【秋競馬2021】シャフリヤールとソダシの次走は?最近の様子は?最新情報!

競馬
スポンサーリンク

9月2週目から秋競馬が始まります。

夏にしっかりと成長し、実績を積んできたサラブレッドたちが相見える時期です。

夏までは同世代、同レベルとのレースが中心でしたが、これからは歴戦の猛者である古馬とのレースも多くなります。

この記事では、秋競馬でも活躍が期待できるシャフリヤールとソダシの様子や出走予定レースについて紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秋競馬2021】シャフリヤールとソダシの次走は?最近の様子は?最新情報!

シャフリヤール

父 ディープインパクト

性別 牡

馬主名 (有)サンデーレーシング

母 ドバイマジェスティ

馬齢 3歳

調教師名 藤原 英昭(栗東)

母の父 Essence of Dubai

生年月日 2018年4月13日

生産牧場 ノーザンファーム

母の母 Great Majesty

毛色 黒鹿毛

産地 安平町

馬名意味 偉大な王(ペルシャ語)

 

デビュー前〜ダービーまで

皐月賞馬アルアインの全弟という血統背景でデビュー前から注目を集めていたシャフリヤール。

3戦目の毎日杯で重賞初制覇を飾ると続くダービーでは、皐月賞がエフフォーリアをハナ差で制して世代の頂点に立った。

「ダービーでは最後までしっかり集中して走れていた。勝った時はいずれも接戦だったけどもうひと伸びできたのは底力だね。」と田代調教助手が振り返る。

 

ダービー後〜現在まで

前走後は6月4日にノーザンファームしがらきへ放牧に出て、8月12日に栗東トレセンに帰厩。 坂路とウッドコースて乗り込みを重ね、調整を続けています。

「全体的に馬体に成長を感じる。伸びしろはあるし、今後も一戦一戦が楽しみだね。」と助手は話す。

 

次走情報

神戸新聞杯(9月26日、中京、G2、芝2200M)への出走が濃厚です。

ちなみに過去10年、神戸新聞杯で始動したダービー馬は5戦5勝という結果です。注目の始動戦となるでしょう。

 

 

ソダシ

父 クロフネ

性別 牝

馬主名 金子真人ホールディングス(株)

母 ブチコ

馬齢 3歳

調教師名 須貝 尚介(栗東)

母の父 キングカメハメハ

生年月日 2018年3月8日

生産牧場 ノーザンファーム

母の母 シラユキヒメ

毛色 白毛

産地 安平町

馬名意味 純粋、輝き(サンスクリット)

 

デビューからオークスまで

デビューから無傷の5連勝で桜花賞馬となった白毛馬ソダシ。しかし、オークスで8着に敗れて初黒星を喫することになり、その後は放牧へ。

 

オークス後〜現在まで

3ヶ月ぶりの始動戦となった前走の札幌記念で重賞5勝目を挙げた。

初の年長馬との対戦だったがラヴズオンリーユー、ブラストワンピース、ペルシアンナイトの G1馬3頭を含めて 他馬を寄せ付けなかった。2000Mの距離もクリアできたことで、今後の選択肢が広がりました。

須貝調教師は、「早く先頭に立つ競馬で踏ん張っての勝利はたいしたもので。涼しい札幌で様子を見て、栗東に連れて帰ってきてから次を考えます。」と話す。

 

次走情報

秋華賞(10月17日、阪神、G1、芝2000M)への出走が有力です。

前走後は札幌競馬場で調整して8月26日には馬場入りを再開しており、9月5日の札幌開催終了後に栗東トレセンに帰厩する予定。

 

スポンサーリンク

【秋競馬2021】シャフリヤールとソダシの次走は?最近の様子は?最新情報!:まとめ

秋から始動するシャフリヤール、夏から継続して秋に向かうソダシ以外にも、多くの実力馬が秋競馬から本格参戦しますので、例年以上に盛り上がるのは間違いなさそうですね!

他の実力馬情報は追ってお知らせします!次回はエフフォーリアとユーバーレーベンの予定です。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました