サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察

G3
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「サウジアラビアRC」の勝ち馬予想と出走予定馬の考察について記載しています。

サウジアラビアRCは、10月9日(土)東京競馬場で行われるG3・芝1600mのレースです。このレースはG1馬を立て続けに輩出してきた注目の2歳重賞となります。

今後の活躍を占う1戦となることはほぼ間違いないので注目したいレースです。

皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

当週の10月10日(日)には、毎日王冠や京都大賞典も行われます。個人的に結構絞りやすく、狙い目もいます。本記事と併せてぜひご覧ください。気になる予想はこちらからどうぞ↓

毎日王冠2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「毎日王冠」の勝ち馬予想と出走予定馬の追い切り考察について記載しています。 毎日王冠は、10月10日(日)東京競馬場で行われるG2・芝1800mのレースです。毎日王冠は毎年、秋の大舞台を見据えてG1制覇を狙う強豪たちが集うレースになっています。 天皇賞やマイルCSを目標にしている馬も多く、その前哨戦として参加する馬もいるでしょう。
京都大賞典2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察
この記事では2021年「京都大賞典」の勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察について記載しています。 京都大賞典は、10月10日(日)阪神競馬場で行われるG2・芝2400mのレースです。京都競馬場が改修工事ため、今年は阪神競馬場での開催なります。 秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念などの中長距離のG1を占う重要なレースだけに、毎年見逃せない一戦となっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りなりました。各出走予定馬や考察、評価点数はこの後に記載しています。

勝ち馬予想と考察

◎(本命):ステルナティーア

〇(対抗):コマンドライン

▲(単穴):スタニングローズ

△(連下):ロードリライアブル

 

本命はステルナティーア

デビュー戦は強烈なインパクトがありました。ハミをかけなおしながら滑らかに加速し、鞍上の合図に合わせてスッとギアチェンジができていました。そして最後の上がり3ハロンは、32秒7の脚力で楽々と突き抜けました。最後は流すほど余裕があり、それでも3馬身差の圧勝という内容でした。全兄のステルヴィオと同様に、潜在能力の高さは間違いないとみていいでしょう。前走のパフォーマンスを見る限りG1レベルの能力を持っていると感じます。2戦目での上積みも含めて、ここでは真価を問う1戦になると思います。

対抗はコマンドライン

6月の東京新馬戦で順当にデビュー勝ちを収めました。大型馬であるため、追い出されてからの加速は少し時間がかかりましたが、道中で馬込みを経験できたのは大きかったと思います。さらに、この馬込みの中でエンジンがかかってからは、力強いフォームで3馬身差をつけて突き抜けました。このレースの2、3着馬が次走以降で勝ち上がっていることも、この馬の価値をより上げる材料になっています。相変わらず馬っぷりの良さは抜群で、2戦目のパフォーマンスには要注目です。

単穴はスタニングローズ

新潟2歳Sは5着という結果でしたが、スタート直後につまずいたのが痛かったです、つまづいたことでダッシュがつかず、3コーナー時点では最後方に位置していました。そのため、外を回らされており、そのロスも大きかったと感じます。しかしながら、前半スローになった展開でしたが、ここから上がり3ハロン32秒9の脚を使い、前との差を詰めてきたのは評価できます。ここまで3戦している経験は非常に強みですし、上手く流れに乗れれば上位争いは可能と見ています。

連下はロードリライアブル

前走の野路菊Sは8着と思うような結果は残せませんでした。1コーナーあたりからかかっているように見えましたし、折り合い面で課題を残しました。連下という位置づけですが、他に候補がいないためという、ネガティブな内容で連下にしています。折り合いさえつけば前々走のように2000mでもこなせると思いますが、今は距離が少し長いのかもしれません。今回は距離を縮めてのレースとなるため、変わり目に注意したいところです。

 

スポンサーリンク

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬一覧

今年のサウジアラビアRCは8頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手の順で記載しています。

 

ウナギノボリ 55.0 騎乗予定:菅原

ガトーフレーズ 54.0 騎乗予定:デムーロ

ケッツァー 55.0 騎乗予定:柴田大

コマンドライン 55.0 騎乗予定:ルメール

スタニングローズ 54.0 騎乗予定:戸崎

ステルナティーア 54.0 騎乗予定:福永

フェスティヴボス 55.0 騎乗予定:丸山

ロードリライアブル 55.0 騎乗予定:横山武

 

 

スポンサーリンク

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:出走予定馬の考察

ここでは出走予定している注目馬について考察していきます。各登録馬の考察と評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

ウナギノボリ 55.0 騎乗予定:菅原

1.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.1-37.7-24.8-12.8(一杯)
ラキエータ(一杯)を0.1秒追走・0.2秒先着

音無調教師
「調教は動けるようになって前走より良くなっている。千六になるが、前走(千四)のジョッキー(和田竜)は「ズブくて距離が短い」と言っていた。どこまでやれるか」

前走

3~4コーナーから急に動き出しました。どこにいくのかと思いましたが、内に位置取りいい内容でレースができました。同じように走れるのなら、距離が多少伸びても問題ですし、爆発力も秘めていると思います。

中間調教

余力の併せ馬でしたが、使った後の方が雰囲気が良く見えました。動きも素軽く、順調な調教内容だと思います。

好追い切りタイム①:前週・栗東・坂路・良・4ハロン(51.4ー37.7ー12.6、一杯に追う)

厩舎情報

調教の動きから初戦はあんなに走ると思わなかった。こちらが思ってる以上に走ったし、能力はありそう。ジョッキーも言っていたように距離を長くして良い方に出れば。

 

ガトーフレーズ 54.0 騎乗予定:デムーロ

0.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 55.1-40.1-26.3-13.4(強め)
シンシアハート(馬なり)に0.3秒先行・同入

清水英調教師
「坂路で追い切ったが、時計以上に動きは良かった。スムーズに運べれば」

前走

ゲートをうまく出れていませんでした。そのため、いい場所で競馬ができず5着となりました。ペースが遅くてもしっかり走れていた印象ですし、ゲートなどが改善してくればさらに結果に繋がりそうです。

中間調教

坂路では促されないと進んでいきません。前向きさにかけるタイプだと感じますが、一週前の登坂では、併走馬に歩調を合わせて数字上の素軽さを見せていました。使いつつ、徐々に上向いてきた印象があります。

厩舎情報

特になし。

 

ケッツァー 55.0 騎乗予定:柴田大

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 85.3-68.5-53.5-39.0-11.8(馬なり)
ジャッキー(強め)の外0.8秒追走・0.2秒先着

柴田大騎手
「先週、びっしり追ったので、セーブしたが反応が良かった。前走(クローバー賞7着)は押っつけ通しで、洋芝が合わなかったのかも」

前走

特になし。

中間調教

ハードに攻めて古馬に追走先着した点は評価できます。時計や力強さも合格点が出せますし、これでテンションを維持できればさらに良いと思います。

厩舎情報

前走後には牧に出してリフレッシュ。一週前の動きはまずまず良かったです。前走は1500mでも短かった印象。東京ならまた雰囲気も違うと思うし、広いコースの1600mがマッチしてくれれば。

 

コマンドライン 55.0 騎乗予定:ルメール

9.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 83.1-66.1-51.6-37.2-11.5(馬なり)
サトノラディウス(強め)の内0.7秒追走・同入

ルメール騎手
「反応は良かったけど、少し重たかったかな。これでスイッチオンすると思う。フットワークはすごく良かったし、元気いっぱい。能力はあるから期待しています」

国枝調教師
「少し余裕はあるけど、成長が見られいい感じ。休み明けでも走れる状態。このレースでだいたい評価が定まるのでは。2歳時に賞金を加算させておきたいし、それだけの馬だから」

前走

まだまだこれからの馬だと感じました。前走は反応が遅かったですし、跳びも大きかったので呼吸の入れ方もイマイチに見えました。それでも直線は良く伸びていたと思いますし、最後は楽勝と言える位置まで伸ばせました。前走後も疲れはありませんし、上積みもあると思います。距離は2000mぐらいは余裕でこなせそうです。

中間調教

活気あるアクションでスムーズな加速をしていました。以前よりも体幹が強くなり、フォームが安定してきたようにも感じます。短期間でも成長が感じられる走りをしています。

好追い切りタイム①:前週・美浦・南W・良・5ハロン(66.5ー51.4ー37.9ー12.3、馬なり)

好追い切りタイム②:23日・美浦・南W・良・6ハロン(82.6ー66.0ー52.0ー38.3ー12.1、馬なり)

厩舎情報

エンジンがかかるのに時間がかかったけど、抜け出してからはいい感じに伸びてくれた。調教の反応は合格点。いい感じで来ているよ。10キロくらい増えての出走になると思う。大型馬なので1回使っての上がり目も期待できるでしょう。

 

スタニングローズ 54.0 騎乗予定:戸崎

5.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-38.9-25.3-12.5(馬なり)
カラフルキューブ(馬なり)にクビ先着

高野調教師
「力みすぎずしっかり走れていた。力を出せる状態。前走で脚力があるのは分かったし、レースはジョッキーに任せます」

前走

スタートでつまづいたのが痛かったです。この影響でいいポジションがとれませんでしたが、最後はいい脚を使えていました。スタートの課題さえ克服できれば、今後も期待できる1頭になりそうな気がします。

中間調教

馬場状況があまり良いとは言えない中でも調教でしたが、反応が良く、加速も十分に利いていました。スピードのキレだけでなく、パワーも兼ね備えている印象です。

好調教タイム①:前週・栗東・坂路・良・4ハロン(51.3ー37.4ー12.1、馬なり)

厩舎情報

一週前の動きは良かったですね。 調教掛けする相手に手応えで勝っていました。前走はもったいない競馬でした。 スタートでつまずいて、折り合い重視で最後方からでしたが、スローペースの中であの位置からよく追い上げたと思います初。初めての東京ですが、競馬場は問わない馬です。

 

ステルナティーア 54.0 騎乗予定:福永

6.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.0-52.7-38.1-11.5(馬なり)
ダーリントンホール(馬なり)の内0.3秒追走・同入

太田助手
「前走後にジョッキー(福永)からリクエストがありました。オンとオフがはっきりしすぎるところに気をつけて進めてます。順調です」

前走

率直に非常にレベルの高い馬だと感じました。勝つための準備もしっかりできており、初戦としては満点を出せる内容だったと思います。気性が難しい血統ですが、前走ではそれも見せることなく、将来性はかなり高いとみていいでしょう。

中間調教

長めから行きながらラストまで低い姿勢を保てていたのが好印象です。高い心肺機能と脚力を見せつけており、調教は快調そのものでした。

好調教タイム①:前週・美浦・南W・良・5ハロン(67.6ー52.8ー38.4ー11.3、馬なり)

好調教タイム②:29日・美浦・南W・良・8ハロン(113.1ー65.5ー50.5ー36.3ー11.6、馬なり)

厩舎情報

前走は上手に立ち回ってくれたし、安心して見ていられる競馬。良かったです。調教は、スピードの乗りすぎるので、その点を頭に入れながらの調整。実戦を使った分、少しハミ掛かりが敏感になっているところがあり、そこに気を付けながら調教しています。素質は高い子。この血統特有の難しさが出ないよう、うまくコントロールしていきたいですね。

 

フェスティヴボス 55.0 騎乗予定:丸山

0点/10点

【考察内容】

現時点では情報なし。

前走

前走はまだ体が緩い仕上がりでした。ハミにぶら下がるような一面があり、スタート後の1歩目が思うようにでていませんでした。体がもう少し起きれくればこの状況も変わると思います。体がしっかりしてくれば、変わってくるかもしれません。

中間調教

僚馬に煽られていましたが、もともと調教では動かないタイプの馬です。それでも負荷はしっかりかけてられていましたが、元気な姿を見せていました。

厩舎情報

特になし。

 

ロードリライアブル 55.0 騎乗予定:横山武

4.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.7-39.5-25.7-12.8(馬なり)

本田助手
「変わらず落ち着いて走っていたし、いい感じだった。前走は外枠で前に壁をつくれず行ってしまったが、2走前のように折り合って運べれば」

前走

スタート後から前めにつけ、1コーナー過ぎあたりからかかっているように見えました。そのまま先頭に立ちましたが、最終コーナー前ではすでに手ごたえがなく、ズルズルと着順を下げました。

中間調教

中1週のため特になし。

厩舎情報

特になし。

 

スポンサーリンク

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:コース傾向

ここでは舞台になる東京1600mのコース傾向について紹介します。

 

東京・芝1600メートル

2コーナー付近にあるスタート地点から、バックストレッチをそのまま走り抜けるレイアウトです。

バックストレッチ途中に上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下っていきます。最後の直線は約520mで、最終コーナーから直線に向いてからすぐに約160mの上り坂が待ち受けています。その後はほぼ平坦で残りの約300m走り抜けます。

道中は前半が速くなりやすいく、最後の坂を上った後にさらに脚を使うことが必要になるコースです。時計の速い、遅いによって有利になる馬のタイプが異なります。速いときはスプリンタータイプやインを回ってくる馬が有利、遅いときは末脚が利くタイプや中距離型が有利となります。

 

スポンサーリンク

サウジアラビアRC2021_勝ち馬予想と出走馬の追い切り考察:まとめ

このレースは毎年G1馬を輩出する、いわば登竜門のようなレースです。さらに、東京1600mは、総合力が試されるコースになります。どんな状態でも勝ち切れる馬なら、今後のクラシックで求められる能力も十分備えらることができると思います。

勝ち負けも気になりますが、どういいた能力を持った馬なのかを見極めることも重要ですね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました