ダノンギャラクシー・レイフル・エピファニー・ライラックの新馬戦へ向けた入厩情報

競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では、2021年「新馬戦」出走予定馬の情報を記載しています。

今回対象となる新馬は、美浦トレセン所属のダノンギャラクシー・レイフル・エピファニー・ライラックの4頭です。

皆さまの考察の参考になれば幸いです。

 

新馬戦も注目ですが、10月9日は2歳馬重賞も行われます。気になる予想はコチラ↓

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「サウジアラビアRC」の勝ち馬予想と出走予定馬の追い切り考察について記載しています。 サウジアラビアRCは、10月9日(土)東京競馬場で行われるG3・芝1600mのレースです。このレースはG1馬を立て続けに輩出してきた注目の2歳重賞となります。 今後の活躍を占う1戦となることはほぼ間違いないので注目したいレースです。

 

 

2歳馬重賞の翌日は、G1前哨戦となる毎日王冠と京都大賞典もあります。妙味がありそうな馬もいますので、ぜひ予想をチェックしてみてください。気になる予想はコチラから↓

毎日王冠2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「毎日王冠」の勝ち馬予想と出走予定馬の追い切り考察について記載しています。 毎日王冠は、10月10日(日)東京競馬場で行われるG2・芝1800mのレースです。毎日王冠は毎年、秋の大舞台を見据えてG1制覇を狙う強豪たちが集うレースになっています。 天皇賞やマイルCSを目標にしている馬も多く、その前哨戦として参加する馬もいるでしょう。
京都大賞典2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「京都大賞典」の勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察について記載しています。 京都大賞典は、10月10日(日)阪神競馬場で行われるG2・芝2400mのレースです。京都競馬場が改修工事ため、今年は阪神競馬場での開催なります。 秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念などの中長距離のG1を占う重要なレースだけに、毎年見逃せない一戦となっています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダノンギャラクシー・レイフル・エピファニー・ライラックの新馬戦へ向けた入厩情報:各馬の入厩情報

ここでは、各馬の入厩情報をお伝えします。どの馬も良血ばかりで非常に期待できる仕上がりですので、軸としては問題なく推せる逸材だと思います。

 

ダノンギャラクシー

美浦トレセン:国枝厩舎所属の牡馬

父:ディープインパンクト

母:ベネンシアドール

母父:キングカメハメハ

2019年のセレクトセールで、当歳2億9000万で落札されました逸材馬です。全姉にデニムアンドルビーがおり、フローラSなど重賞2勝、ジャパンカップ2着など活躍した実績があります。

当馬は7月29日にゲート試験合格しました。その後は、福島県のノーザンファーム天栄で調整し、9月29日に帰厩しています。初陣は10月31日の東京芝1800mを川田騎手で予定しており、順調に乗り込みを重ねています。

国枝調教師からは、「入厩当初よりも力強くなった感じ。馬体重は474 kg。 手脚が長くてすらっとした感じで、長めの距離でいい。」と話しています。

 

レイフル

美浦トレセン:岩戸厩舎所属の牝馬

父:ドゥラメント

母:シェルズレイ

母父:クロフネ

半姉に今春G1大阪杯を制したレイパパレがいます。ちなみにレイパパレの父もディープインパクトです。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込みを行っており、9月18日に再入厩しました。同月の29日にはウッドコースで5ハロン70秒3、ラスト1ハロン12秒2を計時しました。

調教助手曰く、「まだ少し非力な感じだけどフットワークの質は良い。現状は軽い芝が合いそう。そんなに馬格があるほうではないし、上手くコンディションを整えていきたいですね。」と話す。

馬体重は420 ~430 kgになりそうで、 デビュー戦は10月10日の新潟1600m牝馬限定戦を、津村騎手で予定しています。

 

エピファニー

美浦トレセン:宮田厩舎所属の牡馬

父:エピファネイア

母:ルールブリタニア

母父:ディープインパクト

母の全姉にオークス、秋華賞を制したミッキークイーンがいます。脚元の疲れが原因で、冬場に3ヶ月ほど騎乗調教できない時期がありました。しかし、休養期間以降は順調に調教を進め、6月4日にゲート試験を合格しました。ノーザンファーム天栄で約3ヶ月充電し、帰厩後は坂路を中心に乗り込んでいます。

調教師は、「牧場にいた当初からバランスが良くて、トップラインも変わらずきています。馬体重は500~510 キロになりそうです。 脚力があり、まだまだ余裕がある中で及第点の動きを見せています。」と話しています。

10月16日の東京芝1800mにてルメール騎手でデビュー予定です。

 

ライラック

美浦トレセン:相沢厩舎所属の牝馬

父:オルフェーブル

母:ヴィーヴァブーケ

母父:キングカメハメハ

2歳上の半兄ブラックホールがいます。ブラックホールは、札幌2歳Sを勝ち、菊花賞5着をはじめクラシック三冠競走すべてに出走した実績があります。

当馬は9月17日ゲート試験をパスしました。同月30日の追い切りはウッドコースで併せ馬を行い、5ハロン69秒2、ラスト1ハロン12秒0を計時し、 3馬身の差をつけ先着しました。

調教師は、「お兄ちゃんとはタイプが違い、軽い動きをするし背中もいい。ある距離は距離はあったほうがいいと思う。」話しています。馬体重は430~440キロの想定で、デビュー戦は10月16日の東京芝1800mを予定しています。ちなみに、このレースにはコントレイルの全弟サンセットクラウドも出走を予定しています。

 

スポンサーリンク

ダノンギャラクシー・レイフル・エピファニー・ライラックの新馬戦へ向けた入厩情報:まとめ

各馬ともデビュー前ですが、調教内容や厩舎コメントからは非常に期待していることが伝わってきますし、実際に私自身も活躍すると感じています。

もしかしたら、半年後には2歳G1馬として、注目を浴びる存在になっているかもしれませんね!

今週からの新馬戦から注目していきましょう!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました