【追いきり情報】2021NHKマイルカップ出走予定の有力馬情報!

G1
スポンサーリンク

アイキャッチ画像はJRA様HPより引用させていただきました。

 

 

今回で26回目となるNHKマイルカップ。

 

今年は18頭の枠に、25頭が事前登録をしており、

実績を残している馬もいれば、ここから活躍していく馬もいると思います。

 

この記事では、各有力馬の2週間前の調教情報をお伝えします。

応援する競走馬の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入を願いいたします。

こちらの情報は週刊ギャロップ様からの引用を含みます。

https://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/2

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKマイルカップとは

 

1995年に創設された重賞競走。

 

95年までダービートライアルとして実施されていた、

「NHK杯」を前身となっています。

 

世界s的に競馬のスピード化が進み、短い距離の成績もよりも

重要視されるようになってきたことや、当時のクラシック競走に出走できなかった

外国産馬の目標となる競走を創ることを目標として創設された背景があります。

 

それに伴い、同年には3歳馬競走における短距離の競走体系も整備されました。

※NHKは東京都渋谷区に本部を置く公共放送局。日本放送協会の略称。

 

 

スポンサーリンク

アナザーリリック

 

前走後は疲れがでたので、ノーザンファーム天栄さんに放牧しました。

順調に調整が進んだとのことで、22日帰厩しました。

ある程度、間隔をあけても結果を出してきた馬ですからね。

東京は始めてだけど、新潟の新馬戦で強い競馬を見せてくれましたし、

何ら心配はしていません。

 

前走は重馬場だったため、疲れが残ったのだと思います。

1か月半近くの放牧していることを考えると、疲れは取れていると思いますが、

調教のタイムなどから判断したいところですね。

 

 

スポンサーリンク

グレナディアガーズ

 

前走はG1馬としてマークされる存在となったぶん、

他馬からのプレッシャーもきつくなり、

そこへの反応が力みにつながってしまったこともあると思います。

その経験を本番へつなげていけるように、

あと2週間でしっかり仕上げていきたいですね。

 

朝日杯でG1馬になった反動は思った以上に大きかったようですね。

他からマークされることで、敏感な馬はいつも通りの力を発揮しにくくなります。

今回は、2度目の経験ということを考えると、

ある程度の慣れと対策はできると思いますが、調教はこれからという感じです。

 

 

スポンサーリンク

ゴールドチャリス

 

前走は1600メートルが初めてだったからね。

結果は6着だったけど、牡馬に交じって牝馬では再先着していた。

レース後も順調に調整しています。

 

G1は混合レースも多くなってくるので、今回のコメントからは、

牡馬が混じっていなければ通用するともいえるのではないでしょうか。

そのため、今回のNHKマイルでは少々厳しいレースになると思います。

将来的に牝馬限定のG1ならチャンスはありかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

シティレインボー

 

前走は最後まで頑張ってくれた。

もう少し芝の状態が良かったら際どかったと思う

東京は初めてだが、中京で左回りをこなしているから大丈夫だろう。

 

前回は11番人気ながら前で粘って3着でした。

良馬場といっても開催5日目だったため、内側は荒れていたと思います。

その中でも粘って3着に入れたということは、

当日の馬場状態が良く、展開もむけば怖い存在となりえそうです。

 

 

シュネルマイスター

 

前走は勝ち馬との差を詰め切れなかったけど、

2000メートルでも力のあるところを見せてくれた。

距離適性を考慮して皐月賞を見送り、ここを目標に調整。

ちょっと太い感じもあった前回より、シャープな体つきになっている。

調教駆けをするタイプだけど、21日の追い切りはウインマリリンを相手に

余裕のある動きをしていた。

この距離がベストだと思うし、いい競馬を期待しています。

 

前走2着ということから、2000メートルでも適性はあると思います。

しかし、より高い適性で走らせるために、同じG1の皐月賞を見送り、

ここに合わせてきた調教は、陣営の自信度が伺えます。

重賞2勝、オークス2着のウインマリリン相手にも余裕ということですから、

馬場が問題なければ、今回の本命といってもいい存在だと思います。

 

 

ショックアクション

 

2週前の追い切りで坂路しっかりとやった。

動きはよかったし、新潟で勝ったときのような走りができれば。

 

前走前に3ヵ月の休みを挟んでいるので、前走後は厩舎で調整だったと思います。

その動きを今回を比べてると遜色ないということでしょうか。

坂路中心の調教でしたが、陣営のコメント内容は少し弱気に感じます。

 

 

ソングライン

 

前走後も厩舎の方で反動がないことを確認し、

ノーザンファーム天栄へ放牧にだしました。

順調に立ち上げていただけけたことで、ここへ臨むことへなりました。

1週前に帰厩する予定です。

東京の1600メートルでは未勝利戦で強い勝ち方をしていますし、

部隊が変わって改めての気持ちですね。

 

前走の桜花賞は結果を残せませんでしたが、

デビュー後3戦の結果は1着2回、2着1回と申し分ありません。

メイケイエールと馬体がぶつかり、展開が向かなかったことを考えると、

前走は度外視してもいいと思います。今回は面白い存在になりそうです。

 

 

タイムトゥヘブン

 

前走後も特にダメージがなく、いつもと変わりない。

その前走は外々を回る形になり、ジョッキーも「外枠がもったいなかった」と。

それでもマイルで高い適性を見せてくれたと思います。

現状は折り合い麺を考えると1600メートルの方が競馬もしやすいね。

 

前走のNZTはバスラットレオンが強すぎました。

前走後はダメージがないということですが、1ヵ月のレース期間で3戦目なので、

見えない疲れがどこかにあるかもしれません。

調教内容で判断したところですが、東京は新馬戦で走っていますし、

追い込んでくる傾向はプラスに働くと思います。

 

 

バスラットレオン

 

前走は馬が良化していたし、枠も良かった。

いい競馬をしてくれるとは思っていたけど、想像以上に強かったですね

 

前走のNZTは5馬身差の圧勝でした。

前々走の内容・結果からすると、陣営の驚きもわかります。

スタートが良く、いきっぷりもいいので今回のペースメーカーになりそうですが、

そのまま押し切ってしまう可能性も十分にあると思います。

馬が成長過程にあるので、溜めを覚えれば、前からも後ろからもこなせそうです。

 

 

ピクシーナイト

 

中2週になるけど、このレースが春の目標だからね。

使った分の上積みが見込めるかもしれません。

 

春の目標とはいえ、短い間隔で使ってきていることと、

前走が重馬場だったことを考えると、疲れが残っていてもおかしくないと思います。

疲れを残さないために、軽い調教になってくるかもしれませんが、

強めの調教でタイムがでるようなら、穴をあける可能性はあると思います。

 

 

ホウオウアマゾン

 

前走のアーリントンカップはいうことない内容でした。

レース後も特に問題はないし、もっと強くなると思います。

 

朝日杯は3コーナーぐらいで手ごたえが怪しくなったということでしたが、

アーリントンCでは、その内容を払拭するには十分な内容でした。

休養後2戦目となり、前走後の状況も問題ないということですから、

前回叩いてさらに良くなる可能性もありそうです。

陣営のコメントの少なさからも、問題なさを感じます。

 

 

ランドオブリバティ

 

ポジションはよかった。

1~2コーナーで結構コントロールが効かなくなった。

向こう正面では落ち着いてくれていたし、

4コーナーでも外に壁が作れていい形だが、

前半で消耗していたのが痛かった。

 

前走後、放牧に出てリフレッシュしていました。

前走は折り合いがつかず、コントロールがきかなかったようですが、

陣営としては、1回使って良化することも狙っていたようです。

今回は石橋修騎手とのコンビになるようですが、どうでしょうか。

どちらにしても1着か着外かという存在かと思います。

 

 

リッケンバッカー

 

前走はいい競馬をしてくれた。

もともと能力は感じていたし、さらに力もつけている。

どこからでも競馬ができるのは強み。

本当に具合がいいし、ここでも十分通用するはず。

 

12月から3ヵ月放牧したあと、

3月中旬から、中2週、中3週、中2週という短い間隔で使われています。

そろそろ疲れが出てきてもいいかと思いますが、

陣営のコメントや結果が伴っていることから、叩いて良くなるタイプと感じますが、

やはり疲れは残っていると見た方がいいと思います。

 

 

ルークズネスト

 

前走は逃げる形になったけれど、よく勝ち切ってくれた。

その後はリフレッシュ放牧にだし、いい雰囲気で帰厩。

馬体の緩さも解消してきているし、折り合い面に成長を感じる。

ここでも楽しみたい。

 

未勝利戦を勝ったあと、重賞に的を絞って使われてきています。

戦ってきた相手も強豪で、前走1着、前々走2着と結果を出していることから、

元々力はあるうえに、成長過程の真っ只中だと思いますので、

今回も十分に期待できる結果は残せそうです。

G1馬にマークが集まると思うので、自分の競馬に持っていければ勝機は十分です。

 

 

まとめ

 

この記事では、第26回NHKマイル出走予定の有力馬調教情報をお伝えしました。

 

出走馬情報:NHKマイルカップ 今週の注目レース JRA

 

まだ出馬表は決定していませんが、木曜に決定しますので、

上記でご紹介した競走馬が出走する際は、是非参考にしてみてください!

 

当日はどんなレースになるか非常に楽しみですね!

私も今からワクワクしています!

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入を願いいたします。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました