【追い切り情報】アカイトリノムスメ__2021オークスに向けた調教の様子は?

G1
スポンサーリンク

画像はJRA様、ネット競馬様HPより引用させていただきました。

 

 

5月23日は、第82回オークス(優駿牝馬)が開催されます。

 

白毛馬のソダシが無敗で牝馬2冠制覇に挑もうとしていますが、

どの出走予定馬も、一生に一度、牝馬限定の晴れ舞台ですので、

しっかりと調整をしていきているようです。

 

この記事では、オークス出走予定のアカイトリノムスメについて

出走時に買える!という情報をご紹介していきます。

勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークスとは

 

※オークス出走馬全頭で、同じ内容を紹介しています。

すでに別記事でご覧になった方は次の項目へどうぞ!

 

日本名は、優駿牝馬と言われます。

レースのグレードはG1という国内で最も位の高いレースとなります。

 

イギリスのオークスを範をとり、

1938年に「阪神優駿牝馬」の名称で創設された重賞競走です。

当時は、日本と競馬先進国で、

3歳牝馬の成長度に半年程度の差があると考えられていたため、

秋に実施されていました。

1946年に開催場を東京競馬場に変更したのを機に、

現在の「優駿牝馬」に改称。

1953年には実施時期を諸外国と同四の春に変更し、現在に至ります。

 

オーク(Oak)は、樫を意味する英語です。

英ダービーの創設者である

第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは、

樫の森が茂るオークスと呼ばれる土地を所有していました。

1779年、彼はエリザベス・ハミルトンと結婚した際に、

その記念として競馬を開催することを思い立ち、

その中に夫人の希望を入れ、3歳牝馬のレースを行い、

これをオークスと名付けたと言われています。

 

 

なかなか微笑ましい成り立ちですが、

お金持ちだけができる取り組みですね(笑)

 

でも結婚の記念日みたいな日に、

夫人の希望も入れて、毎年競馬をするのであれば、

忘れにくいので、ケンカすることもなくなりそうです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

アカイトリノムスメとは

 

2018年4月16日生まれ、3歳の牝馬です。

父はディープインパクト、母はアパパネという血統です。

所属は国枝調教師(美浦)、生産者はノーザンファームです。

通算成績は5戦3勝、主戦騎手は戸崎騎手です。

 

5戦3勝の内容は、

新馬戦は7着と大きく出遅れましたが、次走の未勝利戦から、

赤松賞、クイーンC(G3)まで3連勝しました。

牝馬のG1クラシックの桜花賞では、4着という成績でした。

 

芝の適性が高く、距離は少々長くても対応できそうですので、

オークスの2400メートルには対応できると思います。

脚質は追い込み傾向、馬場はそれほど気にしないタイプです。

 

アカイトリノムスメ | 競走馬データ - netkeiba.com
アカイトリノムスメの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

前走コメントと調教の様子

 

 

前走コメント

 

前走の桜花賞は、関西への輸送の影響もあり馬体重が減りました。

また、1600メートルを経験しているとはいえ、

速い流れの中、最後は瞬発力勝負ということもありましたので、

勝ち馬の時計はレコードタイム。

瞬発力勝負というよりは、持続力のあるスピードタイプの

アカイトリノムスメにとっては、分が悪いレースとなりました。

 

管理している国枝調教師も次のように話しています。

 

国枝調教師のコメント

前回は輸送で体が減ったけど、在厩で調整して今は450キロくらい。

2週前もやれて順調だよ。

前走は勝ち馬の方がマイル適性が高かったという印象。

距離が伸びていいと思う。東京では走っているし、

輸送を考えても東京のほうがいいと思う。

 

 

 

中間調教の様子

 

次は中間調教の様子です。

オークスに向けてウッドコースで意欲的に本数を消化しています。

タイムはそれほど見栄えする訳ではありませんが、

いい状態で安定はしているようには感じます。

最終追い切りまでに、さらに上向くようならチャンスはあると思います。

 

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
アカイトリノムスメ美浦南W67.552.338.313.24馬なり
助手2美浦南W74.558.343.015.04馬なり
助手5美浦南W68.053.240.313.63馬なり
助手9美浦南W59.144.213.66馬なり

 

 

中間調教後の様子(5/19追記)

 

データや情報が出揃い次第、追記します。

※5月19日追記しました。

 

中間調教後の様子です。

調教者調教日場所コース馬場調教タイム位置追い方
12001000800600200
アカイトリノムスメルメール12美浦南W66.751.938.812.83馬なり
助手16美浦南W58.644.214.18馬なり

 

1週前は軽い走りでいい動きでした。

カイバをよく食べており、体調面は問題ないと言えると思います。

 

また、12日はルメール騎手とコンタクトを取りました。

リラックスしたフォームで柔軟性もキープ高いレベルで状態は安定しています。

調子やタイム自体も高いレベルで安定しているとは言えますが、

正直なところ、あと一押しないと本命にまでは推せないという印象です。

 

 

スポンサーリンク

オークスに向けての出来(5/19追記)

 

厩舎が関東の美浦で東京開催ということもあり、

輸送で馬体重が減るような心配はほとんどなくなります。

さらに、距離は長くなった方がいいでしょうし、

東京コースでは3連勝しているので、状況は有利だと思います。

 

あとは、今後の調教でさらに上積みが見込めるような、

状況が見られれば、十分期待ができる1頭ではないでしょうか。

立ち写真も含めて、今後追記していきます。

※5月19日追記しました。

 

立ち写真からは皮膚を薄く見せるような筋肉がついています。

馬体のバランスも良く、ハリも良く、桜花賞よりは良い状態に見えます。

全体の格好や走り方を見ても、距離が延びる今回はプラスです。

しかも相性のいい東京ですので、マイルの適性の差が出た前回以上の結果になりそうです。

 

 

スポンサーリンク

まとめとオススメの買い目(5/19追記)

 

 

まとめ

 

現在の情報だけでも買える1頭だと思います。

前走は勝ち馬が非常に強い内容で勝ちましたが、

前回よりも距離が800メートル延びますので、

スピードだけでなく、スタミナも問われてくるレースです。

 

個人的には、前走よりも今回の方が期待できると思っていますが、

こちらも情報が出揃い次第、追記していきます。

買い目ももう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

前走と比べるとプラスになる材料は多いと思います。

ルメール騎手への乗り替わり、血統、馬体から見る距離適性など、

様々な材料がありますが、調教からはもう一歩決め手に欠ける、

という印象で落ち着きそうです。

 

 

オススメの買い目

 

買い目は最終的な結論ともいえるので、

情報が出揃い、分析してから追記させていただきます。

もう少しお待ちください。

※5月19日追記しました。

 

現状は、対抗位置です。

パドックで発汗したり、ちゃかついたりすれば評価は連下かなと。

軸にするのは不安が残るので、軸の相手候補でいいと思います。

 

オススメの買い目は、次の通りです。

複勝1点

馬連・馬単の相手

三連系の2軸目候補

 

皆さまの予想や勝ち馬投票券購入の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました