【追い切り情報】クールキャット__2021オークスに向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月23日は、第82回オークス(優駿牝馬)が開催されます。

 

白毛馬のソダシが無敗で牝馬2冠制覇に挑もうとしていますが、

どの出走予定馬も、一生に一度、牝馬限定の晴れ舞台ですので、

しっかりと調整をしていきているようです。

 

この記事では、オークス出走予定のクールキャットについて

出走時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークスとは

 

※オークス出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、優駿牝馬と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

イギリスのオークスを範をとり、

1938年に「阪神優駿牝馬」の名称で創設された重賞競走です。

当時は、日本と競馬先進国で、

3歳牝馬の成長度に半年程度の差があると考えられていたため、

秋に実施されていました。

1946年に開催場を東京競馬場に変更したのを機に、

現在の「優駿牝馬」に改称。

1953年には実施時期を諸外国と同四の春に変更し、現在に至ります。

 

オーク(Oak)は、樫を意味する英語です。

英ダービーの創設者である

第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは、

樫の森が茂るオークスと呼ばれる土地を所有していました。

1779年、彼はエリザベス・ハミルトンと結婚した際に、

その記念として競馬を開催することを思い立ち、

その中に夫人の希望を入れ、3歳牝馬のレースを行い、

これをオークスと名付けたと言われています。

 

 

なかなか微笑ましい成り立ちですが、

お金持ちだけができる取り組みですね(笑)

 

でも結婚の記念日みたいな日に、

夫人の希望も入れて、毎年競馬をするのであれば、

忘れにくいので、ケンカすることもなくなりそうです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

クールキャットとは

 

2018年2月21日生まれ、3歳の牝馬です。

父はスクリーンヒーロー、母はメジロトンキニーズという血統です。

所属は奥村調教師(美浦)、生産者はレイクヴィラファームです。

通算成績は5戦2勝、今回は武豊騎手に乗り替わりです。

 

5戦2勝の内容は、

新馬戦で1着、フローラSで1着(G2)です。

新馬戦のあとはアルテミスS、フェアリーS、

フラワーSの重賞戦線でしたが、乗り替わりや距離適性が

向かない影響もあり、結果を出せていませんでした。

 

芝の適性は非常に高く、距離は中距離までこなせる血統です。

オークスの2400メートルはギリギリか少々長いとも感じます。

脚質は逃げ~先行、馬場状態はあまり影響はないと思います。

 

クールキャット | 競走馬データ - netkeiba.com
クールキャットの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

スタートは良く、そのまま外目の前につけました。

ペースは平均ペースで、3コーナーあたりから徐々に前に行き、

4コーナー手前では先頭集団に追いつきました。

その後も手ごたえ良く進み、坂を上がったところから

追い出しはじめ、ムチが入る度に加速して1着という状況でした。

 

最後まで伸びていましたが、2000メートルだと、

他の馬に差を詰められてしまう場面も見られました。

オークスは前走よりも400メートル延びるので、

よりスタミナが問われるレースですし、距離延長の影響は、

クールキャットにとってはプラス材料になりそうです。

 

スタミナを活かせるような道悪や、ハイペースで上りが

かかるような展開なら期待はできそうです。

 

管理している奥村調教師は次のように話しています。

 

奥村調教師のコメント


7日にノーザンファーム天栄で状態を確認し、

使ったあとも疲れはないようなのでオークスへ

向かうことになりました。さらに引き締まって、

いい状態だと思います。

12日に帰厩する予定です。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

前走は4月25日で馬体の疲れも考慮して、

本数は抑えていますが、先週に引き続き調子は良いようです。

タイムも良く、負荷もかかっていたのでキープできています。

 

今後の本数はそれほど増えないと思いますが

ここからさらに上向いてくるようなら、当日は楽しみだと思います。

 

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
クールキャット美浦南W68.453.239.813.53馬なり

 

 

中間調教後の様子

 

中間調教後の様子です。

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
クールキャット14美浦南W67.953.038.512.36馬なり

 

本数は1本でしたが、先週と遜色のない内容で、

直線はスムーズに加速して、先行する僚馬に余裕の先着でした。

しっかり動いていましたし、前走からの上積みも感じ取れます。

本番に向けて、前走以上のパフォーマンスになってきました。

 

 

スポンサーリンク

オークスに向けての出来

 

放牧から戻ってきた時点で、筋肉のラインが浮き上がり、

見ているほうが緊張するぐらいの上積みが感じられました。

2400メートルはピッタリの距離だと思いますし、

状態も引き続き良いので、道悪や上りがかかる展開なら

より一層期待はできそうです。

 

また、立ち写真からは前後のバランスが良く、

500キロを超える大型馬とは思えないようなシルエットです。

この体系からも距離延長は歓迎だと言えます。

馬体や毛ヅヤなども非常に良い仕上がりです。

 

現状では特に心配な点は思い当たりませんので、

本命に推せる1頭だと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目

 

 

まとめ

 

プラス材料も多く、マイナス材料も少ないので、

対抗馬の状況にはよりますが、本命馬候補でいいと思います。

 

若干展開に左右される感じはありますが、

天気や馬場の状態は当日までにある程度判断はできるので、

その内容を確認してからでも遅くはないと思います。

 

逃げ宣言をしているライバルがいてハイペースや

雨が降って道悪であれば、より勝機があると思います。

 

 

オススメの買い目

 

現在の予想では、本命です。

マイナス材料が少ないだけでなく、ライバルはマイナス面が

割と大きかったりするので、相対的に有利と言えると思います。

加えて、枠順も申し分ない位置に入りましたし、展開も向きそうです。

 

オススメの買い目は、

単勝・複勝

馬連・馬単の軸

 

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました