいいと思います。

神戸新聞杯は馬場的なこともあったかもしれないけど、差し切ってくれて力のあるところを見せてくれた。1週前の追い切りは「しまいに気合をいれて」という指示。前走を使った後でこれだけ動けるのだから順調だし、ある程度負荷をかけることもできた。状態を確認するという意味でも、よかったと思う。

折り合いと最後の反応を確かめましたが問題なかったですし、息遣いも悪くなかった。調教では子供っぽくて集中力のなさを感じるところがありますが、競馬ではしっかり走れています。うまく力まずに走れれば。

 

セファーラジエル 57.0 騎乗予定:鮫島

0.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.5-66.1-50.9-36.3-11.5(稍一杯)

前走

緩い馬場は得意ではない印象でした。3コーナーあたりからのめっていましたが、折り合いはついていたと思います。

中間調教

1週前追い切りは、落ち着いた走りでした。ゴール前は馬場が深かったので、終いの反応はもう一息欲しかったです。

厩舎情報

【2週前情報】

前走は折り合いというより、不良馬場を気にして進んでいきませんでした。参考外でいいでしょう。引き続き体調はいいし、良馬場でやりたいですね。

【1週前情報】

1週前追い切りは馬場が悪かった分、時計がかかったけれど、しっかり動けていました。前走は馬場につきますね。成長して春よりも折り合いがつくようになっていますし、あとは距離をこなしてくれれば、

 

タイトルホルダー 57.0 騎乗予定:横山武

2.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 52.6-38.6-25.1-12.7(馬なり)
ダルムシュタット(馬なり)を1.2秒追走・同入

前走

前走はかなり厳しいマークでのレースでした。展開も厳しくなり、直線では進路がなく沈んでいった印象でした。

中間調教

1週前追い切りはWコースの終始外目めを回っていました。最後まで脚取りは乱れず走れており、内に秘めたスタミナを感じさせる内容でした。

好追い切りタイム①:前週・美浦・南W・良・5ハロン(68.5ー52.4ー37.1ー10.9、直線仕掛け)

厩舎情報

【2週前情報】

前走は苦しい形になったけど、これも競馬なので仕方ない。幸い、馬は無事でしたし、よく言えば折り合いに専念できたと思います。7日は足慣らし程度。先週まで気張っていた面が抜けてきて、気合を入れずにやれました。体作りはできているし、1周前の追い切りはしっかりとやります。

【1週前情報】

前走はスムーズではなかった。それでも春先より高ぶる面が抜けて我慢できていたし、精神的に成長しています。長距離を意識して、1週前は長めから、折り合っていたし、前週よりも競馬に向けてkスイッチが入ってきました。輸送は初めてだけど、以前よりドッシリしているので大丈夫だと思います。

 

ディヴァインラヴ 55.0 騎乗予定:福永

2.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.9-66.6-51.9-38.6-12.3(馬なり)
キタサンシンドー(馬なり)の外0.3秒先行・0.1秒先着

前走

レース中にいらつく一面はあり、直線でふらつくなどの若さもありましたが、良い勝ち方だったと感じます。

中間調教

1週前追い切りは3頭併せの真ん中で最先着を果たしました。フットワークが軽快で、余裕の手ごたえだったのが印象的でした。

厩舎情報

離して勝つタイプではありませんが、心肺機能の高さが長所。それに、長丁場のペースでも上手に走れ、操縦性に優れています。調子の波が少なくて、在厩で乗り込んでいますが、いい意味で変わらず好調です。ベストの距離とはいえなくても、守備範囲としてこなせればと思います。

 

ディープモンスター 57.0 騎乗予定:武豊

1.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.4-66.4-51.3-37.4-11.3(直強め)
ソーグリッタリング(一杯)の内0.9秒追走・0.2秒先着

前走

前走はペースが遅く、早めに動いたことが裏目にでました。最後は手ごたえもなく、伸びを欠いていました。

中間調教

1週前追い切りは2馬身強の追走でした。馬体を内へ併せ、僅差の先着でしたが、手ごたえは優勢で伸び伸びとしたフォームで走れていました。

好追い切りタイム①:29日・栗東・P・良・6ハロン(82.7ー65.1ー50.7ー37.5ー11.2、強め)

厩舎情報

【2週前情報】

馬体の回復に少し時間がかかったので、神戸新聞杯は使いませんでしたが、時間があるのでじっくりと体をつくれます。体調の維持に努めていますし、出走できる状態には行けると思います。

【1週前情報】

1週前追い切りは少し力みがあるのか前半は折り合いに苦労したけど、ムチが入ると動けていたし、時計はでていました。折り合いがつけば仕掛けただけで走るのですが…。本来はスタミナがある馬ですし、距離はこなせると思いますが、休み明けでこの距離は難しいですね。いかに力まず走れるかでしょう。

 

テーオーロイヤル 57.0 騎乗予定:菱田(除外対象)

0点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

前走はスタート後に中団に構えました。他馬の影響もあり、少し位置を下げる面もありましたが、最後は内から鋭く伸びて差し切りました。

中間調教

特になし。

厩舎情報

特になし。

 

トーホウバロン 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

0点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

中団で構えましたが、馬群を割ることはできず流れ込むような形でゴールしました。

中間調教

1週前追い切りは3頭併せの真ん中で大差の遅れでした。鋭さもなく、追い比べでも見劣りましたが、調教掛けはしないタイプなので、そこまで心配はいらないと思います。

厩舎情報

特になし。

 

ノースザワールド 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

0点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

前走は小頭数のレースでした。ペースが遅く、瞬発力勝負になりましたが、最後まで差をつめることはできませんでした。それでもラストは詰めていたと思います。

中間調教

1週前追い切りは自然体でしまいをサラっと伸ばす程度でした。引き続き状態は安定していると思います。

厩舎情報

前走後は変わりなくいい意味で平行線です。相手は強くなるので、うまく折り合ってしまいを生かす競馬ができれば。距離が距離だけに折り合いがカギになりますね。

 

ハギノピリナ 55.0 騎乗予定:藤懸(除外対象)

1.5点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

後方からのレースになりましたが、最後は外から差を詰めていました。

中間調教

1週前追い切りは追ってからの反応が良く、ぐっとひと伸びしていました。中間調教も藤懸騎手がまたがり、コース併用で調整されています。

厩舎情報

状態はすこぶるいいし、いうことないですね。スタミナもありそうです。除外対象で出走できればラッキーですが、できなければ兵庫特別を予定しています。

 

マカオンドール 57.0 騎乗予定:未定(除外対象)

0点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

レース中に集中力が切れてしまう一面がありますので、決め手を使うタイミングによっては大きな違いがでそうな印象です。

中間調教

1週前追い切りは浜中騎手の合図に俊敏な反応を見せていました。ラストも鋭く駆け抜けていました。

厩舎情報

特になし。

 

モンテディオ 57.0 騎乗予定:横山和

5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.4-67.0-51.6-37.2-12.1(馬なり)
リュヌルージュ(馬なり)の内0.8秒追走・クビ遅れ

前走

スタートを決めて、良い位置で競馬ができました。緩い馬場は少し走りにくそうな印象でしたが、まだ体が使い切れていない中で良く走っていた印象です。先行勢の中でも唯一粘っていた1頭ですので、距離は延びても対応できそうです。

中間調教

1週前追い切りは単走でした。馬なりではありましたが、伸び伸びで走れていた印象を受けました。

厩舎情報

【2週前情報】

前走の神戸新聞杯は頑張りましたし、その後も順調。渋った馬場がよかったのかもしれないけど、スタミナはあります。

【1週前情報】

神戸新聞杯で権利をとれてよかった。不良馬場だったので、前走後の前半は疲れをとることに重点を置きました。2週前に速い時計を出して、1週前追い切りもメニュー通りこなしてくれました。本格化は来年でしょうが、春に比べて大人になっているし、操縦性がいいので長い距離は大丈夫だと思います。

 

レッドジェネシス 57.0 騎乗予定:川田

3.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 86.2-69.8-54.2-39.7-12.0(馬なり)

前走

緩い馬場が合うような走り方をしています。リズム良く走れたこともあり、最後も良く伸びていました。

中間調教

1週前追い切りは2馬身後方から内へ併せていました。手ごたえはイマイチでしたが、鋭い伸び脚はしっかりと発揮できていました。

好追い切りタイム①:前週・栗東・芝・良・6ハロン(81.8ー64.8ー49.9ー36.3ー11.9、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

前走は馬場が悪かったけど、そのダメージはないし、すぐに乗り出せました。新馬の時から徐々に成長している。スタミナがあるし、折り合いもつくので距離は伸びた方がいいと思います。

【1週前情報】

神戸新聞杯のあともすぐに乗り出せたし、疲れはないです、不良馬場は得意ではないけど、他が苦にした中で頑張ってくれて、能力は感じました。前走は休み明けで目いっぱいの仕上げではなかったし、使った上積みはあるでしょう。距離は延びた方がいいし、長くいい脚を使うので阪神の菊花賞はいいと思います。

 

ロードトゥフェイム 57.0 騎乗予定:丹内

1.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 85.6-68.7-53.4-38.5-11.8(馬なり)
ラニュイエトワール(直強め)の外0.9秒先行・0.1秒先着

前走

前走よりも状態が良く、距離延長もプラスに働きました。直線でも脚をしっかり使えていたので、前走ぐらいの距離なら十分こなせると思います。

中間調教

特になし。

好追い切りタイム①:前週・美浦・南W・良・5ハロン(69.6ー54.3ー38.9ー11.4、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

痛いところがなくなり、しっかりとしてきました、左側のチークピースとリングハミの効果でバランスが良くなっています。長い距離はいいし、雨でも降ってスタミナを生かせれば。

【1週前情報】

左回りはスムーズではないので、春は右回りにこだわりました。左回りの13日は若い馬に付き合った程度。右回りの17日に最終追いきりのつもりでやります。春よりしっかりして、ソエがなくなり、カイバも食べています。前走の勝ちっぷりも良かったし、距離延長も全然問題ないです。

 

ワイドエンペラー 57.0 騎乗予定:未定

1.5点/10点

【考察内容】

未出走のため、最終追い切りは割愛

前走

緩い馬場が合うイメージを持ちました。最後に脚も使えているのでリズムよく走れれば、もっと距離が伸びても対応できると感じます。

中間調教

1週前追い切りは前を走る2頭を目標に進めていました。残り1ハロンすぎで追い出されると、力強く脚を伸ばしていました。

厩舎情報

前走は道悪でタフな競馬になったが、非常にいい勝ち方だった。時計もあの馬場を考えれば速かった。距離は延びても対応できそうだし、引き続き体調も良さそうなので出られば楽しみ。

 

ワールドリバイバル 57.0 騎乗予定:津村

0.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.7-40.2-25.6-12.4(馬なり)

前走

気持ちよく走らせようと1コーナーまでに動いていったのが影響し、最後は一杯になっていました。小回りコースの方が合うイメージです。

中間調教

1週前追い切りは単走でした。余裕を持たせた内容でしたが、素軽いフットワークで気配は上々だったと感じます。

好追い切りタイム①:前週・栗東・C・良・6ハロン(80.7ー64.9ー50.5ー37.1ー12.2、強め)

好追い切りタイム②:13日・栗東・C・良・6ハロン(81.5ー65.6ー50.6ー37.6ー11.5、馬なり)

厩舎情報

【2週前情報】

前走は大外枠で厳しかった。体調はキープできている。この馬の形は決まっているので、ここもマイペースで行けるかどうかだね。

【1週前情報】

前走は大外枠で、展開的にも厳しかったですね。その後も時に変わりなく順調にきています。1週前追い切りもそこそこやってもらって動きはよかったですし、時計的にも十分でした。大型で跳びが大きく、平均的に脚を使うタイプ。うまく折り合って、前でマイペースで運びたいですね。

 

 

スポンサーリンク

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:コース傾向

ここでは菊花賞で使われるコースの傾向をお伝えします。

 

阪神・芝3000m(内回り)

2コーナーすぎのバックストレッチに入るあたりからスタートします。距離的には内回りコースを1周半走るコースレイアウトになるため、1コーナーと2コーナー以外は、2回通ることになります。

1コーナーからバックストレッチまではほぼ平坦な勾配です。しかし、3コーナーの途中からホームストレッチのゴール前までは緩やかな下っているため、スピードに乗ったまま最後の直線を迎えることになります。

ホームストレッチは約350mですが、ゴール前には急勾配な上り坂があります。この最後の坂を乗り切ることを考えると、3000m以上走り切れるスタミナは不可欠になります。加えて、道中をしっかり折り合える落ち着いた気性面も必要です。阪神競馬場ならではゴール前の急坂でも止まることのない末脚や馬力の馬が毎年好走しています。

 

スポンサーリンク

菊花賞2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

皐月賞はエフフォーリア、ダービーはシャフリヤールが勝ち馬となりました。

しかしながら、今年の菊花賞はこの2頭の登録予定はありません。となると、最後の1冠はどの馬にもチャンスがあるように感じます。しかも今年は阪神競馬場での開催となりますので、例年とコース傾向も異なります。普段から中距離以上の出走で実績のある馬を狙っていきたいですね!

ただ…この時期は雨も降るので、馬場が悪いとさらにスタミナや馬力が必要になりますので、このあたりも要注意化と思います。

最後のクラシック1冠は大注目の1戦となりそうですね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました