【追い切り情報】アドマイヤビルゴ_2021エプソムCに向けた調教の状態は?

G3
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

 

 

6月2週目と3週目はG1競走は一休み。

 

少し寂しいですが、残すはグランプリの宝塚記念のみとなりました。

 

 

一方で6月に入り、競馬界では新年度がスタートしています。

 

いわゆる2歳戦が始まりました。

 

 

また、1勝クラス以上のレースにおいては、

 

出走条件が4歳以上から3歳以上へと変更になるなど、

 

新しい発見も多くなる頃です☆

 

 

年末の2歳馬頂上決戦を含む秋以降のG1や、

 

来年のクラシックに向けて、しっかりと考察していきたいと思います!

 

 

 

この記事では、「 アドマイヤビルゴ 」について

 

投票時に取捨選択できそうな情報をご紹介していきます。

 

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

 

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エプソムカップとは

 

 

イギリスのエプソム競馬場との交換競走として創設されました。

 

 

1983年に東京優駿が50回を迎えたことをきっかけに、

 

東京競馬場と英国ダービーを開催するエプソム競馬場が

 

姉妹競馬場として提携し、その翌年の1984年から実施されています。

 

 

創設以来、ハンデキャップ戦として実施されていますが、

 

1996年から別定重量戦に変更され、現在まで続いています。

 

 

エプソム競馬場は、ロンドンから南に約27キロのサリー州

 

エプソムダウンズにある競馬場です。

 

同競馬場では、英国ダービーの他、英国オークス、

 

コロネーションカップなども実施されています。

 

 

 

スポンサーリンク

アドマイヤビルゴとは

 

 

2017年1月27日生まれの4歳の牡馬です。

 

父はディープインパクト、母はイルーシヴウェーヴという血統です。

 

所属は友道調教師(栗東)、生産者はノーザンファームです。

 

通算成績は7戦4勝、主戦騎手は岩田望騎手です。

 

 

 

アドマイヤビルゴ | 競走馬データ - netkeiba.com
アドマイヤビルゴの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

基本情報

 

 

2歳馬のセレクトセールにおいて、

 

超良血馬ということで約6億円で取引されました。

 

 

友道調教師は、

 

「初めて見た時から、動きも馬体の雰囲気も

 

飛び抜けて素晴らしかった」

 

と素質を評価していました。

 

 

近藤オーナーも気に入っており、

 

「相手が誰であろうと(譲るつもりはなかった)。

 

5、6億はすると思っていたが、

 

興奮してもうて金額が分からんようになった。」

 

と言っていたそうです。

 

 

デビューからすべて芝レースの出走です。

 

出走したレースは中距離〜長距離中心ですが、

 

母親の血統からはマイルあたりなら

 

対応できそうな感じはします。

 

 

脚質は、先行~差し型です。

 

スタートや展開にもよるとは思いますが、

 

武豊騎手の騎乗が多かったので、状況に合わせて

 

色々ためしたり、対応をしていたのだと思います。

 

道悪は渋れば渋るほど苦手です。

 

 

 

 

勝利実績の内容

 

1勝目:2歳新馬

2勝目:若葉ステークス

3勝目:ムーンライトハンディキャップ

4勝目:アンドロメダステークス

 

 

中距離を中心に出走しています。

 

重賞勝ちはありませんが、G2に2回、

 

G1に1回出走しています。

 

 

連対したレースはすべて1着、しないとき4着以下という

 

非常にわかりやすい実績です。

 

 

重賞の壁に阻まれてるような気もしますが、

 

斤量が56キロ以上になると勝てていません。

 

 

 

 

名前の由来

 

 

アドマイヤは冠名です。

 

 

 

一説にはオーナー自身を褒め称えてほしいという願望から

 

つけられた冠名とも言われています。

 

 

ビルゴとはおとめ座を意味します。

 

おとめ座生まれは、8/23~9/22あたりですので、

 

生まれた月日から命名された訳ではなさそうです。

 

 

もしかしたらおとめ座にまつわる神話から

 

命名されているのかもしれませんね。

 

 

 

獲得した賞金

 

 

約7900万円となります。

 

※2021年6月9日現在です。

 

 

レースで優勝した際に獲得できる賞金の説明は、

 

グランアレグリアの記事で紹介しています。

 

よろしければ、併せてご確認ください。

 

獲得賞金の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

 

8枠13番でほぼそろったスタートでした。

 

そのままに進め、ちょど中団外めに位置取りました。

 

 

前走の大阪杯は2強となるオッズだったため、

 

その2頭の動向を確認するため2頭の間に入ったと思われます。

 

 

道中もそのままの位置で進めましたが、

 

3コーナーあたりから2強が馬体を合わせて、

 

上がり始めましたが、これに反応できませんでした。

 

 

4コーナー手前あたりから追い出し始めましたが、

 

重馬場の影響もあり、差をつめられず9着でした。

 

 

 

騎乗した岩田望騎手と、管理する友道調教師は次のように話しています。

 

岩田騎手のコメント

 

前半はいい位置で運べましたが、

後半は馬場が影響して、早めに手が動きました。

 

 

友道調教師のコメント

 

前走は重馬場が響きましたね。

体がないので、あの馬場はこたえました。

バネのある動きで素質はあるし、

良馬場で改めて期待します。

 

 

 

中間調教~最終追い切りの様子

 

 

次は調教の様子です。

 

今回は2カ月半ぶりのレースとなります。

 

 

2日の調教は併せ馬でした。

 

僚馬を追走する形で始まり、内へ併せて1馬身の先着しました。

 

 

良馬場の効果もあり、良い時計でした。

 

当日が同じような馬場であれば、楽しみが持てる状態ですが、

 

中間調教としては少し物足りないような気がします。

 

 

強弱をつけて負荷をかけられた結果が

 

最終追い切りでも感じられましたが、

 

やはり物足りないという感じは否めませんでした。

 

 

ただ、今回は前回の休養明け時の1週前よりも、

 

今回の方がびっしり攻められていましたし、

 

行き脚の良さも目立ったと思います。

 

 

 

2021エプソムC調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
アドマイヤビルゴ助手前週栗東C81.466.252.538.912.67直線仕掛け
助手26栗東C83.768.453.440.213.08馬なり
内先岩田望2栗東C79.364.350.336.912.25一杯に追う
助手6栗東坂路56.040.312.21馬なり
最終追い切り助手9栗東坂路55.740.312.31馬なり

 

 

 

スポンサーリンク

エプソムカップに向けての出来

 

 

先週しっかりやっているぶん、

 

調整程度の最終追い切りでしたが、

 

リラックスして走っていたと思います。

 

そのため、いい状態で出せるとは思いますし、

 

東京コースは初ですが合う感じがします。

 

 

立ち写真からは成長過程の途中という印象ですが

 

バネのある動きで柔軟な筋肉をもっているので、

 

父親譲りの切れ味が武器になると思います。

 

 

あとは初の長距離輸送になるので、

 

影響がないような馬体重であれば

 

楽しみな1頭になるかもしれません。

 

 

 

画像はネット競馬様から引用させていただきました。

https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=49019

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目

 

 

まとめ

 

現状は、単穴です。

 

長距離輸送の影響がなく、

 

良馬場なら評価をあげてもいいと思います。

 

 

 

 

オススメの買い目

 

オススメの買い目は次の通りです。

 

単勝

 

複勝

 

本命や対抗とのワイド

 

3連複の紐の1頭

 

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました