【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想

G2
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「産経賞オールカマー」の出走予定馬について考察して、勝ち馬予想までしています。産経賞オールカマーは、9月26日の中山競馬場メインレース・G2です。

当週は中京競馬場で「神戸新聞杯」も開催されており、こちらにも狙い目の馬がいます。追って記事を出したいと思いますので、本記事と併せてぜひご覧ください。トレセン情報を基に予想時に取捨選択できそうな情報をご提供していますので、よろしくお願いいたします。皆さまの勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

【予想】神戸新聞杯2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想
この記事では2021年「神戸新聞杯」の出走予定馬について考察して、勝ち馬予想までしています。神戸新聞杯は、9月26日の中京競馬場メインレース・G2です。 トレセン情報を基に予想時に取捨選択できそうな情報をご提供していますので、よろしくお願いいたします。

 

【調教】スプリンターズステークス2021_2週前調教の考察と最終登録馬
この記事では2021年「スプリンターズステークス」の2週前情報と最終登録について、記載しています。スプリンターズSは、10月3日の中山競馬場メインレース・G1です。トレセン情報を基に予想時に取捨選択できそうな情報をご提供していますので、よろしくお願いいたします。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:勝ち馬予想
    1. 勝ち馬予想
      1. 本命予想の考察
      2. 対抗予想の考察
      3. 単穴予想の考察
      4. 連下予想の考察
  2. 【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:出走予定馬(登録馬)
  3. 【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:出走予定馬の考察と評価点数
    1. アドマイヤアルバ(56.0) 騎乗予定:柴田善
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    2. アールスター(56.0) 騎乗予定:長岡
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    3. ウインキートス(55.0) 騎乗予定:丹内
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    4. ウインマリリン(55.0) 騎乗予定:横山武
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    5. キングオブコージ(56.0) 騎乗予定:横山典
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    6. グローリーヴェイズ(57.0) 騎乗予定:デムーロ
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    7. ゴールドギア(56.0) 騎乗予定:田辺
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    8. サトノソルタス(56.0) 騎乗予定:大野
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    9. ステイフーリッシュ(56.0) 騎乗予定:横山和
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    10. セダブリランテス(56.0) 騎乗予定:石川
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    11. ソッサスブレイ(56.0) 騎乗予定:柴田大
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    12. ブレステイキング(56.0) 騎乗予定:石橋
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    13. マウントゴールド(56.0) 騎乗予定:岩田望
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    14. ランブリングアレー(54.0) 騎乗予定:戸崎
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    15. レイパパレ(56.0) 騎乗予定:川田
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
    16. ロザムール(54.0) 騎乗予定:三浦
      1. 前走
      2. 中間調教
      3. 厩舎情報
  4. 【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:レース傾向
      1. 中山・芝2200メートル(外回り)
  5. 【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:まとめ

【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りなりました。各出走予定馬や考察、評価点数はこの後に記載しています。

 

勝ち馬予想

◎(本命):ウインマリリン

〇(対抗):グローリーヴェイズ

▲(単穴):レイパパレ

△(連下):ウインキートス

本命予想の考察

本命のウインマリリンは中山で5戦3勝と相性が良いコースです。この舞台は1月のAJCCで6着に敗れていますが、不良馬場が影響した結果です。その後、春は日経賞で重賞2勝目を飾り、続く天皇賞が5着という結果でした。天皇賞は適正外の3200mで、外を回される形になっても勝ち馬の後ろをよく追いかけていたと印象が強く、勝負根性や地力を見せつけられた1戦でした。前走後は放牧先で肘を切開して腫瘍を取り除き、秋からの始動に備えることとなりました。術後の経過をじっくり見ながら調教を進め、8月20日に帰厩しました。一週前の9月15日にはウッドコースで5ハロン66秒8、ラスト1ハロン11秒3をマーク。調教がけする相手と併せでしたが、気配は抜群の様子です。同期のレイパパレとは初対決になりますが、相性やコース実績、雰囲気の良さを考えるとウインマリリンが上位と評価しました。

対抗予想の考察

対抗はグローリーヴェイズです。春の香港遠征以来、5ヶ月ぶりの実戦となります。放牧からは8月26日に帰厩しました。休み明けの調教とはいえ、こちらも2週前にウッドコースでラスト1ハロン11秒3と抜群の動きを見せています。一昨年の香港ヴァーズを勝ち、強豪揃いだった昨年のジャパンカップでは5着に入るなど、地力は確かです。あとは中山の急坂に対応できるかがポイントになると思いますが、ここからの始動に目標を定めており、調整は順調に進んでいます。最大目標のジャパンカップ制覇に向け、まずは秋初戦のレースで弾みをつけたいところでしょう。

単穴予想の考察

単穴はレイパパレです。春の大阪杯まで無傷の6連勝という快進撃でした。大阪杯では雨の重馬場の中、メンバー最速の上がり3ハロンで4馬身差をつけて逃げ切り、強い印象でレースを終えました。続く宝塚記念では2番人気に推されながらも3着。我慢しながら進めており、手ごたえも良いように見えましたが、最後は甘くなり伸びも及ばずという内容でした。9月20日に帰厩後の調教も順調に進んでいるようですが、距離的な不安に加え、初めての関東圏への輸送ということもありますので、今回に関してはいくらか評価を落とさざるをえないと感じます。

連下予想の考察

連下筆頭はウインキートスです。前走は、成長分とはいえ18キロという増えた馬体を絞りきれていませんでした。レースの流れも速く対応が難しい面がありました。しかし、1回使った効果はいい意味で影響があると思いますし、中山コースも得意にしているのでいい勝負をしてもおかしくないと思います。また、調教からは不完全燃焼だった前走を払拭するかのように、抑えきれないほどの行きっぷりを見せています。それでいて飛ばしながらも最後まで余力もありました。この内容からも前走を叩いた上積みは十分あるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:出走予定馬(登録馬)

今年は16頭が出走登録をしています。登録馬は次の通りです。( )内は負担重量、騎乗騎手は予定です。

  • アドマイヤアルバ(56.0) 騎乗予定:柴田善
  • アールスター(56.0) 騎乗予定:長岡
  • ウインキートス(55.0) 騎乗予定:丹内
  • ウインマリリン(55.0) 騎乗予定:横山武
  • キングオブコージ(56.0) 騎乗予定:横山典
  • グローリーヴェイズ(57.0) 騎乗予定:デムーロ
  • ゴールドギア(56.0) 騎乗予定:田辺
  • サトノソルタス(56.0) 騎乗予定:大野
  • ステイフーリッシュ(56.0) 騎乗予定:横山和
  • セダブリランテス(56.0) 騎乗予定:石川
  • ソッサスブレイ(56.0) 騎乗予定:柴田大
  • ブレステイキング(56.0) 騎乗予定:石橋
  • マウントゴールド(56.0) 騎乗予定:岩田望
  • ランブリングアレー(54.0) 騎乗予定:戸崎
  • レイパパレ(56.0) 騎乗予定:川田
  • ロザムール(54.0) 騎乗予定:三浦

 

スポンサーリンク

【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:出走予定馬の考察と評価点数

各登録馬の考察と評価点数は次の通りです。本命馬は調教内容やデータ、傾向等から総合的に判断しています。そのため、必ずしも最高評価点数の馬が本命になるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

アドマイヤアルバ(56.0) 騎乗予定:柴田善

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 54.3-40.0-25.6-12.4(一杯)

前走

前々走のように、もう少し前のポジションを取りたかったと思いますが、馬が進んでいかないように見えました。58キロの斤量を背負ってこのメンバーでしたし、ずっとワンペースな感じでした。

中間調教

1週前は柴田善臣騎手を背に併せ馬を行いました。2歳馬に先着は当然ですが、余裕のある走りが一際目を引きました。久々でも仕上がりは良好です。

調教内容〇

16日・ウッド良・6ハロン82.3ー66.4ー51.3ー36.8ー11.6(馬なり)

厩舎情報

特になし。

 

アールスター(56.0) 騎乗予定:長岡

2.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.3-37.8-24.9-12.6(馬なり)
イクスプロージョン(末強め)を0.7秒追走・0.1秒先着

長岡騎手

「追うごとに重たさが取れて、体調も良くなってきました」

杉山晴調教師

「動きは良かった。小倉記念(出走取消)は渋滞で輸送時間が倍かかって熱発したが、その後は順調。中山の外回りは初めてなので対応できれば」

前走

特になし。

中間調教

3頭併せの真ん中で1馬身の遅れていました。内容は物足りなかったですが、一生懸命さは伝わりました。取り消し後ですが、心配はなさそうです。

厩舎情報

特になし。

 

ウインキートス(55.0) 騎乗予定:丹内

4.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.0-52.0-37.2-11.1(馬なり)
アルーフクライ(強め)の内0.4秒追走・同入

宗像調教師

「追いかけてスッと馬体を併せた動きは良かった。先週びっしりやっており、仕上がりはいい」

前走

いいポジションも取れたと思いますが、4コーナーの手前で流れについていけないように見えました。

中間調教

抑えきれないほどの行きっぷりで飛ばしながらも、ラストまで余力は十分でした。太め残りの前走を叩いた上積みは大きいと思います。

調教内容〇

15日・ウッド稍重・6ハロン80.5ー65.2ー51.1ー37.0ー11.7(馬なり)

厩舎情報

前走は気持ちこそ前向きだったけど、増えた体に絞りきれませんでした。2000mのペースもこの馬には早かったです。まだ体に余裕があるので一週前はしっかりやりました。この負荷でいい時の感じに戻ってくると思います。雰囲気は一回使って良くなっているし、中山も得意にしているのでその辺りに期待しています。

 

ウインマリリン(55.0) 騎乗予定:横山武

6.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.0-52.2-37.4-11.3(直一杯)

手塚調教師

「体がふっくらして体幹も以前よりしっかりしてきたし、いい動きだった。肘の手術をした後も気にせずに稽古をやれているし、馬が自信を持っている感じ」

前走

適正距離でない中、よく走りきれたと思います。

中間調教

併せ馬を重ねて負荷をかけ、徐々に気合乗りがアップしていました。本質は叩き良化型ながら態勢は整いつつある印象です。

調教内容◎

1日・ウッド稍重・5ハロン69.7ー54.6ー39.5ー11.7(馬なり)

8日・ウッド良・6ハロン83.6ー67.3ー52.1ー37.3ー11.5(馬なり)

15日・ウッド稍重・5ハロン66.8ー52.0ー37.5ー11.3(直線一杯)

厩舎情報

これだけ動けば十分。早めに戻して本数を重ねてきたし、いい感じです。古馬になり風格みたいなものが出てきた。以前からあった肘の腫れが気にならなくなったのもいい。すごく成長を感じるし、プラス体重で出せそう。中山では日経賞を勝っているし、距離的にもベストに近い条件。強いG1馬が出てくるようだけど楽しみにしています。

 

キングオブコージ(56.0) 騎乗予定:横山典

5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.7-65.0-50.2-37.4-11.8(馬なり)

安田翔調教師

「暑さに対応させるために早く入厩させました。体調はいいです」

前走

粘り強く頑張っていました。直線での伸びも良かったですし、休み明けとしては十分すぎるほどの出来だったと思います。

中間調教

軽やかな脚さばきながら、力感も十分ありました。長期休養明けですが、気合乗りもよく順調な仕上がりです。

調教内容◎

前週・C良・6ハロン81.9ー65.2ー50.6ー37.1ー12.3(馬なり)

17日・C良・6ハロン79.0ー63.7ー49.7ー37.2ー12.1(一杯)

厩舎情報

特になし。

 

グローリーヴェイズ(57.0) 騎乗予定:デムーロ

5.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 83.0-66.1-51.4-37.2-11.5(G前仕掛け)
ハーグリーブス(馬なり)の内0.9秒追走・同入

M.デムーロ騎手

「この馬にまた乗ることができて幸せ。GI馬の動きだね。気持ちいいよ。少し気合を入れて反応は十分だった。昔は少しイライラしたところがあったけど、今は自分の仕事が分かっているね」

前走

特になし。

中間調教

一週前の追い切りでは僚馬との叩き合いで豪快に伸び勝っていました。体の張りや柔軟の足さばきを見ると、衰えは全く感じさせない様子です。

調教内容◎

前週・ウッド良・5ハロン66.3ー51.2ー38.1ー12.4(馬なり)

15日・ウッド稍重・6ハロン85.0ー68.8ー52.5ー38.0ー11.3(直線一杯)

厩舎情報

もう少し全体的に負荷をかけたかったけど、しっかりと追えた。調教の本数を積みながら柔軟性が増しているし、このひと追いで上向いてくるでしょう。中山は久しぶりになるけどそこまで気にしていません。この馬自身が力をつけているし、どんあパフォーマンスをしてくれるか楽しみです。

 

ゴールドギア(56.0) 騎乗予定:田辺

0.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.0-54.4-38.9-11.6(G前仕掛け)
サインオブサクセス(強め)の外0.5秒先行・同入

前走

スタートが遅く、後ろからになってしまいました。ペースがあまりにも遅かったので、じわじわ追い上げていくことができ、直線でも踏ん張ってはいました。しかし、元々速い上がりが使えない馬なので、前に行った馬が有利になってしまいました。

中間調教

相手が快走したとはいえ、2歳馬に劣勢だったのは不安です。まだ反応面に良化の余地が残るので、当週の動きに注目したいと思います。

厩舎情報

前走は脚は使っていたけど、あのスローの流れでしたからね。放牧から戻ってきても順調。一週前の動きも良かったです。久しぶりの中山に替わるのは大丈夫だし、距離もこのくらいなら許容範囲だと思います。

 

サトノソルタス(56.0) 騎乗予定:大野

1点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.3-53.2-38.8-12.0(馬なり)
グランプレジール(馬なり)の内0.2秒追走・同入

堀調教師

「放牧明けの分、まだこなしが硬く、フットワークも小さいが、息遣いは良く太め感もない。引き続きフルカップのブリンカーで気を抜かず走ってくれるよう対処したい」

前走

スローの流れの中でよく辛抱できていました。直線も動いていましたが、あまりに上がりが速い流れになってしまったので、届きませんでした。

中間調教

2週連続の3頭併せで気迫あふれる動きでした。大事に使われており、さらなる上積みが見込める印象です。

厩舎情報

前走後は放牧に出し、しっかりとリフレッシュさせました。8月21日に帰厩。前捌きや全身に硬さがあるので、その点に注意しながら調教を進めてきました。いつ重賞を勝っていいぐらいのところまで来ているのですが、気を抜く面など安定感に欠けます。うまく展開がハマってくれれば。

 

ステイフーリッシュ(56.0) 騎乗予定:横山和

3.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
7F 94.6-79.6-65.2-51.7-38.7-12.7(叩き一杯)

藤田助手

「しっかりやれているし、1回使った上積みはありそう。追い切り後の息の入りも悪くなかった。自分のペースで運べればコースはどこでも走れる」

前走

特になし。

中間調教

ダノンファラオと併せ馬を行いました。馬なりのパートナーに対し、いっぱいの手応えでわずかの遅れとなりました。馬場が重かった影響もあり、シャープさはありませんんでしたが、しっかりとしたフットワークは見ることができました。

調教内容〇

前週・芝稍重・5ハロン65.8ー50.2ー36.0ー11.8(馬なり)

厩舎情報

心房細動明けですが、メニューは予定通りにこなせています。一週前は指示通りにしっかりとやりました。しまいは動いていましたが、思ったよりも時計が出ていませんでしたね。もう少しピリッとしてくれば。

 

セダブリランテス(56.0) 騎乗予定:石川

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.3-52.5-38.0-11.5(馬なり)
シュネルマイスター(馬なり)の内0.5秒追走・同入

石川騎手

「手応えに余裕があっていい動き。今回はコースでしっかりとやれているし、中山は(2戦2勝で)相性がいい」

手塚調教師

「春2走よりもしっかり調教できている。今年の中では一番いい状態。ワンターンだと走らないのでコーナー4度のコースで少しでも前進できれば」

前走

いいところでレースを進められていましたが、ラストは苦しくなっていました。コーナー2つのコースは苦手なのかもしれません。

中間調教

前走は大敗しましたが、中間の調教では好走寺と遜色ない切れ味を見せていました。負けによる気力落ちは感じられません。

調教内容◎

1日・ウッド稍重・5ハロン69.3ー54.2ー39.3ー11.8(馬なり)

15日・ウッド稍重・5ハロン66.2ー51.3ー36.8ー11.6(馬なり)

厩舎情報

前走は思っていたほど動けなかった。コース的にはワンターンよりコーナー4つの方がいいと思う。いつも調教で動くし、状態自体は悪くなさそう。コース替わりで頑張って欲しいですね。

 

ソッサスブレイ(56.0) 騎乗予定:柴田大

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 64.3-46.8-29.6-14.0(馬なり)

前走

追走するのに余裕がな買った印象です。忙しい感じでした。もっと距離があった方が色々と準備ができそうな印象です。

中間調教

大敗後ですが、気負いはなくリズムのいい脚さばきで登坂していました。自分の力は出し切れそうな仕上がりです。

厩舎情報

1週前は時計が予定より遅くなったけど、テンに行かせると良くないし、しまいの感じは良かったです。前走はマイルでもう一つためが利かなかったけど、うまく立ち回れていました。近2走のは輸送で体が減ったけど、今回は中山なので近い。2走前のように気持ちよく運び、終いを生かせれば。

 

ブレステイキング(56.0) 騎乗予定:石橋

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
5F 68.7-53.6-39.0-12.0(馬なり)
サトノソルタス(馬なり)の外0.4秒先行・同入

堀調教師

「前2走から立て直した今回も、まだ硬さがありフットワークも小さくて、いい頃の状態には戻っていない。ハーフからフルカップのブリンカーに替えてみる」

前走

絶好のポジションが取れたと思います。最後の直線は少し狭くなることもありましたが、騎手に馬我応えたように見えました。8歳でも元気があります。

中間調教

特になし。

厩舎情報

今年の2戦はリズムが悪く、いい状態に整えることができなかったようです。放牧に出して立て直し。8月21日に帰厩。1週前の追い切りは動けていましたが、良かった頃に比べると硬さがありフットワークも小さかったです。レースに向けていい状態に持って行きたいですね。前半はハーフカップのブリンカーを着用しましたが、今回はフルカップを考えています。

 

マウントゴールド(56.0) 騎乗予定:岩田望

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.3-67.6-52.7-39.0-12.1(強め)

池江調教師

「しまいの反応を見る感じだったが、いい動き。コンスタントに使えているし、崩れなくなってきた」

前走

特になし。

中間調教

道中は前を行く2頭を追走して最内へ馬体を合わせました。とても8歳とは思えない元気の良さが印象的でした。

厩舎情報

前走は馬場が良くなかったけど、崩れずに走っていました。状態は引き続きいいですね。8歳でも使いだしが遅かったし、今まで順調に来られなかった分、馬は若いです。距離もこなせると思います。

 

ランブリングアレー(54.0) 騎乗予定:戸崎

5.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 64.3-49.2-36.0-12.1(馬なり)

友道調教師

「輸送があるのでサッとやったけど、動きはいいですね。体も夏を越して大きくなった。距離は2000メートル前後がいい。エリザベス女王杯を目指しているので弾みをつけたい」

前走

左回りでは初めてでしたが、右回りよりスムーズに見えました。右回りだとコーナーごとに張るようなところがありましたが、厩舎スタッフがうまく強制していたのでしょう。良い位置で直線に向いたときは抜け出すとも思いましたが、勝ち馬はさらに強かったです。他の馬が伸びない中、しっかりと頑張っていた印象です。

中間調教

単走での追いきりでした。重い馬場を苦にしないフットワークが印象的でした。

厩舎情報

去年は展開がはまった時は強く、そうでないときはだめでしたが、最近は安定してきましたね。精神面の成長があるし、どんな競馬もできるようになってきました。自分のペースで競馬ができるし、距離は丁度いいと思う。広いコースよりも小回りコースで脚を溜めた方が最後に伸びるし、舞台はいいですね。

 

レイパパレ(56.0) 騎乗予定:川田

8.5点/10点

【考察内容】

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-38.4-24.7-12.1(一杯)
ライトウォーリア(馬なり)を0.3秒追走・同入

高野調教師

「満足のいく追い切りができました。動きが素軽くなって、先週よりも経過が良くなっていることを確認できました。(前走)ひとつ負けたのをきっかけに強くなる馬もいますし、この馬もそうであって欲しいですね。GI馬として、恥ずかしいパフォーマンスはできないです」

前走

チャレンジカップの時と比べれば、遥かに我慢しながら進められていたと思います。

中間調教

一週前は併せ馬を消化し、しっかりと負荷をかけていました。手応えは見劣りましたが、このひと追いで締まりが出そうな感じがします。

調教内容〇

前週・坂路良・4ハロン51.6ー37.9ー12.3(強め)

厩舎情報

前走はG1で3着ですし、十分こなしていると思います。体質がしっかりしてきて乗り込み量も増えていますが、余裕をもって消化していますね。一週前はしっかりできました。絶好調手前でもう一皮むけてほしいのですが、当週もありますし、中山への輸送もあるので整うと思います。

 

ロザムール(54.0) 騎乗予定:三浦

0点/10点

【考察内容】

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.6-53.4-39.0-11.9(馬なり)

上原調教師

「先週は直線で気合をつけたら、あらあらってなったけど、今週は楽な感じで大外を回って同じ時計で走れていたからね。先週よりも動きはいいです。予定通りの調教ができている。(距離については)普段から調教で長め、長めに乗っているし、距離は大丈夫じゃないかな。牡馬相手で別定戦になるものの、中山コースは合うし、自分の競馬ができれば。次につながるレースをしてほしい」

前走

終始、勝ち馬からプレッシャーを掛けられているように見えましたが、競馬はうまくいったように思います。

中間調教

徐々にピッチを上げ、明らかに前向きさが増してきた印象です。当週のひと追いできっちり仕上がってきそうだと思います。

厩舎情報

2走前は新潟の直線が長いコースで参考外。前走は直線の短いコースでしぶとさを見せてくれました。前走後は距離適性を考えてここを目標に。リフレッシュ放牧から一か月前に帰厩して順調に来ているし、1週前にしまいにびっしりやりました。この馬にとって中山はレースがしやすいので、後は牡馬相手にどこまでやれるかですね。

 

スポンサーリンク

【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:レース傾向

ここではレースで使用されるコース傾向をお伝えします。

 

中山・芝2200メートル(外回り)

ホーム側直線の入り口から出走しますので、急勾配を2回上ることになります。

1コーナーまでは約430mと直線を目一杯走ります。スタート直後はスピードがついていない中で急勾配の坂を上ります。坂はここで終了ではなく、さらに1コーナーからも上っていきます。

その後は、2コーナーから3コーナーにかけて下り坂となりますので、スピードに乗ったまままで最終コーナーを迎えます。スピードがつきすぎると外に膨らんでしまいますが、流れに乗れないとおいていかれます。

最後の直線は約300mしかありませんが、直線の途中からスタート後と同じ急勾配の上り坂があります。レース前半はの上り坂があることからゆっくりとしたペース、レース後半は下り坂を下っていくことから、スピード感のあるレースとなる傾向です。

ただし、3コーナーあたりから下りが続くので、スピードだけでなく、持続力の長い脚を使える馬が好走しやすくなっています。

 

スポンサーリンク

【予想】オールカマー2021_前走→中間調教→最終い切り考察と勝ち馬予想:まとめ

産経賞オールカマーは古馬にとって、秋競馬で最初の中距離重賞になります。

秋競馬は中距離GⅠが多く、大舞台で優勝を狙うべく有力馬が多く集ってきます。その前哨戦となるオールカマーで結果を残した実力馬は、次走は天皇賞(秋)やエリザベス女王杯などにも出走します。最近ではレイデオロがオールカマーを勝ち、次走の天皇賞(秋)も勝ち馬になっています。

秋競馬を制するためにも、前哨戦からしっかりとレース状況を確認しておきましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました