【追い切り情報】ステラヴェローチェ__2021日本ダービー(東京優駿)に向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月30日は、第88回日本ダービー(東京優駿)が開催されます。

 

昨年のコントレイルに引き続き、

今年も無敗で2冠制覇に挑もうとしている競走馬がいます。

日本ダービー(東京優駿)は、日本競馬界の象徴です。

騎手や調教師がここで勝つことは栄誉であり、憧れとされ、

今でもすべての競走馬、騎手、調教師、オーナー、関係者が目指す

最大級の目標となっています。

 

また、「競馬界最大の祭典」と言われることもしばしばあり、

全レースの中でも各方面で非常に盛り上がるレースでもあります。

 

この記事では、日本ダービー出走予定のステラヴェローチェについて

投票時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ダービー(東京優駿)とは

 

※日本ダービー出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、「東京優駿」と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

このレースは、1930年に東京競馬倶楽部という組織が創設しました。

創設には次のような目標があります。

「イギリスの「ダービー」に相当する3歳馬の大レースを設けて、

 競走体系の確立と競走馬の資質向上を図る。」

この目標は創設時に「東京優駿大競争編成趣意書」

という文書にまとめられ、創設の基として、

1932年に「東京優駿大競走」として創設されました。

※イギリスのダービーは後述しています。

 

「日本ダービー(東京優駿)」は、

「皐月賞」「菊花賞」とともに3歳クラシック3冠競走を構成しています。

簡単にいうと、伝統のある非常に格式の高いレースの1つということです。

ちなみに、

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」

菊花賞は「最も強い馬が勝つ」

日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」と言われています。

 

「ダービー」とは、1780年、イギリスで第12代ダービー卿である

エドワード・スミス・スタンレーと関係者によって創設されました。

エプソム競馬場という場所で、3歳牡牝混合のレースに

自分の名前を付けたというとわかりやすいと思います。

※牡→男の子、牝→女の子という意味です。

 

最初はあまり注目をされるレースではありませんでしたが、

・優勝馬が種牡馬として成功

・産業革命の進展によって生まれた富裕階級の競馬愛好者からの注目を集めた

・エプソム競馬賞が立地条件の良いところに位置していた

などの理由から、

1800年代中頃になると非常に人気のあるレースになりました。

ちなみに、今では「3歳馬の頂点を決めるレース」として、

揺るぎない地位を確立しています。

 

この長い歴史のを持つイギリス(英)のダービーを見本にして、

現在は色々な国でもダービーが行われています。

代表的な国は、

アイルランド(愛)、フランス(仏)、アメリカ(米)などです。

 

このようなサラブレッド生産に力をいれている競馬の先進国には、

必ずダービーにあたるレースがあります。その中でも、

愛ダービー、仏ダービー、北米のケンタッキーダービーなどが

国際的にも重要なレースである位置づけになっています。

 

また、今では「競馬界最大の祭典」として、

競馬ファン以外の人々にも広くその名を知られています。

 

ちなみに、日本ダービーに勝利している現役の主な騎手は、

  • 武豊   騎手(5勝) ←これはすごすぎる…
  • 横山典弘 騎手(2勝)
  • ミルコ・デムーロ 騎手(2勝)
  • 福永祐一 騎手(2勝)
  • クリストフ・ルメール 騎手(1勝)
  • 川田将雅 騎手(1勝)
  • 岩田康成 騎手(1勝)
  • 池添謙一 騎手(1勝)

 

 

日本ダービーもオークスと成り立ちは似ていますが、

こちらはご自身の名前をつけたレースとなっています。

色々な理由があって、有名なレースになりましたが、

運が良かったから有名になったのか、

先のことが見通せたから踏み切ったのかは不明です。

 

でも、日本ダービーは「最も運のいい馬が勝つ」と

言われるぐらいですから、きっと運が良かったのでしょう(笑)

 

 

スポンサーリンク

ステラヴェローチェとは

 

2018年2月19日生まれ、3歳の牡馬です。

父はバゴ、母はオーマイベイビーという血統です。

所属は須貝調教師(栗東)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は5戦2勝、主戦騎手は吉田隼人騎手です。

 

5戦2勝の内容は、

デビュー戦で1着、サウジアラビアRCで1着(G3)、

朝日杯フューチュリティSで2着(G1)、共同通信はで5着(G3)、

皐月賞で3着(G1)です。

デビュー当初から非常に期待されていた馬の1頭です。

デビュー戦後は重賞路線で戦ってきており、

いずれのレースも強敵と戦いながら、安定した成績を残しています。

どちらかというと、晩成型ですので今後期待されていく1頭だと感じます。

 

芝の適性は非常に高く、距離は長距離の方がよさそうな血統です。

日本ダービーの2400メートルはまず問題ない距離でしょう。

脚質は追い込み型で、道悪は得意としています。

 

ステラヴェローチェ | 競走馬データ - netkeiba.com
ステラヴェローチェの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

スタートはまずますで、そのまま内沿いに進めました。

外から前に行く馬が多く、後方内目での道中となりました。

ペースは平均ペースでした。

4コーナーでも持ったままで手ごたえは良く、

内目を通って直線手前から追い出し始めました。

前目にいた何頭かの馬が外に膨らんだところ、

内目を通っていたステラヴェローチェは直線で5番手くらいまで

位置をあげることができました。

直線ではそのまま内目を通り、前に食らいつきましたが、

前2頭に粘りこまれて結果は3着でした。

 

稍重の馬場で相性は良かったと思いますが、

道中の位置取りが後ろ過ぎたように思います。

今回の東京コースは距離も伸びるだけでなく、

広いコースですので、前回よりも有利なレース運びができそうです。

 

管理している須貝調教師は次のように話しています。

 

須貝調教師のコメント

 

前走は内側で動くに動けなかったけど、しっかりと伸びていた。

広いコースはいいと思うし、この距離も問題ないと思います。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

ローテーションそれほど余裕がある訳ではありませんが、

積極的に負荷をかけ、乗りこまれています。

吉田隼人騎手がまたがって調教された13日は、

馬なりとはいえ、優秀なタイムがでています。

本番に向けて、調子も整ってきているように感じました。

 

調子はこのまま上向いていくと思われますが、

1週前がどういった調教内容になるかは注目していきます。

 

ステラヴェローチェ調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
助手前週栗東坂路54.539.912.51馬なり
助手25栗東坂路43.213.41馬なり
助手29栗東坂路33.813.61馬なり
助手2栗東坂路43.113.51馬なり
助手5栗東坂路43.913.81馬なり
吉田隼6栗東坂路51.537.312.01一杯に追う
助手12栗東坂路42.613.31馬なり
(外先)吉田隼13栗東坂路85.768.251.537.111.78馬なり
助手15栗東坂路42.913.31馬なり

 

 

 

中間調教後の様子(5/29追記)

 

中間調教後の様子は

データや情報が出揃い次第、追記します。

→5/29追記しました。

 

ステラヴェローチェ調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
(外先)吉田隼19栗東C83.166.551.437.712.09一杯追う

 

先週までにかなりの本数としっかり負荷をかけられているため、

1週前は軽めの調教内容となりました。

しかし、レース向けてスイッチが入っており、

入れ込まないように気持ちのメンテナンスを重視して感じです。

肝心の走りは四肢を大きく伸ばし、ダイナミックな走りでした。

状態はさらに上向いていると思われます。

 

 

スポンサーリンク

日本ダービー(東京優駿)に向けての出来(5/29追記)

 

調教の本数が多く、皐月賞よりも筋肉のボリュームはあります。

これまでは少々心細い馬体でしたので、今回は良化軌道と言えそうです。

また、四肢を大きく伸ばし、ダイナミックな走りになっていることから、

さらに状態は上向いていると感じました。

これまでG1級のライバルとも互角に戦っていることから、

今回の成長分で多少差は詰まっているでしょうから、

十分期待できる1頭だと思います。

 

しかし、問題は折り合い面です。

2400メートルは問題ないと思いますが、前走でも多少見られた

行きたがる面がでてレースするようであれば、厳しい結果になるでしょう。

広い東京コースへの舞台変わりはどちらかと言えば、

ブラスに働くと思いますので、折り合い重視で進めればチャンスはあります。

 

それでも本命には推しづらい印象は残りますが、

追加情報が出次第、立ち写真も含めて今後追記していきます。

→5/29追記しました。

 

しっかり負荷をかけられた分が上積みとなり、

最終の追い切りは非常に良い内容だっと思います。

仕上がりは間違いなく前走以上のように感じます。

血統的にも前走の内容からも、距離はこなせるとみていいと思います。

中山よりも東京の方が向いているでしょうから、

さらにこの馬の良さが出そうに感じています。

 

また、馬体からも筋肉のボリュームアップが見て取れ、

理想的な成長、良化の軌道に乗っていると思われます。

元々のバランスの取れた骨格がさらにそれが際立ってきました。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(5/29追記)

 

 

まとめ

 

個人的には対抗~連下になると思います。

折り合い面が最大のポイントになると思いますが、

道悪で進められるようなら、十分チャンスはあると感じます。

個人的にも、今回の方がより買える条件が整っていると思いますが、

こちらは追加情報が出揃い次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

→5/29追記しました。

 

個人的に非常に良い調教内容で、上積みも見込めると感じました。

今なら対抗の一角として推せると思います。

あとは折り合い面をどう見るかで、対抗なのか連下なのかが

それぞれの価値観でわかれてくると思います。

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

→5/29追記しました。

 

オススメの買い目は次の通りです。

 

単勝

複勝

本命とのワイド

3連系3軸目の紐

 

 

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました