【追い切り情報】シュネルマイスター_2021安田記念に向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

6月6日は、第71回安田記念が開催されます。

 

昨年は昨年引退したアーモンドアイが出走しました。

単勝の最終オッズが、1.3倍という圧倒的1番人気でしたが、

グランアレグリアがアーモンドアイを上回る走りで、

2馬身半の差をつけ、完勝しました。

 

これまでも注目されていましたが、

ここを起点にさらに注目されるようになりました。

 

グランアレグリアにとっては、2連覇がかかるレースですが、

3歳以上のマイルのスペシャリストが集まるレースになりますので、

どの馬にも馬場と展開でチャンスはあると思います。

 

この記事では、安田記念出走予定のシュネルマイスターについて

投票時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安田記念とは…

 

安田記念の詳細は、グランアレグリアのページで掲載しています。

 

これまでは紹介する競走馬のページには、すべて掲載しておりましたが、

 

1名のご訪問者様が複数ページを訪問していただけることもあり、

 

このような形にさせていただきました。悪しからずご了承ください。

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

安田記念の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

 

スポンサーリンク

シュネルマイスターとは

 

2018年3月23日生まれの3歳の牡馬です。

父はKingmam、母はセリエンホルデという血統です。

所属は手塚調教師(美浦)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は4戦3勝、主戦騎手はルメール騎手です。

ルメール騎手は安田記念では、

グランアレグリアに騎乗するはずですので、

乗り替わりが誰になるかは注目ですね。

→6/2、騎手追記しました。

 

乗り替わりの騎手は横山武史騎手となりました。

個人的には一時的な乗り替わりとはいえ、

ダービーのリベンジも考えていてもおかしくないので、

怖い存在となりました。

 

シュネルマイスター | 競走馬データ - netkeiba.com
シュネルマイスターの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

基本情報

 

芝への適性が高いですが、距離は中距離までです。

2200メートルがギリギリ、

2400メートルだと長いという印象です。

2000メートルの弥生賞では2着という結果も残していますが、

マイルがベストの距離でしょう。

 

脚質は、逃げ~先行が中心ですが、

差しぐらいなら対応は可能です。

実際に前走では中団から見事に差し切りましたが、

本質的には先行型でしょう

 

道悪は得意というよりそれほど問題ない感じで

重めの馬場でも力を発揮できるタイプです。

 

前走のNHKマイルCや、前々走の弥生賞の走りを見る限り、

キレを活かす瞬発力のスピードタイプよりは、

持続力のあるスピードを活かすタイプです。

 

勝利実績の内容

 

1勝目:2歳新馬

2勝目:ひいらぎ賞

3勝目:G1 NHKマイルカップ

 

今年の3歳マイル王です。

3歳ということもあり、レースや調教の度に成長しているイメージです。

弥生賞では適性距離でからは少し外れた距離でしたが、

2000メートルでも結果をの残せたのは大きかったと思います。

今後は、1200~2000メートルを中心に、出走が予想されます。

 

 

名前の由来

 

シュネルマイスターという名前は、

ドイツ語で「スピードの達人(名人)」という意味です。

 

スピードには色々な種類がありますが、シュネルマイスターの場合は、

持続力の高いスピードの達人、平均値が速いタイプだと感じます。

 

東京のような直線が長く、広いコースはまさに相性の良いコースと言えるとでしょう。

 

獲得した賞金

 

4戦3勝の実績で獲得した賞金は、

約150,000,000円→1億5000万0000円となります。

※2021年5月31日現在です。

 

レースで優勝した際に獲得できる賞金の説明は、

グランアレグリアの記事で紹介しています。

よろしければ、併せてご確認ください。

獲得賞金の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

7枠15番でほぼ揃ったスタートでした。

良くも悪くも揃ったことにより外枠から内へ位置取れず、

少々位置を下げて隊列に合流しました。

 

道中は9番手あたり。

4コーナーあたりから徐々にエンジンをかけ始め、

直線で坂を上がり切るあたりから本格的に追い出しました。

 

先行集団がスピードを落としていく中、

シュネルマイスターは持続力のある脚でジリジリ差を詰め、

ゴール前で先頭を交わし、ハナ差で1着でした。

 

 

騎乗したルメール騎手と、管理する手塚調教師は次のように話しています。

 

ルメール騎手のコメント

 

すごく嬉しいです。

いいスタートだったけどペースが早くて馬にとっては忙しかった。

でもだんだんと流れに乗れて、手ごたえも良かったです。

エンジンがかかるのは時間がかかったけど、

前に目標がいたし、届いて良かったです。

 

手塚調教師のコメント

 

特にダメージがないようだし、精神状態がしっかりしているから、

間隔を詰めて使っても大丈夫だと思う。

東京競馬場も二度目になるし、すべての面において

上積みが見込める。54キロの斤量で出られるし、

強い古馬相手にどれだけやれるか楽しみ。

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

26日に短期放牧先から帰厩しました。

前走の激戦から中3週での出走となるため、軽めの調整です。

そのため2週前は1本のみ。

それでもその1本の内容は、馬なりでの調整や

前走の影響を考慮しても高評価できるものでした。

 

1週前でそれなりに負荷はかけられると思いますが、

調整先でかなりやっていたようので、

厩舎では調子を整えるのが優先という状況かと思います。

 

2021安田記念調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
シュネルマイスター助手前週美浦南W66.751.538.112.66馬なり

 

 

中間調教後の様子

 

中間調教後の様子です。

 

2021安田記念調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
シュネルマイスター(内併)嶋田純28美浦南W7馬なり

 

走行状況はある程度情報がでましたが、

タイムはモヤが濃く、計測することができなかったようです。

肝心の調教も1本でしたが、

短期放牧先でしっかりやっているということから、

それほど心配することもないでしょう。

 

騎手を乗せて併せということから、長めの距離の感じもしますが、

厩舎の話によると今回の方が状態は良いということです。

 

最終追い切りには十分注目したいところです。

他馬の分析が終わって間に合えば追記します。

→6/4、最終追いの感想を追記しました。

 

中3週という間隔もありますが、

1週前時点でもうできているのでタイム重視というよりは、

レースに向けた精神状態や状態を作るような走りだったと思います。

タイムはそれなりでしたが、動きはとても良かったと思います。

 

 

スポンサーリンク

安田記念に向けての出来

 

前走の疲れが心配されますが、短期放牧を挟んでいます。

帰厩後の1本を見る限り、気持ちはリフレッシュされつつも、

集中力は維持できていると感じます。

 

また今回の方が状態がよく、前走の経験や調教内容からは、

上積みも見込める印象は私もあります。

 

斤量差やマークが1頭集中になるのも有利な条件だと思いますし、

道悪になりそうな展開も残されているので、

3歳マイル王が一蹴する可能性は残されています。

 

しかしながら、相手はマイルのスペシャリストばかり。

走りの質の違いや騎手の乗り替わりもありますので、

前めのレースが勝利への必要条件でしょう。

 

 

安田記念には、

最強マイル女王グランアレグリア、

大器サリオス、

G1馬のインディチャンプやラウダシオンなど、

マイルのスペシャリストが多数出走予定です。

 

調教で判断できない分、立ち写真にも注目したいですね。

NHKマイルCの出来と比較して、判断できればと思います。

画像は競馬ラボ様(上)、スポニチ様(下)から引用させていただきました。

https://www.keibalab.jp/

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2021/06/01/kiji/20210531s00004000623000c.html

 

 

 

 

顔つきもはまだあどけなさが残ります。

前走時よりもお腹周りが少し細くなっているように見えます。

 

キングマン産駒は筋肉質な馬が多いですが、シュネルマイスターは、

無駄肉がつかず、柔らかくも強い筋肉の持ち主です。

そのためもう少し長い距離にも対応できそうですが、

今の東京コースなら、マイル戦がベストだと思います。

 

最大4キロの斤量差も魅力だと感じます。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目

 

 

まとめ

 

現状は、良馬場なら連下か単穴。

道悪なら対抗に近くなります。

 

オススメの買い目

 

オススメの買い目は次の通りです。

 

単勝

複勝

本命との馬連、馬単、ワイド

 

点数や金額を気にしない場合は、

3連複の1頭軸または2頭軸の紐候補、

3連単の3頭目、4頭目候補

 

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました