【追い切り情報】サトノレイナス__2021日本ダービー(東京優駿)に向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月30日は、第88回日本ダービー(東京優駿)が開催されます。

 

昨年のコントレイルに引き続き、

今年も無敗で2冠制覇に挑もうとしている競走馬がいます。

日本ダービー(東京優駿)は、日本競馬界の象徴です。

騎手や調教師がここで勝つことは栄誉であり、憧れとされ、

今でもすべての競走馬、騎手、調教師、オーナー、関係者が目指す

最大級の目標となっています。

 

また、「競馬界最大の祭典」と言われることもしばしばあり、

全レースの中でも各方面で非常に盛り上がるレースでもあります。

 

この記事では、日本ダービー出走予定のサトノレイナスについて

投票時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ダービー(東京優駿)とは

 

※日本ダービー出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、「東京優駿」と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

このレースは、1930年に東京競馬倶楽部という組織が創設しました。

創設には次のような目標があります。

「イギリスの「ダービー」に相当する3歳馬の大レースを設けて、

 競走体系の確立と競走馬の資質向上を図る。」

この目標は創設時に「東京優駿大競争編成趣意書」

という文書にまとめられ、創設の基として、

1932年に「東京優駿大競走」として創設されました。

※イギリスのダービーは後述しています。

 

「日本ダービー(東京優駿)」は、

「皐月賞」「菊花賞」とともに3歳クラシック3冠競走を構成しています。

簡単にいうと、伝統のある非常に格式の高いレースの1つということです。

ちなみに、

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」

菊花賞は「最も強い馬が勝つ」

日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」と言われています。

 

「ダービー」とは、1780年、イギリスで第12代ダービー卿である

エドワード・スミス・スタンレーと関係者によって創設されました。

エプソム競馬場という場所で、3歳牡牝混合のレースに

自分の名前を付けたというとわかりやすいと思います。

※牡→男の子、牝→女の子という意味です。

 

最初はあまり注目をされるレースではありませんでしたが、

・優勝馬が種牡馬として成功

・産業革命の進展によって生まれた富裕階級の競馬愛好者からの注目を集めた

・エプソム競馬賞が立地条件の良いところに位置していた

などの理由から、

1800年代中頃になると非常に人気のあるレースになりました。

ちなみに、今では「3歳馬の頂点を決めるレース」として、

揺るぎない地位を確立しています。

 

この長い歴史のを持つイギリス(英)のダービーを見本にして、

現在は色々な国でもダービーが行われています。

代表的な国は、

アイルランド(愛)、フランス(仏)、アメリカ(米)などです。

 

このようなサラブレッド生産に力をいれている競馬の先進国には、

必ずダービーにあたるレースがあります。その中でも、

愛ダービー、仏ダービー、北米のケンタッキーダービーなどが

国際的にも重要なレースである位置づけになっています。

 

また、今では「競馬界最大の祭典」として、

競馬ファン以外の人々にも広くその名を知られています。

 

ちなみに、日本ダービーに勝利している現役の主な騎手は、

  • 武豊   騎手(5勝) ←これはすごすぎる…
  • 横山典弘 騎手(2勝)
  • ミルコ・デムーロ 騎手(2勝)
  • 福永祐一 騎手(2勝)
  • クリストフ・ルメール 騎手(1勝)
  • 川田将雅 騎手(1勝)
  • 岩田康成 騎手(1勝)
  • 池添謙一 騎手(1勝)

 

 

日本ダービーもオークスと成り立ちは似ていますが、

こちらはご自身の名前をつけたレースとなっています。

色々な理由があって、有名なレースになりましたが、

運が良かったから有名になったのか、

先のことが見通せたから踏み切ったのかは不明です。

 

でも、日本ダービーは「最も運のいい馬が勝つ」と

言われるぐらいですから、きっと運が良かったのでしょう(笑)

 

 

スポンサーリンク

サトノレイナスとは

 

2018年2月26日生まれ、3歳の牝馬です。

父はディープインパクト、母はバラダセールという血統です。

所属は国枝調教師(美浦)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は4戦2勝、主戦騎手はルメール騎手です。

 

4戦2勝の内容は、

デビュー戦で1着、サフラン賞で1着、

阪神ジュベナイルフィリーズで2着(G1)、桜花賞で2着(G1)です。

同じ馬に阪神JFと桜花賞で負けていますが、距離やコース適性が敗因です。

おそらくオークスに出場すればまず上位争いはしていましたし、

1着になっていても不思議のない能力を持っています。

実際、オークスに出走するなら本命で買おうとしていたぐらいです。

ダービーはオークスと同じ距離ですし、

牝馬は牡馬よりも斤量が軽いので、勝機はあると見ています。

牝馬で勝てば2007年のウオッカ以来となります。

※ウオッカの情報はこちらからどうぞ。リンク先はウィキペディアです。

 

 

芝の適性は非常に高く、距離は長距離もこなせる血統です。

日本ダービーの2400メートルはまず問題ない距離でしょう。

脚質は追い込み型で基本は後ろに位置取ります。

馬場状態があまり苦にしませんが、良馬場の方が得意です。

 

サトノレイナス | 競走馬データ - netkeiba.com
サトノレイナスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

桜花賞は不利な大外18番からのスタートでした。

スタートはまずますでしたが、追い込み馬なので、

前にはいかず、後方3~4頭目の位置取りでした。

4コーナーではまだ持ったままでしたが、

直線に入ってから追い出し始めました。

大外からグングンと脚を伸ばし、

最後は勝ち馬にクビ差まで詰め寄り2着でした。

 

桜花賞の特性では、勝ち馬に強い条件だったこともありますが、

不利な大外枠から、クビ差の2着は価値のある内容だったと感じます。

枠順や道中の位置取りによっては、勝てたレースとも言えます。

今回は距離も適性ないですし、斤量も2キロ軽く、馬場も関係なし。

牡馬とも十分戦える条件だと思います。

ちなみに、斤量1キロで1秒違うと言われています。

 

管理している国枝調教師は次のように話しています。

 

国枝調教師のコメント

 

前走は外枠が響いた。この中間は在厩で落ち着いている。

馬体重は、いくらか増えているんじゃないかな。

ゲートを出てからのダッシュがつかないけど、

2400メートルだし、せかさなくてもいい。

2週前は先行させ、オーバーワークにならないように調整。

1週前はルメさんに乗ってもらうけど、自信をもってもらえると思う。

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

余裕のあるローテーションかつ在厩でしたので、

多めの本数で、負荷もしっかりかけて念入りに調整されています。

タイムはまずますですが、このような調整はあまり見られませんが、

質が非常に高いので、かなり期待できる状態ではないでしょうか。

調教師の自信も調教内容の裏付けがあってこそだと思います。

 

ルメール騎手も調教に参加するようですし、

タイムはこのあたりで確認できれば問題ないと思われますが、

引き続き、どのような調教内容になるかは注目していきます。

 

サトノレイナス調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
助手前週美浦南W69.353.640.013.26馬なり
助手2美浦南W73.557.643.013.97馬なり
(内併)助手5美浦南W67.452.439.313.22馬なり
助手8美浦坂路44.514.51馬なり
助手9美浦南W59.643.713.58馬なり
(外併)助手12美浦南W68.052.939.412.74馬なり
助手16美浦南W58.944.214.09馬なり

 

 

中間調教後の様子(5/27追記)

 

中間調教後の様子は

データや情報が出揃い次第、追記します。

→5/27追記しました。

 

サトノレイナス調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
(内併)ルメール19美浦南W64.148.835.012。02馬なり
助手23美浦南W59.944.114.09馬なり

 

走りやすい馬場状態で内めを回った恩恵があったとはいえ、

余裕を十分残して、1000メートル64秒台は非常に良い内容です。

馬体以上に大きく見せるスケール感も際立っていると感じました。

ルメール騎手が乗ってこの状態ですので、本番に向けて万全の仕上がりでしょう。

 

 

スポンサーリンク

日本ダービー(東京優駿)に向けての出来(5/27追記)

 

これまではすべて1600メートルのレースでしたが、

距離は正直短いと感じていました。

この微妙な適性の中で良い実績を出せたことは、

今後に繋がる価値のある内容だと思います。

 

実際、スタートはそれほど悪くありませんが、

先頭までいくようなダッシュはあまり見られません。

距離が短いレースだと道中は忙しくなりますが、

それでも最後で末脚を発揮し、差し切る力を持っています。

直線の長く、広い東京コースは新馬戦で経験していますし、

血統的にも2400メートルは問題ありません。

これまでで一番有利な条件でレースができるのではと感じています。

 

能力も牡馬相手でも見劣りしませんし、

鞍上は乗り替わりもなく、ルメール騎手ですので安心できますので、

本命でもいいと思っているぐらいの位置づけです。

追加情報が出次第、立ち写真も含めて今後追記していきます。

→5/27追記しました。

 

距離適性外でエンジンがかかりにくいので、桜花賞ではよくできた方でした。

最後の直線で脅威の末脚を繰り出し、クビ差まで迫った内容からは、

明らかに東京コースは向いているという印象でした。

馬体は前走より引き締まっており、より筋肉のラインが確認できます。

体系的にも距離延長はプラスですし、2キロ軽い斤量も有利です。

1600メートルでは出し切れなかったスピードを

2400メートルでは存分に発揮できるので、前走とは違う馬に見えそうです。

また、オークスを回避するぐらいですので、

この馬の能力を信じ、勝てると自信を持って臨むことでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(5/27追記)

 

 

まとめ

 

本命か対抗になると思います。

軸にしなくても、紐は絶対入れた方がいい馬です。

個人的には、エフフォーリアよりも条件が良いと思っていますが、

このへんは追加情報が出揃い次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

→5/27追記しました。

 

もう1頭と迷いましたが、本命に近い対抗です。

調教師だけでなく、ルメール騎手からの勝算ありのお墨付きもでています。

孤児的にも突き抜けそうな具体的イメージはありましたが、

枠順関係で次点としました。

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

→5/27追記しました。

 

単勝

馬単軸固定で、本命・連下候補と裏表の組み合わせ

本命との3連単2頭軸マルチで、連下候補と組み合わせ

本命との3連複2頭軸固定で、連下候補と組み合わせ

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました