【追い切り情報】ユーバーレーベン__2021オークスに向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月23日は、第82回オークス(優駿牝馬)が開催されます。

 

白毛馬のソダシが無敗で牝馬2冠制覇に挑もうとしていますが、

どの出走予定馬も、一生に一度、牝馬限定の晴れ舞台ですので、

しっかりと調整をしていきているようです。

 

この記事では、オークス出走予定のユーバーレーベンについて

出走時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークスとは

 

※オークス出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、優駿牝馬と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

イギリスのオークスを範をとり、

1938年に「阪神優駿牝馬」の名称で創設された重賞競走です。

当時は、日本と競馬先進国で、

3歳牝馬の成長度に半年程度の差があると考えられていたため、

秋に実施されていました。

1946年に開催場を東京競馬場に変更したのを機に、

現在の「優駿牝馬」に改称。

1953年には実施時期を諸外国と同四の春に変更し、現在に至ります。

 

オーク(Oak)は、樫を意味する英語です。

英ダービーの創設者である

第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは、

樫の森が茂るオークスと呼ばれる土地を所有していました。

1779年、彼はエリザベス・ハミルトンと結婚した際に、

その記念として競馬を開催することを思い立ち、

その中に夫人の希望を入れ、3歳牝馬のレースを行い、

これをオークスと名付けたと言われています。

 

 

なかなか微笑ましい成り立ちですが、

お金持ちだけができる取り組みですね(笑)

 

でも結婚の記念日みたいな日に、

夫人の希望も入れて、毎年競馬をするのであれば、

忘れにくいので、ケンカすることもなくなりそうです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

ユーバーレーベンとは

 

2018年1月27日生まれ、3歳の牝馬です。

父はゴールドシップ、母はマイネテレジアという血統です。

所属は手塚調教師(美浦)、生産者はビッグレッドファームです。

通算成績は6戦1勝、主戦騎手はデムーロ騎手です。

 

6戦1勝の内容は、

新馬戦で1着後、展開やメンバーに恵まれず、勝ちから遠ざかっています。

それでも、G1の阪神ジュベナイルFで3着、G3のフラワーCで3着、

G2のフローラSで3着になるなど、好成績を収めています。

 

芝の適性は高く、距離は長くなるほど良い血統です。

個人的に、オークスの2400メートルはチャンスと思っています。

脚質は追い込みですが、馬場状態が悪くても力を発揮できるタイプです。

 

ユーバーレーベン | 競走馬データ - netkeiba.com
ユーバーレーベンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

前走はスタートもよく、中団前目の位置取りでした。

平均ペースで流れたレースは、

馬なりのまま最後の直線を駆け上がり、

坂を上がったところから追い出すとグイグイ加速しました。

しかし結果は1着とは1馬身差の3着でした。(2着とはハナ差)

 

最後までしっかり伸びていましたし、道中は外目を通りましたが、

スタミナもまだありそう走りでした。

今回は前回と同じ東京コースで距離も伸びますから、

有利にレースを進められると感じています。

 

瞬発力というよりは長く良い脚を使える馬なので、

今回は非常に期待ができるのはないでしょうか。

 

管理している手塚調教師は次のように話しています。

 

手塚調教師のコメント

 

前走は開幕週の馬場で外に持ち出すまで時間がかかったし、

位置取りの差もあったと思う。この中間は馬体重の回復に専念。

以前に比べれば、ゲートの出が良くなっているし、

距離が伸びるのは歓迎材料。

2400メートルなら…の気持ちはあります。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

前走からそれほど日が経っていないので

本数は抑えていますが、調子が良い状態のようです。

先週も優秀なタイムでしたが、ここからさらに上向くのか注目です。

 

ゴールドシップ産駒ということもあり、

距離は問題ないでしょうし、前走からもその可能性は見えました。

調教師のコメントにもある通り、

2400メートルでなら、勝ち負けの位置にある馬だと思っています。

 

 

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
ユーバーレーベン美浦坂路52.638.512.61馬なり
助手9美浦坂路59.243.613.51馬なり

 

 

中間調教後の様子(5/19追記)

 

データや情報が出揃い次第、追記します。

※5月19日追記しました。

 

中間調教後の様子です。

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
ユーバーレーベン津村12美浦南W68.654.039.812.87直線追う
助手16美浦坂路58.642.513.51馬なり

 

12日は併走でしっかり負荷をかけて調教しましたが、

併せた相手も動くので、Wコースではあまり動かないタイプです。

しかし、首を使って俊敏に走れており、前走の反動はなく順調に見えました。

 

 

スポンサーリンク

オークスに向けての出来(5/19追記)

 

2000メートルでもまだ余裕を残した走りに見え、

中間調教の様子も良く見えますので、状態は良いと思われます。

鞍上も引き続き、デムーロ騎手になりますし、

輸送の心配もなく、馬体重も戻ると思われますので安心できます。

 

ただ、心配な点としては疲れです。

前走から中4週になりますので、少々の疲れがあるかもしれません。

桜花賞組と比較するとこの点は割引材料になると思います。

 

今後の調教で良い状態が続いたり、疲れがそれほどなかったりすれば、

本命か対抗に推せる1頭だと思います。

立ち写真も含めて、今後追記していきます。

※5月19日追記しました。

 

先週の調教を見る限り、前走の疲れはないと思われます。

前走は開幕週ということもあり、位置取りの差が結果に表れました。

スタートも良くなっているので、展開が向けば勝ち切る可能性はあります。

 

これまでは馬体重が減り続けていましたが、

今回の立ち写真は肋骨がうっすらと浮き出ており、お腹周りは引き締まっています。

さらに、後肢(トモ)のハリも目立っていますので、状態は良いと思います。

今回、馬体重増加で出られるようなら、さらにプラスの材料となるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(5/19追記)

 

 

まとめ

 

今でも軸または紐で買った方がいい1頭です。

割引材料もありますが、出走メンバーの中では、距離適性は上位です。

2400メートルは未経験ですが、血統的に問題はないでしょう、

 

個人的には、今回の方が条件は良いとみています。

情報が出揃い次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

調教では本番を意識した内容でした。

今回は前走以上にライバルたちよりも有利な点が多いですが、

上積みがあるようには感じないので、ライバルの評価を下げた結果、

ユーバーレーベンの評価が相対的にあがるという感じです。

 

それでも血統的に距離延長やタフな展開は歓迎材料になります。

前目の位置取りで、持続力のある脚を活かれば十分勝機があると思います。

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

現在の予想では、対抗~連下の位置付けです。

展開次第という状況で、本命に推すのは難しいという理由です。

決め手に欠けるという内容もありますが、

実力上位、歓迎材料も多いことから安定した走りにはなると思います。

 

オススメの買い目は、

単勝・複勝

馬連・馬単の相手

三連系の2~3軸目候補

 

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました