【追い切り情報】グランアレグリア_2021安田記念に向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

6月6日は、第71回安田記念が開催されます。

 

昨年は昨年引退したアーモンドアイが出走しました。

単勝の最終オッズが、1.3倍という圧倒的1番人気でしたが、

グランアレグリアがアーモンドアイを上回る走りで、

2馬身半の差をつけ、完勝しました。

 

これまでも注目されていましたが、

ここを起点にさらに注目されるようになりました。

 

グランアレグリアにとっては、2連覇がかかるレースですが、

3歳以上のマイルのスペシャリストが集まるレースになりますので、

どの馬にも馬場と展開でチャンスはあると思います。

 

この記事では、安田記念出走予定のグランアレグリアについて

投票時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安田記念とは…

 

※安田記念でご紹介する馬には、同じ内容を掲載しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

1951年に「安田賞」として、創設された重賞競走です。

同年7月1日以降の創設当初は東京競馬場の芝1600メートルで

4歳以上の馬によるハンデキャップ競走として施行されていました。

 

競走名は、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力した、

日本中央競馬会の初代理事長である安田伊左衛門氏に由来します。

 

1958年に、同氏の死去ののち「安田記念」に改称され、

1984年にG1競走として格付け、定量戦へと変更、

そして、開催時期が優駿牝馬の前に移されました。

 

しかし、1996年からは東京優駿の翌週に移され、

競争条件も現在の3歳以上に変更され、今日まで続いています。

現在は、中央競馬における上半期のマイル王決定戦としての位置付けです。

 

1着馬には、ブリーダーズカップ・マイルへの優先出走権が付与されます。

また、1~3着馬には、

ジャック・ル・マロワ賞(G1)への優先出走権が付与

ムーラン・ド・ロンシャン賞(G1)への優先出走権が付与されます。

 

ちなみに、2000年以降の勝ち馬と騎手は次の通りです。

 

優勝馬騎手
第70回2020年グランアレグリア池添謙一
第69回2019年インディチャンプ福永祐一
第68回2018年モズアスコットルメール
第67回2017年サトノアラジン川田将雅
第66回2016年ロゴタイプ田辺裕信
第65回2015年モーリス川田将雅
第64回2014年ジャスタウェイ柴田善臣
第63回2013年ロードカナロア岩田康誠
第62回2012年ストロングリターン福永祐一
第61回2011年リアルインパクト戸崎圭太
第60回2010年ショウワモダン後藤浩輝
第59回2009年ウオッカ武豊
第58回2008年ウオッカ岩田康誠
第57回2007年ダイワメジャー安藤勝己
第56回2006年ブリッシュラックプレブル
第55回2005年アサクサデンエン藤田伸二
第54回2004年ツルマルボーイ安藤勝己
第53回2003年アグネスデジタル四位洋文
第52回2002年アドマイヤコジーン後藤浩輝
第51回2001年ブラックホーク横山典弘
第50回2000年フェアリーキングプローンフラッド

 

 

スポンサーリンク

グランアレグリアとは

 

2016年1月24日生まれの5歳の牝馬です。

父はディープインパクト、母はタピッツフライという血統です。

所属は藤沢調教師(美浦)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は12戦8勝、主戦騎手はルメール騎手です。

 

グランアレグリア | 競走馬データ - netkeiba
グランアレグリアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

基本情報

 

芝の適性が非常に高く、距離は中距離までです。

大阪杯は重馬場が影響して4着でしたが、

ルメール騎手は良馬場なら2000メートルまで可能じゃないか

という印象を持っています。

 

脚質は、先行から追い込みまでこなせますが、

本質的には先行の方があっているイメージです。

 

多少の道悪は問題ありませんが、

こなせるのは稍重までと思った方がいいでしょう。

良馬場なら敵なしという状況だと思います。

 

 

勝利実績の内容

 

1勝目:2歳新馬

2勝目:G3 サウジアラビアRC

3勝目:G1 桜花賞

4勝目:G2 阪神C

5勝目:G1 安田記念

6勝目:G1 スプリンターズS

7勝目:G1 マイルチャンピオンS

8勝目:G1 ヴィクトリアマイル

 

この実績からもわかる通り、短距離では非常に強い競走馬です。

距離適性があるとはいえ、G1を8勝して引退をしたアーモンドアイにも

昨年の安田記念で勝利を収めています。

ルメール騎手はアーモンドアイに騎乗していたので、

昨年の安田記念は池添騎手が騎乗していました。

 

 

名前の由来

 

グランアレグリアという名前は、スペイン語で「大歓声」という意味です。

これまでもこの名に恥じないレースぶりで、

大歓声が上がるような末脚やレース展開を見せてくれました。

 

現在は感染症の影響で、競馬場にも入場制限があり、

現地で「大歓声」といはいかないですが、テレビやラジオなどの

映像や音声の前ではきっと「大歓声」が起こっている思います。

 

 

獲得した賞金

 

12戦8勝の実績で獲得した賞金は、約850,000,000円です。

数字だとわかりにくいので単位をつけると、

8億5000万0000円となります。

※2021年5月29日現在です。

 

G1レースで優勝すると、約1億円くらいの賞金がもらえます。

G2になるとG1約半分、G3になるとG2の2/3くらいになります。

ちなみに、5着まで賞金がもらうことができます。

 

11戦7勝の内訳にはG1優勝4回、G2優勝1回、G3優勝1回なので、

約4億+約5,000万円+約2,500万円となり、だいたい5億円です。

結構足りないですが、競馬には本賞金のほかに奨励金や不可賞、

報奨金などの制度もあり、これを加えるとだいたい同じ金額になります。

※獲得賞金の取り扱い基準によって少し違う場合もあります。

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

3枠6番でスタートしましたが、少々出遅れました。

しかし、それほど遅れることなく、中団外めの位置取りとなりました。

4コーナーでも道中と変わらない位置で持ったままでしたが、

追い出すことなくジリジリと位置を上げていきました。

 

追い出したのは坂を上ってからで、

その時には2番手あたりまできていました。

そしてそのままグングン加速し、突き抜けました。

最後は流し気味でしたが、2着とは4馬身差の圧勝でした。

 

管理する藤沢調教師は次のように話しています。

 

藤沢調教師のコメント

 

ヴィクトリアマイルは道中のポジションも良かったし、

他馬の位置取りも含め、いい形で運べました。

安心して見ていられたし、盤石の競馬だったと思います。

レース後も目立ったダメージもありません。

今回は中2週になるので、体調管理に気をつけていきたいですね。

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

前走から中2週ですので、2週前は1本のみでした。

6ハロンを単走しましたが、タイムはさすがの一言。

前走の疲れも多少あると思いますが、

それでもこのタイムは2連覇を期待させるには十分な内容です。

1本と言えど、質の高い内容で高評価できると思います。

 

2021安田記念調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
グランアレグリア助手前週美浦南W82.166.651.437.912.77馬なり

 

 

中間調教後の様子(追記予定→6/5追記)

 

中間調教後の様子は、

データや情報が出揃い分析でき次第、追記します。

→6/5、以下追記しました。

 

2021安田記念調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
グランアレグリア助手26美浦坂路44.714.91馬なり
助手28美浦坂路56.741.313.41馬なり
助手30美浦坂路55.340.513.22馬なり

 

中2週ということもあり、調教は終始流した程度の内容でしたが、

終始リラックスしているように感じました。

この馬自身の能力の高さは、言わずもがなだと思いますので、

調教内容にはそれほど気にすることはないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

安田記念に向けての出来(追記予定→6/5追記)

 

中2週になりますが、状態は維持できているように見えます。

しかし、気になるのは疲れと前走のダメージです。

調教師からは「目立った」ダメージはないということですが、

目立たない何かはあるのかもしれません。

2週前の調教内容からは兆候は見られませんでしたが、

1週前の調教内容にはしっかり注目したいと思います。

 

安田記念には、

大器サリオス、

3歳マイル王のシュネルマイスター、

G1馬のインディチャンプやラウダシオンなど、

マイルのスペシャリストが多数出走予定です。

 

仕上がり次第では十分足元をすくわれる可能性がありますので、

ヴィクトリアマイルの出来と比較して、判断できればと思います。

画像はスポニチ様から引用させていただきました。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2021/05/11/gazo/20210510s00004000651000p.html

 

画像はヴィクトリアマイル時の立ち写真で、

次のようなコメントをさせていただきました。

 

牝馬は疲れがあると、腹が細くなりやすいですが、

グランアレグリアの腹回りはふっくらと見せています。

イライラした様子もなく、体調の良さから毛ヅヤも抜群によく見えます。

この様子から前走のダメージはないとみていいでしょう。

また、全身の筋肉の張りが目立ち、柔軟さ、バランスも非常に良いです。

まさに「絶好調」と言える馬体だと感じました。

 

 

なお、1週前の調教はこれからになりますので、

データや情報が出揃い分析でき次第、追記します。

→5/31、安田記念の立ち写真を追加しました。

 

 

これはヤバイ馬体です…

考察はこれから追記していきます!

→6/5、以下追記しました。

 

中2週という状況ですが、

馬体の仕上がり前走以上だと感じます。

特に後肢(トモ)と皮膚の薄さが際立ちます。

拡大して見てもらえるとわかりますが、

後脚の血管の浮き具合は今回の方がガチガチです。

 

気になる点としては、

中3週で出走したNHKマイルCではパフォーマンスを落としたことや、

蹄がそれほど強くないことは心配ですが、

現状の状態を見る限りは、気にしないでいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(追記予定→6/5追記)

 

 

まとめ

 

今のところは本命です。

気になる点は疲れとダメージぐらいですが、

追加情報が出揃って分析でき次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

→6/5、以下追記しました。

 

不安要素はありますが、

昨年からの成長や調教師の見解、調教を見る限りは

特に気にしないでいいと判断しました。

前回から変わらず、本命の位置付けです。

 

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

→6/5、以下追記しました。

 

単勝

対抗や連下候補との馬単表裏

三連単1着固定

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました