【追い切り情報】アールドヴィーヴル__2021オークスに向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月23日は、第82回オークス(優駿牝馬)が開催されます。

 

白毛馬のソダシが無敗で牝馬2冠制覇に挑もうとしていますが、

どの出走予定馬も、一生に一度、牝馬限定の晴れ舞台ですので、

しっかりと調整をしていきているようです。

 

この記事では、オークス出走予定のアールドヴィーヴルについて

出走時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークスとは

 

※オークス出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、優駿牝馬と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

イギリスのオークスを範をとり、

1938年に「阪神優駿牝馬」の名称で創設された重賞競走です。

当時は、日本と競馬先進国で、

3歳牝馬の成長度に半年程度の差があると考えられていたため、

秋に実施されていました。

1946年に開催場を東京競馬場に変更したのを機に、

現在の「優駿牝馬」に改称。

1953年には実施時期を諸外国と同四の春に変更し、現在に至ります。

 

オーク(Oak)は、樫を意味する英語です。

英ダービーの創設者である

第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは、

樫の森が茂るオークスと呼ばれる土地を所有していました。

1779年、彼はエリザベス・ハミルトンと結婚した際に、

その記念として競馬を開催することを思い立ち、

その中に夫人の希望を入れ、3歳牝馬のレースを行い、

これをオークスと名付けたと言われています。

 

 

なかなか微笑ましい成り立ちですが、

お金持ちだけができる取り組みですね(笑)

 

でも結婚の記念日みたいな日に、

夫人の希望も入れて、毎年競馬をするのであれば、

忘れにくいので、ケンカすることもなくなりそうです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

アールドヴィーヴルとは

 

2018年2月15日生まれ、3歳の牝馬です。

父はキングカメハメハ、母はイサベルという血統です。

所属は今野調教師(栗東)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は3戦1勝、主戦騎手は松山騎手です。

 

3戦1勝の内容は、

デビュー戦で1着、クイーンCで2着(G3)、

桜花賞で5着(G1)でした。

デビュー戦の後、勝ちはありませんが、

レース内容は上位と互角に戦えるだけの能力は示しています。

 

芝の適性は非常に高く、距離は中距離あたりが限界の血統です。

オークスの2400メートルはギリギリの範囲だと感じます。

脚質は追い込み型、馬場状態が道悪が得意な方です。

 

アールドヴィーヴル | 競走馬データ - netkeiba.com
アールドヴィーヴルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

スタートはとてもよく、外目に出せるいい位置でした。

道中はよく我慢しながら、4コーナーから外にだし、

直線から追い出し始めました。

前に詰まることもなく、伸びていましたが、

先頭集団が止まらず、完全な力負けの形で5着となりました。

 

自身の思う通りのレース運びでしたが、マイルのレースでは、

着順が上のライバルたちがより上位の力を発揮したように見えました。

今回は直線は伸びますので、適性が下がるライバルも多いので、

前走の差は縮まると思っていいでしょう。

 

荒れた馬場で、折り合いがつけば逆転の可能性もありますが、

それでも力関係が完全に入れ替わるということはないと思います。

そのため、現状は穴馬の位置づけになりそうです。

 

管理している今野調教師は次のように話しています。

 

今野調教師のコメント

 

本当に良くなるのは先だが、

これだけやれているのは能力の高さ。

休み明けを使って良くなているし、

歯替わりしてカイ食いも良化した。

現状の力でどれだけやれるかでしょう。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

余裕のあるローテーションでしたが、調教本数は少なめです。

引き続き、力強い脚取りで良好な動きをしています。

タイムも自己ベストを更新する内容で、集中した走りができています。

それでもライバルたちとの出来と比べると

若干物足りない気持ちはしますので当日の展開次第ですが、

ここからどういった調教内容になるかは注目です。

 

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
アールドヴィーブル栗東坂路56.439.912.41G前仕掛け
助手7栗東坂路55.340.113.31馬なり

 

 

中間調教後の様子

 

中間調教後の様子です。

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
アールドヴィーブル助手12栗東坂路51.437.312.81馬なり
助手16栗東坂路59.342.513.51馬なり

 

前週に続いて、良好な動きをしています。

力強さはそれほど感じず、少し心細い感じには見えました。

前走の桜花賞の方が力強さは感じましたし、

クイーンC時は本当に期待できそうな内容でした。

それでも馬体の調子はよさそうですので、

状態は上向き、当週で変化が見られればというところです。

 

 

スポンサーリンク

オークスに向けての出来

 

調教内容に少々不安は残ります。

状態は上向いてきていると感じていますが、

前回のピークはクイーンCだと思います。

おそらくクイーンC後から、状態が下がりはじめ、

桜花賞はなんとか間に合わせた感じに見えました。

肝心のオークスは、ピークではなく、まだ上り途中で、

軸にするのであれば、次走あたりが狙い目でしょう。

 

さらに、心配な点もあります。

立ち写真は腰回りが前回と比べても、明らかに細く映っています。

この点からも出来に関しては、及第点だと思います。

 

血統的に距離も東京コースも合っていると思いますが、

折り合いがついて、やっと掲示板に載る立ち位置でしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目

 

 

まとめ

 

調教内容だけでなく、馬体にも不安が残り、そして枠順は外。

血統も良く、コースや距離の適性はあるとはいえ、前走は力負けしているので、

そこを補い、対等に戦える材料がないとさすがに買えません。

輸送があるのでなんとも言えませんが、

もし当日馬体重がマイナスなら、不安はさらに大きいと思います。

 

ただ、プラスで出走でき、パドックで腰回りが太く見えるようなら、

状態面もかなり良いでしょうから、穴馬で抑えてもいいと感じます。

 

 

オススメの買い目

 

私は現時点では買い目には加えません。

不安材料が多すぎるので、ここを加えるなら違うところで抑えたいです。

それでも、上記の内容でパドックでよく映った場合は、

穴馬での抑えになると思います。

 

 

オススメの買い目は、

複勝

三連系の3軸目候補

買わない

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました