【追い切り情報】ソダシ__2021オークスに向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月23日は、第82回オークス(優駿牝馬)が開催されます。

 

白毛馬のソダシが無敗で牝馬2冠制覇に挑もうとしていますが、

どの出走予定馬も、一生に一度、牝馬限定の晴れ舞台ですので、

しっかりと調整をしていきているようです。

 

この記事では、オークス出走予定のソダシについて

出走時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークスとは

 

※オークス出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、優駿牝馬と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

イギリスのオークスを範をとり、

1938年に「阪神優駿牝馬」の名称で創設された重賞競走です。

当時は、日本と競馬先進国で、

3歳牝馬の成長度に半年程度の差があると考えられていたため、

秋に実施されていました。

1946年に開催場を東京競馬場に変更したのを機に、

現在の「優駿牝馬」に改称。

1953年には実施時期を諸外国と同四の春に変更し、現在に至ります。

 

オーク(Oak)は、樫を意味する英語です。

英ダービーの創設者である

第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは、

樫の森が茂るオークスと呼ばれる土地を所有していました。

1779年、彼はエリザベス・ハミルトンと結婚した際に、

その記念として競馬を開催することを思い立ち、

その中に夫人の希望を入れ、3歳牝馬のレースを行い、

これをオークスと名付けたと言われています。

 

 

なかなか微笑ましい成り立ちですが、

お金持ちだけができる取り組みですね(笑)

 

でも結婚の記念日みたいな日に、

夫人の希望も入れて、毎年競馬をするのであれば、

忘れにくいので、ケンカすることもなくなりそうです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

ソダシとは

 

2018年3月8日生まれ、3歳の牝馬です。

父はクロフネ、母はブチコという血統です。

所属は須貝調教師(栗東)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は5戦5勝、主戦騎手は吉田隼人騎手です。

 

5戦5勝の内容は、

新馬戦から、札幌2歳S(G3)、アルテミスS(G3)、

阪神ジュベナイルF(G1)、桜花賞(G1)まですべて1着です。

なお、桜花賞ではレコードタイムを更新する活躍ぶりでした。

 

芝の適性は申し分ないですが、距離は長くなるほど不安が大きいので、

オークスの2400メートルは正直、どうかなというところです。

脚質は先行逃げ切りが多く、馬場状態も気にしないタイプです。

 

ソダシ | 競走馬データ - netkeiba.com
ソダシの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

前走の桜花賞は、レコードタイムの結果でしたが、

2着馬とは最後の直線でクビ差まで詰め寄られました。

速い流れで道中が進んだので、有利な展開になったと思います。

 

もともと瞬発力もある方ですが、どちらかというと、

スピードを持続していくような展開の方が向いています。

今回も前目で競馬をしていくと思われますが、

馬場が渋ればチャンスも大きくなると思います。

逆に良馬場での競馬になれば、直線の長いコースですので、

差し馬や追い込み馬の方が有利になるでしょう。

 

管理している須貝調教師は次のように話しています。

 

須貝調教師のコメント

 

前走後も順調。

リフレッシュさせながら負荷をかけて雰囲気もいいと思う。

予定したメニュー通りに乗れているし、ついてきている馬がすごい。

しっかりと調整していきたいね。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

オークスに向けて坂路コースで多めの本数を消化しています。

タイムも優秀ですし、調子は維持または良化と思っていいでしょう。

6日の調教では吉田隼騎手がまたがり、素晴らしいタイムでした。

距離の不安さえ克服できれば、優勝候補と言える状態だと思います。

 

前回のレースで短距離の高い適性と身体能力は感じられたので、

できれば、長い距離の調教も今後は期待したいです。

とはいえ、坂路でスタミナも強化できているので、

オークスに向けて、万全の準備をしているという印象でした。

 

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
ソダシ栗東坂路54.539.112.51馬なり
助手28栗東坂路44.414.11馬なり
助手29栗東坂路53.537.912.31馬なり
助手5栗東坂路44.314.31馬なり
吉田隼6栗東坂路53.438.011.91馬なり

 

 

中間調教後の様子(5/19追記)

 

データや情報が出揃い次第、追記します。

※5月19日追記しました。

 

中間調教後の様子です。

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
ソダシ吉田隼12栗東C69.553.138.611.77馬なり

 

1週前は素晴らしい調教でした。

6日もそうでしたが、12日も吉田隼人騎手がまたがりました。

長めの1本でしたので、長距離がこなせるかという判断は難しいですが、

タイムや内容は先週に引き続き良かったと思います。

 

 

スポンサーリンク

オークスに向けての出来(5/19追記)

 

函館や札幌、東京でもレースをしており、このキャリアにしては、

遠征の経験も多いので、東京への輸送は問題ないでしょう。

輸送で多少馬体重が減ることは、わかったうえで仕上げると思います。

しかしながら、2400メートルの距離は未経験ですし、

先行逃げ切りが難しいコースでもありますので、

このあたりをどう攻略してくるかで、結果は大きく変わりそうです。

 

当日の天気や、今後の調教で距離延長にも対応できそうな

状況が見られれば、本命か太閤で期待ができる1頭だと思います。

立ち写真も含めて、今後追記していきます。

※5月19日追記しました。

 

桜花賞から余裕のあるローテーションで、精神的にもゆとり十分。

在厩のまま調整を行っていましたが、立ち写真からは

馬体は一段と完成形に近づき、順調に仕上がっている印象です。

終い重点の調教で、タイム自体もいうことはありませんが、

やはり2400メートルの距離さえがこなせるかどうかでしょう。

 

折り合いさえつけば2400メートルをこなせる体力はありそうですが、

調教師や騎手も私と同じような期待と不安は持っているようです。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(5/19追記)

 

 

まとめ

 

現所でも軸または紐で買った方がいい1頭です。

有利な条件が整っている訳ではないのですが、

それでも出走メンバーの中では、自力上位は間違いありません。

ほぼ全頭が未経験な距離ですので、チャンスはあると思いますが、

当日は天気と騎手の腕がかなり影響してきそうです。

 

個人的には、前走の方が条件も良かったと思っていますが、

こちらも情報が出揃い次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

実績、調教だけ見ればソダシが本命で問題ないと思います。

桜花賞から間を置かずに乗り込みをしたにも関わらず、

優秀なタイムを連発するほどの回復力も素晴らしいです。

 

しかし、不安材料は距離適性と血統。

競馬はブラッドスポーツとも言われるので、この辺りは注意したいですね。

血統背景からすると、決して良いとは言えません。

 

3歳春という時点なので、能力でカバーしてしまう場合もありますが、

ソダシは父の血統である、クロフネの影響が強くでています。

また、母はダートでパワー系の血統です。

クロフネ産駒実績が(0,0,3,24)という状況ですので、

このあたりを考えると、無条件で本命にはできないでしょう。

 

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

現在の予想では、対抗~連下の位置付けです。

2年連続無敗の3冠馬を期待する気持ちもありますが、

やはり距離適性でつまづく可能性が高いと思います。

それでも自力上位の力はありますので、相応の対応はできそうですが、

本命に推せるほど不安は小さくないことが理由です。

 

オススメの買い目は、

馬連・馬単の相手

三連系の2~3軸目候補

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました